FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



続・本格焼酎を割るという事 1
本格焼酎を 割って飲むとき

その美味さに

一番影響を 及ぼす要因は

なんだ?



嗜好品であるわけだから、

人それぞれに 銘柄の好き嫌いはある。。

そう言うのは とりあえず 横に置いておいて、、。


僕が 最近 確信したのは、

水割り・お湯割りをつくる時の

微妙なさじ加減だ!!と

確信に近く 思うようになりました。

キープ青一髪の前割り
(前割りっていうのも 面白いし オリジナルの美味さが表現できますね~~。)


お湯割りにするとき、、

俗に 『お湯が先で 焼酎が後』と

言われているが、

『焼酎が先で お湯が後』が

絶対ダメなわけではない。

別に秘密にしているわけではないが、

一夢庵のお湯割りは

『焼酎が先で お湯が後』である。


どちらも 温度の高いお湯の熱が

本格焼酎に うつって 調和することに違いはないが、

熱い湯の中に 常温の焼酎を注ぐ時と

常温の焼酎の中に 熱い湯を注ぐ時の

焼酎の温度変化の違いは わかっていただけます?

前者の場合

熱い湯に 注がれた最初の一滴は ほぼいきなり

お湯の温度まで 急上昇した後、次々と注がれる焼酎によって

最初の一滴の温度は 下がりますが 

全体の温度は上昇し、注ぎ終わって調和します。。

後者の場合

常温の焼酎に 注がれる最初のお湯の一滴により、

お湯に触れた焼酎の温度は上昇しますが、

お湯の温度まで急上昇 しません、

で 次々と注がれるお湯により、焼酎の全体の温度が

上昇し 注ぎ終わって調和します。。


どちらも 結果 同じかもしれませんが、

温度変化の過程は 微妙に違うということです。

その違いが 味わいに どう影響しているのか。。。



また その際の お湯を注ぐ早さの加減や

焼酎を注ぐ時の加減でも

出来上がりに 差が生じ、

その加減をコントロールすることで

できるお湯割り・水割りの味わいや風味の違いを

理解しているかどうか・・・・。






つづく
いしかげ貝02
今シーズンも そろそろ終わりか、、、、いしかげ貝 入荷です。



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

純粋な気持ちで 美味しさの追求。
昨夜

カウンターで ゑびす酒造 田中氏を

囲み

ざっくばらんに 世間話から

飲食店あるある、、はたまた 真面目な本格焼酎の話と、、

尽きることなくスウィングする話題は、、

本当に 面白く有意義でした。


仕込みの途中に 駆けつけてくれたA夫妻、

一つの吞み会を終わらせてから はしご酒してくださったM嬢、

昨年のゑびす酒造のかいに引き続き 来て下さったH氏

それに 赤穂から参加のA氏、、、

ありがとうございました。


楽しく過ごせていただけたかしら>>>?


それに 遠方から 姫路泊で来て下さった

ゑびす酒造 田中氏。。ありがとね~~~。



田中氏が 一夢庵を評して行って下さった、

『割る美学』!!!

そして その『割る美学』は 最終的には

本格焼酎を通り越し、清酒まで

『割る』ことを 試してみればどうか?と

かなり きわどく

そして 純粋に”おいしさ”を求める

酒呑みとしての 当たり前の感情を

一夢庵がどう表現できるか???



炭酸割りは

料理と合わせるという事よりも

単体そのものでの美味しさのお表現ではないか?


などなど

今後の一夢庵のスタイル構築に

さらには お客様への美味しさの提案に繋がる可能性を秘めた

怪しい酒のみの話でございました。。。。(笑)))


18時過ぎから始まり、

気付けば 終電まじかの23時前。。。。



改めて 思うのです、、

一夢庵のカウンターは

実に 面白い、、


僕だけでなく お客様含め

その時 その刹那でしか 出来ない会話を

愉しめる、、、、、


本当に 居酒屋冥利に尽きます。。。


写真一枚とることもなく、、、

あっという間の時間、、、

せめてもの一枚、片付けの途中に

兵どもが夢の跡。。。

ゑびす酒造 2018


テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

松露酒造さんからの 謎かけ?
一夢庵に 

先日 新たにお目見えした本格焼酎。。。

その中から、、、

宮崎は 串間市、

松露酒造さんが 醸しましたる『Colorful』(カラフル)


裏ラベルには こう書かれています。

『創業以来実直に“晩酌としての焼酎”を追求して来た松露酒造。

Colorfulは 原料やブレンド等、今まで表現してこなかった部分に

スポットを当てた焼酎です。。。。。』

松露酒造 Colorful



白麹仕込みの玉茜(たまあかね) と

黒麹仕込みの 宮崎紅の古酒原酒を

ブレンド、

そしてアルコール度数は 30度。


味を利いてみました・・・・、

松露酒造さん“らしさ”は 確かに 感じるのですが、

今まで 松露さんの焼酎では感じたことのない

ニュアンス。。。。


水割り、お湯割り 炭酸割り、

しかも その割方や 温度帯で、

玉茜を強く感じたり、宮崎紅を感じたり、、、、

香りの立ち方や 味わいの強弱・・・・・、

2種類の麹 、

2種類の芋

そして 古酒原酒とのブレンドが織りなす、、、

まさに その名前の通りで 味わいも香りも

万華鏡の如く カラフルな表情なんです。。。


まだ この商品のフルスペックを つかみ切れていないので、

今後 開封してからの時間の経過とともに、

どのように “落ち着いて”いくのか

それとも “よりカラフル”に なっていくのか?

これからが 楽しみで 未知数な部分が

多くあるように 感じました。




ある意味 今までの私の本格焼酎感を

上書きしなければ なりません。。


いままで、

本格焼酎の美味しさの表現は

例えるなら 水墨画のように

一つの色の濃淡や 描き方のタッチで

美味しさを表現するようなものだと

言ってきました。

しかし 

この 松露酒造『Colorful』は

単色ではなく 複数の色による

美味しさの表現を されているとしか

思えないんです。



そして同時に この『カラフル』は

飲食店の“割る技術”を 問われている、、、、

強く そう感じました。

『このカラフルさを 意のままに操って、香りと味わいを 愉しんでごらんなさい。』

と 問われているかのようです。




そして 瓶にかけられている

この文言

『LET`S GET IT  ON!』

(意味は 皆さんそれぞれに調べてみて下さいませ。)

わざわざ なぜ この言葉を・・・・・・。


この焼酎は 僕にとっては 

松露酒造さんからの 謎かけ!!


愉しみ方の

バリエーションが 豊富な焼酎であることは

間違いないですね。

実際に 先日の旅先の

お店で呑んだ時も 味わいと香りの表現方法の

バリエーションの多さに 驚き続け、

家内とも

この『Colorful』の 話題が・・・・・。





さあて 一夢庵、

この焼酎を どうやって料理しようかね~~~。(笑)))
















旅から戻ってまいりました。
しばらく 姫路を 留守にしておりました、、

静岡方面へ

旅に出ておりました。


今年から縁あって

お品書きに登場している、

渥美プレミアム ラスサーモンが

養殖されている 現場を

見てまいりました。。。。

林養魚場



他にも 盛りだくさんの旅でございました。

またおいおい。。。



今日 12日から一夢庵 営業再開っす!!!

よろしくお願いします。。


鶴の荷車 41度
またまた 

一夢庵に 

新たに 3銘柄の本格焼酎が 入荷しました。。。

まずは そのうちから

1本!!

宮崎県 田野町 渡辺酒造場さんの麦焼酎、

(コルクのラベルに印刷されているのは「渡辺」、、違う銘柄のラベルには「渡邊」
と 印字されてます。。。萬年35度は「渡辺」。。。。))

長期貯蔵 『鶴の荷車 41度』
渡邉酒造 鶴の荷車2018


ちょいと お先に利いてみました・・・・・、


『わお!!これは 良い!』

麦・麦麹の 深みに

長期熟成独特の 奥行き。

41度を感じさせない スムース感と

重厚感のバランス。

その香り、喉の奥で感じるしっとりとした甘い風味・・・。


これは 最後の一杯 ストレートで

味わうのが ベストパフォーマンスか、、、、。



当然 割る事で 良さも発揮することは

確信できます。

呑み終えたグラスに残る香りは

ドライフルーツ・・・・杏子やプルーンの雰囲気を感じます。

時間が経つと

更に香りは変化してきました。。。

野性味のある蜜、溢れでる樹液のような・・・・・。


呑み終えたグラスの香りも 愉しみの一つに

十分に 値する逸品。。。



麹・酵母で造られた日本の蒸留酒、本格焼酎は

間違いなく 世界の名だたる蒸留酒に

引けを取らないブランドだと

改めて 確信させてくれる事を 保証します。







今週の営業は今日7日まで、

明日8日 土曜日から ちょいとお休みして

大人の社会科見学に 姫路を留守にします。。。

帰り着き次第 また連絡します。。。。



テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ