二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎の“配球”
本格焼酎専門の一夢庵ならではの、

本領と言いますか、

お客様に伝わってほしいな~~って思う事って

なんなんだろうって たまに、自問自答します。


お客様のリクエストや 反応を 参考に、

お出しする料理と お出しする本格焼酎を

組み立てていきます、

銘柄も 100種以上あれば、

お客様に本格焼酎を愉しんでいただけるだけの”引き出し”は

十分 足りてます。

(まだこれからも それぞれの銘柄の可能性、新しく出会う蔵元さんや
新しく出会う銘柄の開拓は つづきますよ=)))


料理も 焼酎に寄り添い 食中酒としてのバランスを

高め合えるように目指します。



何杯か呑んでいただき 反応を見ていると、

その方の好みが 解ってきます。


すると

まるで ピッチャーが 打者の得意 不得意の球種を把握し、

配球を組み立てるかの様に・・・・・・。


お湯割り 水割り ちょっと加水したロック・・・。

一つの銘柄でも その“配球”は 可能ですし、

いろんな銘柄を 使っての”配球”も 当然 可能なわけです。


(水割り・お湯割り・ロックに 加水…同じ銘柄でも
これだけの表現方法を 可能にしていることが
清酒やワイン・・などと比べた時の 本格焼酎の最大の特徴と
言いきっても いいと思っています。)



『これだけの銘柄 女将さん、全部把握してるの?』って

訊ねられるお客様が いらっしゃいますが、

『はい、全部 そこそこには理解してますよ。』と 

家内は 微笑みながら ・・・・・。



で 家内から つぎに どの銘柄を 

どうやって(水割り・お湯割り・加水・・)お出しするかを

チョイと聞けば、

料理は何をお出しするか・・・は 自然と “配球”はできます。




で、

野球のピッチャーが投げる”配球”と

一夢庵が お客様に お出しする焼酎・料理の”配球”には

決定的な違いがあります。

それは

三振を取るための配球では ダメだということなんです。

アウトを取るのではなくて、

最終的に お客様に クリーンヒットを打っていただく為の“配球”なんです。


カウンター越しに お店とお客様は 勝負をしていると言えば

しているのかもしれませんが、

そもそも 嗜好品である 本格焼酎を飲んでいただくのは

そんな 堅苦しいものではないと思うのです。

それぞれのお客様の反応から

いろんな”配球”を考え

敢えて 投げるボール球もあれば

ギリギリのストライクも必要だし、

一夢庵としての得意玉も 必要なんですよね~~。



『やっぱ 一夢庵の焼酎は美味いわ~~。』と

一塁ベース上(お帰りになるときに)で

評価いただけたら

最高の仕事ができたんじゃないか!と 自画自賛なわけです。(笑)))



食中酒としての

本格焼酎は まだまだ 未知の部分があります。

(毎日 毎日 焼酎に触れている一夢庵だからこそ 
未知の部分が わかるんです。)

世界を見渡しても 

食中酒にたりえる蒸留酒は 本格焼酎だけだと言っても

過言ではありません。


その可能性を 深く探求していけるよう、

アンテナ広げて ぼちぼち
 
参りますかね!!。(笑)





岩手は 三陸宮古から、『時知らず』

島根は 隠岐から 岩牡蠣『春香』入荷してます!!!


全く 関係ないけど
僕の後頭部は 今 こんな感じです。(( ´艸`))))

後頭部


スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

続いては 、、、呑みやすい焼酎って?
『呑みにくい』っていうキーワードで

前回書きましたが、

じゃあ 

『呑みやすい』っていうのは???


“軽快でさわやか”

とか

“スッキリ 口当たりの良い”

などという 文言が

芋焼酎でも 麦焼酎でも 黒糖焼酎でも・・・・、

焼酎の紹介されている文章に 書かれています。


軽くて 爽やかで 口当たりのよい・・・・スッキリ。。。。



実は 私個人的には

『そういう理由で 呑みやすい』と感じたことは

昔から ほぼほぼゼロです。


実は この

『呑みやすい』っていうのが

『呑みにくい』よりも

解釈が 難しい!!



『呑みやすい 芋の水割りください。』

オープン以来 

お客様のリクエストで よく言われる

『呑みやすい』っていうキーワード・・・・・・。


確かに

スッキリ爽やかな 軽い風味の銘柄は 呑みやすい、

しかし

味わいのしっかりした 素材の風味が溢れる銘柄も

呑みやすい・・・・・。

さあ

このお客様のリクエストの正解は?????



家内と ず~~~~っと議論してきましたが、

実は

『呑みにくい焼酎』の時に書きましたが、

それぞれの銘柄・蔵元さんの

特徴・酒質を きっちりと 水割り・お湯割りで

100%のパフォーマンスに近い表現すれば、

『どの銘柄も 呑みやすい焼酎』だという 一応の結論に

達しました。

(今後 また何か別の結論にたどり着くかもしれません。)


ですので

今 『呑みやすい焼酎』のリクエストを頂いた場合、

『普段 どんな銘柄の焼酎呑まれてますか?』っていう質問を

させていただき

その お答えをもとに

『そのお客様が 呑み慣れている銘柄のイメージに近い銘柄』を

お出しする場合が多いかな~~~。

(逆に 意表をついて おそらく出会ったことのないであろう味わいの銘柄を
お出しする場合も 実はあるんです。)

くしくも

先日 とある酒屋さんに 訊ねられました・・・

『一夢庵さん 今 焼酎は どんな感じで 何が売れてます?』

『いや~~、実は うちは

何か特定の銘柄が 突出して売れるっていうのは ないんです、

有名銘柄でも 妙にありがたがって飲まれる方もいないですし、

だから 何が売れてると言われましても・・・・・・。』って

感じなんですよ。

重要なのは 銘柄とかトレンドっていう事よりも

お客様に

一夢庵で 呑む焼酎は 家で呑んだり 他所のお店さんで呑む焼酎とは

確実に 何かが違って

『旨い!』って 感じてもらえるかどうか。

そうでないと

意味が ないんです。


蔵元さんが 一生懸命造った焼酎を

おなざりには扱いたくありません。

美味いと思って飲んでいただきたいし、

一夢庵は 市場の最末端で

お客様に 一番高い値段で 呑んでいただいているんですから、

その分 価格に見合う“美味さ”を 表現し続け

求め続けないければいけないんです。

それが 本当のコストパフォーマンスです。

安さと量だけに言及したコスパとは 全然違います!!と 断言しちゃいましょう。。。(笑)


夕闇せまる

陽が長くなってきましたね~~、

群青に染まり始めた夕闇・・・・・・・これもまた 綺麗だ。


先日は 仲良くしている とあるワインバーの16周年、

祝!!16年。。。。


僕も そうなれるように 歩んで行きます・・・・・・。




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

ズバリ言おう!!呑みにく焼酎は存在しない、吞みにくくしてしまっているんだ!!
今も また

改めて 考えてみた。

『呑みやすい、もしくは 呑みにくい焼酎(銘柄)。』って

何をいわんとするのか?


『呑みにくい』 

って 何???


口当たりのピリピリする感覚?

あまりに強すぎる香り?

アルコール度数?

それとも ただの先入観?


人によって 様々でしょうが、

今までの経験上、

多くのお客様の反応 言葉をふまえて

はっきり申し上げましょう!!

『呑みにくい焼酎(銘柄)』は ない!!


瓶詰めされ商品化された焼酎のすべては

それぞれに 良さがあり それぞれの特徴があります。

その良さと特徴を

台無しにする提供方法こそが

『呑みにくさ』の元凶になってしまっているんですよ。



先日から 

とあるチェーン店さんに 何度か通ってみました。

お湯割りを 何杯か いただいたのですが、

やはり 提供のクオリティーが 一定ではないです。

熱かったり ちょうど良かったり・・・・・。

濃く感じたり 薄く感じたり・・・・・・。


正直 美味さのポイントを外したお湯割りは

『呑みにくい』です!

というか

その銘柄の美味さ・特徴を 表現しきれていません。




つまり 呑みにくい 呑みやすいの違いは

銘柄の差や 造りの上での麹・酵母 蒸留法 アルコール度数の違いではありません!!

問題は お客様に提供する際のクオリティーです!!

カウンター


それに関して もう一言

『不味い焼酎』も ありません。

(流通過程や 保存状況における品質の劣化ということは
ここでは 一旦横に置いておきます。)


“不味い”のではなく

“美味しさのポイントの幅が狭い”焼酎なんです、

だから 

“美味しさのポイント”を外してしまうと

本来の味わいや特徴が台無しになって 

結果 “不味い”って 言われてしまうわけです。

しかし

“美味しさのポイントの狭い焼酎”は

実は 美味さのピークのポイントを 見つけて

適切に水割り・お湯割りすると

素晴らしく美味いとも 表現できるわけです。



一夢庵は 本格焼酎における

美味さのポイントを 見つける為に

毎年のように 九州の蔵元さんを訪れ

何かのヒントを 探るのです。

ただただ 酒屋さんや蔵元さんと仲良くする為ではありません。

ここでは決して書けない 意見の相違による熱すぎる論争も

たまには あります。(笑)

お互いの立場で 切磋琢磨したいんです。



ややもすると それぞれの銘柄の『あら捜し』の様な

事にもなりかねませんが、

鑑評会なら それでもいいでしょうが、

(鑑評会って行ったことないですが 水割り・お湯割りで審査されるんでしょうか。
ストレートで審査されておられる印象しかないですけど・・・・)


一夢庵のカウンターは 鑑評会ではないので、

それぞれの良さを最大限に表現することに 

集中するべきだと考えております。


そして 美味さのポイントを 探り当てると、

それぞれのお客様の好みに 

アジャストした 水割り・お湯割り・ロックの提供も

可能になるんです。

実際に

お二人のお客様に 同じ銘柄の芋焼酎をお出しする場合でも

家内は それぞれ お湯割りにする際に

美味しさのピントの微妙に違う2杯を

作って お出ししています。

そのことを気づいておられるお客様が

わざと お互いの杯(同じ銘柄のお湯割り)を 味見して、

『ね。違うでしょ。』って お連れ様に言われておりました。



ただし 嗜好品である以上

人ぞれぞれに それぞれの好みは 必ず存在しますよ。



水・お湯・氷 と それぞれの本格焼酎・・・・・。

シンプルなブレンドかもしれませんが、

いくらでも表現方法はあるんです。


例えるなら、

墨 一色の濃淡で 表現する水墨画なんです。


それが 一夢庵の表現したい 食中酒としての蒸留酒、

日本の本格焼酎なんです。


カクテルベースとしての本格焼酎も

(例えるなら、水墨画ではなく 油絵)

あり!!やと

考えておりますが、

一夢庵は まずは 食中酒としての本格焼酎を 探ろうと思います。


それに合わせる料理・・・・実は それこそが 課題です。




タラタラと 小難しく書きましたが、

居酒屋として 本当に一番大事なのは

気持ちよく呑んで・食べて、気持ち良くお帰りいただく ・・・・・・。

一夢庵は そう考えております。







テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

スタイル 選択肢
いまでは

僕の生活に 欠かせなくなった インターネット。

いろんな情報が まさに 溢れかえっている。

必需品と言っても 問題ないね~~。。




私の年代なら すっかり大人になってから

急速に発展したネットに出会い、

最初は 若干の恐怖感すらあったが・・・・(笑)

所詮 “道具”だと 僕は認識している。


使い方 使われ方の問題ですな~~。


いろんな情報を 仕入れるのは簡単。

仕入れても 自分なりに どう活かすかが 課題。


一夢庵のスタイルも 然り。

飲食店を取り巻く情報は 溢れかえっており、

都会の流行りのスタイルも 海外のスタイルすら

すぐそこにあるかのように感じてしまいます。


でも 一夢庵は

繁華街でもなく 大都会でもなく 駅前でもない場所にあります。

よそ様のスタイルを参考にはしますが、

そのまんま 完全コピーは おそらく

今の立地では いろんな意味で 継続していくのは不可能でしょう。



以前 お客様との会話で、

『とある駅前で 繁盛している居酒屋さんが

駅から離れた 割安のテナントに 2号店を出店、

駅前を同じスタイルを したものの・・・・・、

立ち行かず 撤退。』

まあ ざっとこんな感じの内容でした。

聞いただけの話なので、

何とも言えないですが、

駅前には 駅前の。離れた立地には 離れた立地の 

やり方が あると思うんです。



確かに 大都会の 市場キャパの大きな場所に

憧れがないといえば ウソになりますが、

今のこの辺鄙な立地(お客様にそう言われます。)で

やり続けたいっていう考えのほうが 強いんですよね~~。



そりゃ 商売ですから

『売ること』は大事です。

大事ですが 最重要課題だとは 私は思っていません。

最重要課題は 『伝える事』です。



一つ一つの焼酎を 正しく伝え 

食材の一つ一つを 正師く伝え調理し・・・・

そして結果、

売ることに 繋がるのが 私の理想です。



あくまで理想。

でも それが 私の性分に あっているし、

長く続けられそうなんですよね~~。


違う考えのスタイルを否定はしません、

むしろ そうやって 同じ商売でも スタイルの違いが

あるからこそ、お客様にとって

『選択肢』が 広がるわけですからね~~。

そのうえで

お客様の『選択肢』の 一つに

『姫路で本格焼酎呑むなら一夢庵』 って入れば・・・・・。

この上なく 名誉なことです。


後頭部
(だいぶ 髪が伸びてきました。 )


さあ なんだか

冷たい雨が降ってます。


淡路から 瀬戸内のサワラ!

地元の アサリ!

野菜も 全部 地元産。

仕入れております。


焼酎も 家内とセレクトした、

間違いない味わいの銘柄を ご用意しております。

一夢庵 ならではの

水割り・お湯割りを ご賞味ください。

今日は肌寒いけど、これからは炭酸割りっていうのも

アリですな~~~。(( ´艸`))






テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

覚悟はあるか?
家内と私の2人で

切り盛りしている一夢庵。


オープン以来 アルバイトを一人も雇うことなく、

従業員さんを雇うことなく、

最初に決めた

『忙しい時も ゆっくりの時も 2人でしてイコカ。』の言葉通り、

今までやってきたし、これからもやっていく覚悟だ。


人生を貫くって かっこいい言い方だが、

要は

自分の人生の時間を 自ら 設計して 実行するだけの事。


ところが

大きな会社や 組織となると

こうは言いにくい時代らしい・・・・・・。


その昔、

テレビコマーシャルで 

普通に

『24時間働けますか?ビジネスマ~~ン、ビジネスマ~~ン

ジャパニーーズビジネスマ~~ン♪』と

流れていた時代を経験しているだけに、

今の 特に 労働に関係する法律は

申し訳ないが 一夢庵の私には

全く実感ができない。

細かい法律までは

全く知らないけど、

(この際 少しは 勉強しておくか。)

世間でよく耳にする

ハラスメントとか

コンプライアンスっていう横文字・・・・。


ハラスメントって 正しい意味知ってます?

簡単に言うと

『本人の意図に関係なく 相手に対する嫌がらせ』

って言えばいいんでしょうか?


コンプライアンスって

『承諾 追従 法令順守 

特に企業活動において、社会規範に反することなく公正・公平に

業務遂行すること・・・・などなど』

物理学では

『物体に入力する力と それによって発生する変位の比』って??な意味もあるようです。

車のサスペンションでも 使われる言葉らしく

『柔軟性、たわみやすさの指標』って意味も あるらしいですわ~~。(笑)

まあ 一般的には 法令順守っていう意味が 広く知れてるみたいですね。

エリンギ
(エリンギちゃん、いまでこそ 見慣れたキノコだけど 初めて見た時は びっくりしたな~~。(( ´艸`))))


一夢庵は 

書類上 私が 事業主で 家内は 専従者。

とはいっても

共同経営者の側面が 強いです。

“法令順守”は 当たり前として

それ以上に

二人で決めた 一夢庵における優先順位を

順守することが 何よりも 重要だと思っています。


ハラスメントは と言えば

これは 私が気をつけないといけんです。

ついつい カウンター越しだというだけで

言わなくてもいい事を 言っちゃうんですよ~~。

ほとんどの場合 

『大将!しょうがないな~~。』で 許されちゃうんですけど

それに 甘えても・・・・・。

他所では 通用しない場合が ほぼほぼ・・・・・。!!



然し 真面目な話

一夢庵の中まで 厳格・厳密に ハラスメントやコンプライアンスを

適応するとなると・・・・・・。



ただ

自分の意見をきっちり主張することで

相手さんが 嫌がらせと感じるとか・・

そんなレベルまで 言い始めると

他人様と コミュニケーションをとることが

小難しくなるばかり・・・・・。



極端な話、

責任の所在が 明確な場合は

グレーゾーンって やっぱりある程度必要に

感じるけど、

どうなんでしょうね~~~~。



一夢庵の すべての責任は 

私です。


とりあえず それだけは 確実なことですな~~~。(笑)



『責任者 出てこーーーい!』って言われたら

『ハイ!』って返事して出ないとね。(笑)


出ていく覚悟が あるかないか?

それだけが 一夢庵における

ハラスメントと コンプライアンスに関して

明確なことですね。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記