二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スタミナ?
ずっと以前から、

“スタミナ”と言う言葉が

気になっていたのよね~~。



特に 夏場の暑い時期、、、

まさに 今ですけど、

まあまあ スタミナと言う言葉を目にしたり

耳にしたりする。


スタミナって 調べると

もともとは ラテン語で 縦糸を意味する言葉の複数形らしいです。

生命体が持つ根源的な要素で、

精力、元気の素ってらしいんですね~~。


ただ 世間的に 使われているスタミナっていう言葉は

私には とらえどころのない、

なんかふわ~~っとした言葉ですわ~。



スタミナをつけるのに 暑い盛りに ガンガン食うって

いうのも 若いうちなら 良いでしょうけど、

もう 僕には ガンガン食うのは 余計にしんどいっす、

体力 へつられますわ。(笑)))



実は しばらく前から

ジム通いをしております。。。

50になるし、この機会に

身体を 見直そうって考えです、、

ガンガン 筋肉トレーニングをするわけでは

ないです、むしろ

有酸素運動を 心がけて、

脂肪燃焼を メインに 週2回か3回 

仕事上がりの深夜に 通っています。


この歳になっても 体は ちゃんとしてるもんで、

見た目でも 腰回りが少しスッキリしてきたような・・・・。

体重は 減ったというよりも 

体組成が 変わったという感じで、

脂肪が減った分 少し筋肉が増えたようです。。




“生命が持つ根源的な要素”を

適度な運動と 

適切な食事& 適度な飲酒で

見直し中の 一夢庵でございます。。(笑)))



この暑さ せっかく呑むなら

ほどよく冷房の効いた 一夢庵で是非。(笑)))



16日の海の日に

三木総合防災公園陸上競技場の

スタジアムに

なでしこ2部の ASハリマアルビオンの試合を観に行ってきました。

3対2で 勝利っす!!

ASはりまアルビオン 三木総合防災陸上

スポーツ観戦は いいね~~~。

この暑さの中 選手のスタミナは すごいな~~~って

つくづく思う おじさんでした。((笑))))


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

原動力
本格焼酎を

『食中酒』として

ずっと考えて、

食べ物と一緒に楽しんでいただくという事を

大事にしています。

からからで さしつさされつ、


先日から、

立て続けに

お客様から 似たような言葉を

頂きました。


『焼酎って こんなに なめらかで

すんなり飲めるもんなんですね~~。』

『す~~~っと 何の違和感もなく

味わいと香りが 喉を通て行きますね~~。』


食中酒って

最低限 そういう飲み物でないと、、、

食べ物とは 寄り添わないでしょう~~~、って

思うんですよね~。


ピリピリ感が あったり

なにか 刺々しい感じがあれば

その飲み物って

次 また 呑もうと思います?


僕は思わないですね。



同じ銘柄でも

それぞれのお店で それぞれの提供の違いがあり、

当然 味わいが変わってきます。




お客様からの 何気ない お言葉の一つ 一つ、、、

もっと もっと 突き詰めて、

更に 本格焼酎の美味さを 求めていく

原動力の一つです。



ありがとうございます。



次の日曜 15日は

珍しく 昼過ぎ15時から 暖簾を上げます。。。。

よろしく。。




さじ加減
今日は 

瀬戸内海産の 小イワシ。。

久しぶりに 仕入れたので、

生姜と一緒に 煮ました。

小イワシ煮


こういう料理をしていると

火の入れて

煮ている間に

香りが 立ちます。。



あまりにも 香りが立ち過ぎると

料理としては 失敗。



調理の最中に

いい香りが立ち過ぎるのは、、

その料理から 香りが逃げていると解釈しています。



だから そのさじ加減が 微妙です。


いったん火を止めて

味をしみこませ、

そして もう少し煮たいときは

あとで また火を入れるように しています。

骨までやわらかになりますよ~~~。





焼酎のお湯割りも

しかりです。。。


微妙な さじ加減で、

香りが逃げてしまったり、、

味わいを損なったり、、

シンプルですが 

なかなか 奥が深いっす。



各蔵元さんも

焼酎の蒸留の際は、、、

おそらくですが

いろんな”さじ加減”があると

推測されます。



製造過程で 

香りが立ち過ぎると、、、

それは

香りを損ない 味わいのバランスが

崩れていると

考えています。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

早生の枝豆
雨が 降り続く

播州姫路。

雨の降り続く地域の皆様

どうぞ お気をつけください。。




この時期

播州では

早生の枝豆が出始めます。。


ふと思い出す場面があります。。。

もう何年前だったか、、、、


『この枝豆な~~、ええ豆やな、茹で方も ええ感じや。』

『ありがとうございます。』

『でもな~~、味が濃すぎて 口に合わん。

もっと安い冷凍の枝豆 ないか?』

『・・・・・・・。』


本当に こんな会話でした。


正直 絶句してしまいました。。。。



早生の黒豆枝豆


その夜 

何とも言えない 虚しさを 感じたことは

忘れられない。。。


地元で採れた その時期ならではの

旬の味を 

“濃すぎて 口に合わない”と

表現されたそのお客様、

私よりも 年配の人でしたが、

そのお客様は それ以来 お見えになっておりません。。



早生の黒豆枝豆を 仕入れる時期に

毎年 思い出す出来事です。




慣れって怖いモンです。

実は お酒も一緒で、

新ジャンルや 発泡酒を飲み続けていると、

スーパードライですら

苦く感じるらしいのです。





別に そういうモノを飲むな! 食べるな!とは言いませんが、

慣れてしまうと

本来の味を 美味しく感じなくなってしまう・・・。



美味しい 美味しくないも 大事ですけど、

栄養面、安全面でも

間違いなく 差は 歴然とあるはずです。。




まあ 冷凍の枝豆を食べたい方、

一夢庵では ご用意できませんので、

他の飲食店でお求めくださいませ。











テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

グループH
サッカーワールドカップ ロシア大会での

グループH、

日本代表の戦いぶりは

私は 最大限の評価をしています。



どうしてもこの話題が気になるので、

ネッ上でのいろんな意見を拝見させていただいています。



ポーランド戦ばかり クローズアップされ過ぎかと。。。。



そんな中 気になるご意見が、、、

『あんな 試合を 子供に どう説明するのか?』

と言う意見です。。。


そのままを伝えればいいんです。

『日本のサッカー代表は 世界からみれば

まだまだ弱っちい。

だから 正々堂々ではないけど、

グループHを突破するのが一番の目標の時に

あんなことを しないといけないのよ~~。

だから もっともっと 強くならないといけないのよ~~~』って。。。。




日本代表は 正直 

ワールドカップ参加国の中でも

最も弱いチームの一つであるという事、

しかし

最大限の知略と戦術 チーム力で、

まず勝てないと思われた コロンビア戦に勝利した。。。

そして 第2戦 セネガル戦も 2度追いつき

全力の戦いで 引き分けに持ち込んだ。。。

(個人的には セネガル戦は 勝てた試合だったかと。。。。
そこで決めきれないのも 日本の実力なんですよね~~。)

そしたら グループH突破の可能性がグッと高まった、、、

で、ポーランド戦、、

ポーランドは グループH敗退が決定している。。。



2つの試合で 主力選手は 疲れてる・・・

攻めの姿勢で

控え選手を 先発にしたと 思うんです。

あくまで ポーランドに勝つことを目指してね。

もし 控え選手を使わない選択をしていれば、、、

『主力選手は 疲れてベストでないのに、なぜ控え選手を温存したんだ!』って

言われちゃうでしょうね。



結果を見れば 主力メンバーより力の劣る

チームになり、

ポーランドに得点される。。。。。



それこそが日本の現実なんです。

他の強い国と違って まだまだ 弱い国なんですよ。

控え選手でも バリバリに戦えるチームではないんですよ、、、。

しかも 相手は 不調とはいえ

ランキング8位のポーランドです、前半をゼロゼロで終えたのは

奇跡とも言えます。

もう一つの試合も

勝ち点9が当たり前のコロンビアは 

日本に負けてる時点で

異常事態ですよ、、、

勝ち点3、、、マジで国に帰れない、殺される可能性すら、、の国です。。

全力で セネガルに勝つ!!





結果

西野監督は あのボール回しを 選択されたんです。。。

ポーランドも 勝ち点3がほぼ確定してるから、

追加点を狙い 追いつかれるリスクはとりたくない。。。

勝ち点1と 勝ち点3では 大違いです。

(リードしているポーランドから
みれば コロンビアに勝ち セネガルと引き分けた日本は 
主力選手がいないとはいえ 不気味な強さを感じていたはず。。)



そして グループHの中で

2か月前に監督が交代した

最も弱いと思われていた日本が 2位で通過した。。。。。


強くはない 弱いチームが

不本意だけど最善の戦略で戦った 

グループリーグでの3試合だったと思います。。。



コロンビアに 負け

セネガルに 負けてれば

最後のポーランド戦では

今までの 日本代表のように

正々堂々 戦っていたでしょう。


そして グループリーグ敗退で

日本のワールドカップは 終了ですよ。。。


今回 日本代表は

今までのレベルを 一つ越えたところに

たどり着いた気がします。。。


今 サッカー強豪国・強豪チームの

ボール回しの戦術は もっと楽な場面で使ってきたはずです。

今回 日本代表チームは

過去に例を見ない 

最も厳しい局面でのボール回し戦術を 実行し、

結果を得たことは 間違いありません。

だからこそ こんなにも賛否があるわけです。

言い換えれば 

何事にも代え難い経験です。






代表が

必死に戦う姿を

その戦略を 

批判するのも 自由な国です。。。


ワールドカップ アメリカ大会、

当時のコロンビア代表 DFアンドレアス エスコバルは

オウンゴール・・・・・・。

チーム敗退 帰国直後に 12発もの弾丸をくらい

暴漢に射殺されました・・・、この事件後、、

何人かの選手は コロンビア代表を辞任したほどです。

幸い 日本は 敗退してもそこまでの事は 起こりそうにありません。






西野監督は アトランタオリンピックで ブラジルに勝ち

マイアミの奇跡と言われる試合の監督でした。

しかし 結果は 勝ち点6でも 敗退でした。

森保コーチは 

アメリカワールドカップに 行けるかどうかの最後の戦いで

ドーハーの悲劇を 経験しています。。。

あの時の日本は 勝っていても 時間潰しの戦略を取らずに

引き分けで ワールドカップに行けなかった・・・・・・。






今回の ワールドカップは

本当に 興味深いです。。。。


サッカーと言うスポーツ一つで、

こんなにも 思考を巡らせられるなんて

思いもよりませんでした。




テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ