二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



球磨焼酎
月末の日曜日、

京都の松尾大社さんで おこなわれる

本格焼酎の蔵元さんが多く参加されます

戦国焼酎っていう

催し物が 執り行われます。

一夢庵の二人は 裏方で、蔵元さんをサポートする大役をいただきました。

予定では

熊本県の球磨焼酎の蔵元さんの受け持ちです。


球磨焼酎は

家内のブログ

書いたように、

繊細な美味さなんですよ。


もっと具体的に そのうまさを例えると、、、、、

球磨焼酎の美味さは

『炊いた白ご飯の美味さ』 なんですよ。


ご飯の美味さって

なかなか 言葉で表現できないでしょ、

だけど 食事には 欠かせない美味さなんですよね。


特に 常圧蒸留の米焼酎の お湯割りは まさに 炊いた白ご飯!


世界貿易機関WTOによって

地理的表示指定をうけており、

国際的にブランドとして保護されておます。



しかし

日本国内での ブランド知名度も

美味さの認知度も まだまだ 道半ばにも

感じるのです。


芋焼酎や 麦焼酎と 比較すると

ややもすると 米焼酎は

香りや インパクトが強くはありません、

ところが その美味さは

和食における 白ご飯の美味さなんです。

もっと 具体的な美味さに例えるなら

羽釜で炊いたご飯の 焦げ付く寸前のおこげを

混ぜて握った おにぎりの美味さだと言えるかと・・・・・。




これから 一夢庵、

もう一度、米焼酎の美味さを

改めて探り、

お客様に もっと 分かり易く表現できるように、

努めていこうと

家内と 話しております。。。。

数年前 熊本県は 球磨郡水上村 湯山温泉に宿泊し、、、

その夜 いただいた アマゴの塩焼きと 

おなじ水上村で造られた 大石酒造 鬼倒しのお湯割り、、、、

記憶に残る 至高のマッチングでした。。。

熊本県 湯山温泉 民宿川原別館
湯山温泉の 民宿川原別館の風呂。。。。良いお湯だったな~~~。



また 人吉・球磨を訪れて

球磨焼酎の美味さを 探りたいですな~~。




球磨焼酎の蔵元さんは 28蔵。

人吉に 何泊も しないと!!!(笑)))





スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

お休みします。
5月16日 一夢庵 臨時休業いたします。
雑感
いろんな人を呼びつけて

くだらない質問して

『疑惑が深まった』しか言わない先生方が

いらっしゃる。。。。

必死で本質を隠そうとするばかり・・・。

言葉尻や 憶測で 嘘だ!と言われるのは、、、

なにか 違法性がある出来事があるなら

それなりの証拠を出せば 一発自摸なのにね。(笑)




岩盤規制は

既得権益者の利益を 確保するためだけの

しょうもないルール。

岩盤規制がなけりゃ とっくの昔に

もっと多くの 獣医学部は 出来てるし、

今回も 京産大も 認可されてる。。。


文系のよくわからない学部は 増えてるのにね、

なぜ 獣医学部は 一つ増やすだけで

大騒ぎ・・・・・。



問題の本質は

規制緩和をする側と

それを阻止する側の パワーバランスの争いだと

私は思っている。

どちらの話も聞いては見るが、

なるほど納得いくと 思うのは・・・・だ。






忖度って

“他人の気持ちを おしはかること”とある。。。

とても日本らしい“思いやり”の気持ちを表す言葉、

その意味が なんだか 悪い意味に変わってしまったのは

後味が悪い・・・・・・。



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

20日は壱岐!
次の日曜日 5月の20日は

長崎県は 壱岐に 行きます。

もう 何年のお付き合いになるか…

重家酒造(おもやしゅぞう)さんの

清酒蔵の完成記念の祝賀会に・・・・。

かれこれ 壱岐には いったい 何度訪れたんでしょう・・。

妹夫婦・おやじと母親も 一緒に行ったこともあります。。。

壱岐 大浜
かなり珍しいツーショット。。。数年前、重家酒造の雄三さんがシャッター押してくれました。壱岐の大浜っていう砂浜です。
綺麗でしょ。





付き合いも長いと色々あるもんですが、

『壱岐の島で 清酒を造るときには 

必ず応援するよ。』と

私なりのかねてからの 男の約束。



散髪もバッチリしたし、、、

人生初めて 美容院で メッシュを入れました。(笑)))

スーツを着ていこうと思って言いますが、、、、

見た目の 怪しさが・・・・・。


で 来週は 月曜21日も お休みさせていただきます。

ご了承くださいませ。


さあ 今週も 頑張って参りましょう!!

瀬戸内 前獲れのマダコ、ビンビンの鮮度です!!!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

雑感
よくよく 振り返れば、

昔からなんだろうけど、

新聞や テレビって

『ある種のフィルター』が 通ってるもんですな~~~。

近頃は その傾向が 以前に増して強いような気がする。




『その発言の裏には何があるんだ?』

『それを言って 誰が得するか 損するか?』

そんなことを考えた方が

おもしろい。




テレビを卒業して もう4年以上たつけど、

もう 家でテレビを見ることはないだろうし、

新聞も 購読してまで読もうとは思わない。


誰かの恣意的なフィルターを通った

ニュースソースなんて

何の勉強にもならん。

思考の視野を 狭くするだけだな。




くだらない コメンテイターの

予定調和な台詞もなく、

淡々と出来事だけを 告げてくれる

何の加工もしていない

情報って たくさんあるようで

意外と少ないのよね~~。



テレビや新聞をみても

何も悪いことはないけど、

『何らかのフィルターがかかってる』と

認識しておかないと

流されます。


大人になれば 

人様の言葉ではなく

自分の言葉で 物事を語らないと

薄っぺらい言葉の羅列に なっちゃいます。






都合の悪いことを報道しない、、

そんな報道機関って

ご自身でご自身の存在意義を

否定してるとは

かんがえないんだろうか?