二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



16日 お休みさせてください。
顔が濡れて力が出ません。。。。


一夢庵 お休みします。
スポンサーサイト
お休みします
本日 24日 

臨時休業いたします。
続 一夢庵 奇譚
16日に書いた

一夢庵 奇譚の話、

多くの反響がありました。


同じとは言いませんが、

山での不思議な出来事を 経験・体験されている方が

ことのほか多いんだな~。と 感じました。



実は 私は 

こういうことを書いて 皆さんの恐怖心をあおろうなんて思うわけではありません。


何気ない自然な環境で

ふと 恐怖を感じるのは

当たり前のことだとも思うわけです。


全てのことが科学的に解明されていることもないし、

かといって

解明されていないことを 無暗に煽るのも

おかしいし。


本有的な直感・感覚は

動物が生きていく上での 必要なセンスだとも思うわけです。



人間も動物です。

身に迫る危険を 察知し 防御する本能は

野生の動物よりも 少ないかもしれませんが

あるはず・・・・・。



『なんか この先に 行くのは 嫌な感じがするから
引き返そう。』

『ふと 何かの気配を感じる。』

具体的に説明しろ、と言われれは 何一つできませんが、

誰しもが 一度は感じたことのある感覚のはずです。



私と家内の体験も その一つにすぎません。





神道の祝詞には

『かしこみ』という言葉が出てきます。


この

『かしこみ』っていう漢字は

時代によって色々あるようですが、

『畏み』と書かれたり

『恐み』と 書かれたり・・・・・、

畏敬の念をともなった 畏れ多い気持ちを

表現しているものです。


古の昔

西行法師という お坊様が

伊勢神宮を参拝した際

『何事の おわしますかは知らねども かたじけなさに 涙こぼるる』

“どなた様がいらっしゃるか 私には見えないけれど ともかく

ありがたさと 恐れ畏む気持ちで 自然と涙がこぼれた”

という 歌を詠まれたそうです。


伊勢神宮に限らず

自然の中 今私が暮らしている 姫路の街中でも

何気ない日常の中での

ふとした恐怖や

ふとした違和感をかんじたとして・・・・・、

まさに 人知の及ばないナニカに対しての

ある種 恐怖感を伴いながらも

敬うべきモノであり、

ただただ 恐怖の対象だけではないはずです。




今思うと

私と家内が 同時に感じた

あの悪意のある視線は

『自然の中 深夜の山奥は 

その場所 その山 その樹々に 宿る不思議の世界だよ、

それを 忘れて 驕るなよ。』という

一種の忠告だと思うと 納得する感じもあるんですよね。





くそ野郎!!
昨日17日は 急用で臨時休業

今日18日は 

大人数さんのご予約もあり、

仕込み三昧!!

なのですが、



お~~~~い!!!

嫌がらせか?

愉快犯か?


心当たりのあるやつ 名乗り出ろ!!


ちょいと用事が・・・。
本日 17日 

都合により 一夢庵 臨時休業いたします。