FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



梅雨空
『この店は あまり 有名になってほしくない。。』


この場合の この店って言うのは

一夢庵の事です。

オープンして以来 

何度も お客様からの この声を聞いてきました。。



多くの人に知って頂きたい と思う反面、

一夢庵の場合は そうでもないか~と 思うのよね~~。

おかげさまで

こんな オッサンとオバハンが二人でやってる

本格焼酎に 恐ろしく偏った居酒屋が

18年も 続けられているのは

謎なんだけど

一つの理由として

『知る人ぞ知る一夢庵』で ええやんスタイルで

やってきたことかな~と 感じる。。


冒頭の

『この店は あまり 有名になってほしくない。』

っていう言葉には

一夢庵を 大事にしていただいているお客様の

心理の表れだと 都合よく 解釈している、、、(笑))))

そして お店を大事にしてくれてると勝手に

思い込んでいる私、、

そのお気持ちには 

何かで サービスしなければと、、空回りを始め、、

いつも以上に おしゃべりしてしまい、、、、

言わんでも ええことまで 言ってしまい、、

結果 誰の何のサービスなのか さっぱりわからん事になる。。。(笑)))

シジュウカラ
(梅雨空の中 せっせと 雛に餌を運ぶ シジュウカラ、、店先で 耳を澄ますと雛の鳴き声が、、、
一夢庵は 本格焼酎だけでなく 自然も 溢れております。。。))




確かに 一夢庵は

たまたま 通りかかりに 入る店ではない。。

知っていても 地味過ぎて 通り過ぎて

探さないと 辿り着けないぐらい・・・・、

やっとのことで 辿り着いたとしても

非常に 暖簾をくぐりにくい店のひとつだ。。

そんなお店なのに

多くの お客様は

『あまり有名になってほしくない。」とおっしゃる、、


いやいや 心配せんでも 

お客様が押し寄せるような有名店には

なりえませんから、、

むしろ

『焼酎専門の居酒屋が 姫路に あるらしいで~。』

『辺鄙な場所らしいわ~、』

と 知る人ぞ知るっていう意味で 

有名になれればいいな~~スタンスで

行けるように ボチボチ頑張りますわ~~。



播州姫路は シトシト雨模様。

梅雨らしい気候、、、いいね~~~。




スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

New Normal
昨年 8月、

定休日を 水曜日に変更した。


世間で 働き方改革と言われており、

一夢庵的 働き合方改革は 何が可能か?

で 結果 

定休日の変更という なんか 改革なのか、

ただの変更なのか、、、ってことになったが、


今回

5月の営業から 15時に暖簾をあげることにした、、。


今回の感染症対策に伴う 社会状況を

かんがみて やってみようと 決めた。


新しい普通。。。

だれもが なんとなく 感じているとは思うけど、

以前のままの社会状況には 完全にもどることはないだろう・・・と、

今日も とある同じ年の経営者の方と

お話したのだが、

今回の自粛期間中、自分の生活 仕事 家庭・・・、

冷静に 振り返り、考えるいい機会になったと、

言われた、

私も 4月の営業自粛期間中 

同じように 考えていた。。


『1か月や2か月で 経営が 立ち行かなくなるなんて
今まで なにをしていたんだ。。』

『当然 一概に言える事はないけども、
そんなにも 脆い経営って …。』

『そもそも いままで ちゃんと申告してるか?』

なんて話題にもなった。。。


まあ 人様の事はともかくだ、

我がの性分をふまえ 我がの出来る事、

我がの仕事、

自分の采配で コントロールできることに

注力し続けて

行ける所まで 行きましょか。。。

ってことで 話を終えた。。。



ニューノーマル、

新しい状態、新しい常識、新しい正常、

いろんな解釈ができるだろう。

まあ 私自身は 今までと何ら変わらんオッサンであり続けたいが、

アジャストできる部分では

軌道修正をし続けることが肝要と思う。。。


そのためにまず

ガラケーを卒業して スマホを持つか!! と

思うわりには

未だに 決心がつかない!!

だめだこりゃ!!!(笑)))














テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

グレーゾーン
非常事態の時に、

世の中のグレーゾーンが

浮き出てきて指摘される。。


パチンコは 遊戯であってギャンブルではない。。

とされているけども、、

パチンコを一回でも打ったことのある人なら

ほとんどの人が 『あれはギャンブルや。』と

認識されるかどうかはさておき、

私は ギャンブルだと思っている。


今回の騒動でそんな議論も出てきた、、。



今 多くの飲食店が

テイクアウトなどを 販売しているが、

その販売内容 販売方法の

法的な問題が 少しずつ

表面化してきた、、。

ちゃんと許可を得て されている 

真面目にやっているお店さんも 数多くあるが

そうでない場合も ある、

大通りの歩道に 出店を出して、

弁当を販売している、、(どう見ても 無許可)

それを見て 違法だとうすうす感じながら

『今はええやろ。』と ネットに書く御仁もいらっっしゃる。。

じゃあ いつになったら アカンの?

そもそも そういう販売方法する店が 胡麻化さず申告する

と 思えます?


私は 今も 昔も これからも 

アカンことはアカンと 言うし

そう発言することで 自分を律する材料にする。


誰も取り締まれないから

今のうちは OK!と

言う 人とは私は 仲良くなれない、し

先方さんも 私とは仲良くなれないと思うだろう。



世の中のグレーゾーン、、どんな業界でも

おそらく 多少なり有るとは思うが、、、



飲食店は 必ずしも 調理師免許を持たなくても

保健所の許可されあれば 営業できる。。。。

『調理師の設置努力』をしていればいいのである、

それは何を意味するか、、

賢明な人なら みなまで書かなくても 分かっていただけるでしょう。。

食と調理の専門知識者の国家資格を 国で作りながら

実際は そんなの関係なく 誰でも 出来るし、

何もしなくても 問題は何一つないのです。




非常事態になった時に 平時ではわからない、

政治家の度量も問われるが、

経営者の度量も 私の度量も

人として 全ての大人も

同じように問われると思っているし、

こういう時に 浮き上がってきたグレーゾーンは

改めるべきは改めていくべきだろう。。。



そして 平和な時が訪れ

しばらくすると

また新しいグレーゾーンが 生まれ、

何かの非常時に どこかで 改めていく、、


その繰り返しでいいんじゃないかね、、、、。


頑張って生き抜こう!

すごく大事なことだけど、

何でも有り ではない気がする。。。


これって 綺麗ごとですか?





水汲むだけじゃないのよね~~。
水曜日 今日は お休みを頂いております。。


雨雲ズームレーダーを見ると、、

西から 雨雲が 押し寄せてきております、、

そんななか 

水汲みに 宍粟の山奥に出かけました。。


まあ 2月とは思えない気温、、

13度・・・。

風が吹いても さして 冷たく感じません。

先日の寒波で降った雪が

僅かに残る程度、、。

水汲み令和2年2月


誰も来ない水汲み場で 汲み終わった後も

ゆっくり過ごしました。。

空気がきれいで、

水がきれい、、。


先日の東京の空気とは

どっちが良いとか悪いとかではなくく、

私はこっちのほうが 心地よさを感じます。



水汲みだけじゃなくて

この場所に来ると、 

気持ちも身体も なんとなく 穏やかになります。。

なんだか 好きな場所なのよね==。。



さあてと 

姫路も雨降りそうだ、、、

久しぶりに ジムに行って汗流すか。。



宮崎の某蔵元さんは

人生初のインフルエンザになったそうです、、、

どうぞ 養生してください、、、

皆さまも 身体には お気をつけて、、、。


では では。。


岩手は 三陸宮古からの

『春一番わかめ』 明後日に またまた

届きます。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

本格焼酎って・・・その6
東京でのカクテルイベントに続き、

昨日

神戸は ホテルオークラに

ソムリエの田崎真也さんの

『単式蒸留焼酎の 可能性を探る。』と

いうお話を聞いてまいりました。

乙類焼酎の可能性

基本的なことから、

今後の発展に向けた

本格焼酎をめぐる内容でした。。


今の 日本の酒税法では

何故だかわからない 旧態依然としたことが

法として決められており、

これから 世界への市場を

見た時に、

どうにも 整合性がないとしか思えない事は、

適切に 改めていくのも

一つの戦略かと 考えざるを得ません。

税収に関する 税率・税金は

割と簡単に 変えるんだから

法律の文言も 変えるべきは

変えるのが 筋ではないかと思います。


とは言っても

本格焼酎としての“枠”は 必要で、

何でもありでは また問題が生じる気がします。。




とにかく

本格焼酎を扱う飲食店は

お客様に 焼酎美味しい”と感じていただくことが

基本中の基本です。


ざっくりと扱っても それなりのパフォーマンスを発揮する

本格焼酎の良さでもありますが、

だからといって ざっくり扱えばいいっていうのは

違うんです、、!!

そこが 専門店の矜持です。



ソムリエの世界からの本格焼酎。。。

視点を変えたお話は 興味深かったです。。






今週は 月曜にお休みしたので、

水曜日の定休日を 営業いたします。。



テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ