二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎の炭酸割り。
ここのところ

炭酸割りが 私が思う以上に

お客様には好評!!



正直 びっくりなんです。



炭酸割りと言っても

何でもかんでも 割ればいいってもんでは

決してございません。


炭酸割りにしても

その銘柄の良さ その銘柄の特徴が しっかり醸し出される銘柄を

選びに選んで

提供させていただいております。




ただただのすっきり爽やかな飲み口!!だけでは

そこら辺に溢れている 香料と酸味料だらけの

チューハイと 同じ。

それでは 何の意味もないねん!!


炭酸で割って 柑橘の香りをつければ

どんな焼酎も 不味い筈はないし、

スッキリ爽やかなのは 当たり前!!

グビグビ 呑めちゃう、それも当たり前や!!


本格焼酎なのに

甲乙混和・甲類焼酎の安っぽいチューハイに 寄せていって

何の意味がある?


安易な気持ちで 炭酸割りに逃げたら

本格焼酎の 本来の持ち味である

お湯割りの美味さは 未来永劫 伝わらんぞ!!



『売れれば いいじゃん!』

それも判るけど・・・・・・。

そういうスタイルを一夢庵は しない。

売れることよりも 美味しさを伝えることを

重視しているからです。




本格焼酎の炭酸割り、

いままでの お湯割り・水割り 一辺倒の飲み方とは違い、

『新しい可能性』の一面であることを

否定はしない。

行き過ぎてしまうと 

『本格焼酎ならではの 美味しさ』を

見失うことにも 繋がり兼ねないと

思っちゃったりもする・・・・。



一夢庵のお客様は そんな炭酸割りを飲んだ後に

『同じ銘柄の 水割り ちょうだい。』って オーダーいただけます。

そして 

炭酸割りと 水割りの 味わいの違いを

実感されています。




美味しさが 繋がるって こういう事やと感じます。





スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

同一銘柄 同一炭酸水での 炭酸割り
簡単そうに見えるものほど

奥が深い。

もしくは 奥の深さを感じる。

もしくは 

奥は 深く在って欲しい・・・。



本格焼酎の炭酸割り、

なのだが、、、、、、。


福岡県 朝倉市

ゑびす酒造さんの らんびき7年熟成古酒100% 40度

樽貯蔵の原酒をブレンドしてるので、

琥珀色の焼酎、

それを

サントリーの YAMAZAKIプレミアムソーダーで・・・・・・。



一夢庵でも 同じ 炭酸水で割るのだが、



これが

まったく 味わいが違うのである。



一夢庵の炭酸割りは

樽由来の香りは どちらかというと控えめで、

とにかく7年熟成古酒の円やかさと 

炭酸水との調和を重視した割り方。


そのお店の炭酸割りは

樽の香りと味わいの強いファーストインパクト

円やかさよりも アルコール度数40度の力強さを

感じる出来上がりなのです。



どちらが 良いとか悪いとかではないんです。

同一銘柄 同一炭酸水でも

これほど 明確な違いを 感じる仕上がりになることが、

驚きだったんです。

(おそらく 他の銘柄を使っても 
同じ味わいにはならないであろうと想像できます。)

そのお店の料理は 

カジュアルなフレンチ、

(なぜに フレンチのお店に 本格焼酎が・・??
フレンチに本格焼酎も アリなんです。
一夢庵で 呑んで 美味いと思っていただいて、
そのお店にも こっそり ラインナップされてます。(( ´艸`)))

一夢庵の料理は

あくまで焼酎に合わせた和食。



料理の違いが

その炭酸割りの違いなんです。



具体的に 割り方の手順が

どう違うから こんなにも味わいの差が出るかというのは

科学的な 説明はできませんが、

経験則からくる 説明は何となくつきます。


秘密にしておきましょう。(( ´艸`))))



それとですね~~、

一夢庵で 炭酸割りに 柑橘やハーブ系の香りをつけないのは

本格焼酎それぞれの銘柄単体の味わい、

また 

割り方の違い(手順の違い)による 香りと味わいの違いを

感じていただければ と 強く願うからです。

らんびき7年 炭酸割り



単純なものほど・・・・、奥が・・・・・

そういう風に 感じられる感受性を

維持して 磨くこと、

50年近く生きてきた経験を活かしつつ

コレから先の

人生を 豊かにすることの

一つではないかな~~~って

思いました。




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

新しい銘柄を理解する。
一夢庵の 本格焼酎のラインナップ・・・・。


いつまでも固定しているわけではなく、

新しい商品が出ると

大手ナショナルメーカーさんの 銘柄も

できるだけ 味わいを確かめます。

(さすがに 世の中にある全銘柄とまでは いいきれません。)


今日も

新たに 2種類の焼酎が 一夢庵にやってまいりました。



家内も 私も

白麹だとか 黒麹だとか

酵母に何を使ったとか

蒸留方法 熟成期間 ブレンドなど

製造上のスペックは まったく無視して、

情報は真っ新のまま 味を利くんです。




そのうえで

既存のラインナップとのバランス・・・

『この味わいなら あのお客様は 好きかもしれない。』って

顔が浮かぶか・・・・。



ただただ  美味い不味いだけでは

判断しません。




特に 既存に 何種類かラインナップしている

蔵元さんの 新しい銘柄となると、

これまた 難しいのです。



お客様に 

今間での既存の銘柄との 明確なキャラクターの差が

判っていただける表現ができるか・・・。

この場合の表現っていうのは

水割りお湯割りの表現方法ってことです。



常々言っているように

水割り お湯割りは

水入れるだけ お湯入れるだけとは

違います。

ロックでも 氷を入れるだけではありません。

その焼酎 一つ一つに

水割りのレシピ お湯割りのレシピがあるので、

まず

新しい銘柄に対しての 私と家内の理解度を高めで、

完成度の高いレベルでの

水割りレシピ お湯割りレシピが できるまでは

自分自身の中での評価すら できません。



一夢庵は 酒造りのプロではありません。

焼酎割りのプロであり 焼酎に合う料理作りのプロですからね。




とにかく

2種類とも 1升 飲みます。




もう一つ 大事こと、

開封したばかりの 

最初の一杯と

呑み切る直前の最後の一杯・・・

時間経過に伴う 香りや味わいの変化も

重要なチェックポイントでも あるんです。



とにかく 

焼酎 私が 造ったものでは ありません。

それで お客様に 利益をいただいて売っているのですから、

その責任は・・・・・・・。

言わずもがなです。


クラフト


今日来た 2種類 、、、

一夢庵の料理よりも 

私の友人のカジュアルフレンチ もしくは

正しい日本の洋食屋さんの料理に 合いそうな感じがするな~~~~、

それが  

ファーストインプレッションです。






テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

おかわり率
ちょいと前に

熟成古酒っていう文章で

“おかわり率”のことを書いた、

で、私の感じ方と 家内の感じ方は

違うようですと 結んだ・・・・。





改めて家内に聞いてみると、

『食中酒としての 考え方の強い蔵元さんの銘柄ほど

おかわりが多いように感じる。』

ざっくりこんな話だった。


本格焼酎は

蒸留酒なのに 食中酒として

料理と一緒に 愉しめるのが 特徴の一つです。


(湯割り 水割り 炭酸割りetc
いろんな楽しみ方ができるのも 焼酎の良さです。)


蔵元さんが造られているパンフレットなどに

『食中酒』というキーワードが表現されている銘柄は

造り手が 強く意識して造られているわけですから

当然 『食中酒』の側面が強いのは 当然。



家内が言うのは

そういう蔵元さんの銘柄は

どんなに華やかな香りで 爽やかな味わいでも

芋でも 麦でも 熟成酒だろうと

おかわり率が 高いような傾向を感じると・・・・・。

特に

水割り や お湯割りにしたときに

アルコール度数13・4度 にしたときに

香りの質が 落ち着く華やかさがあり、

それが 料理を邪魔しない香りで、

且つ 割っても 味わいが薄まったわけではなく

つまりは

香りと味わいがバランスがあり そのインパクトを残しつつ 料理に沿う・・・・。


それが 家内の感じる おかわり率の高い銘柄の傾向・・・・。

カウンター2017


確かに

漠然と そんな傾向もあるように

私も感じる。



本格焼酎は 蒸留酒。

そして

日本は 世界の中でも 水のいい国。


水と調和する蒸留酒

しかも 製造過程で 麹・酵母を使っている、

これも 日本の風土そのものと言っても過言ではない。


とにかく

一夢庵は こういう焼酎の楽しみを

すこしづつ 姫路で

広げられるように 精進していきます。









テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

黒糖焼酎 朝日でおなじみ 朝日酒造喜禎さんと呑もう!!ご報告
まず 7月1日

全国的には 壱岐焼酎(長崎県は壱岐の島の 麦焼酎の日)の日

でしたが、

一夢庵だけは

黒糖焼酎 朝日酒造 喜禎さんと 

カウンターで呑もう!!の日

のご報告を。



まさに いつも通りの一夢庵のカウンターに

黒糖焼酎朝日 でおなじみの朝日酒造さん喜禎氏が座って呑んでるって

感じでスタート。


とにかく ざっくり。

まるで 昔からの知り合いのように会話はスイング。


焼酎のことから 奄美諸島 喜界島のことやら、

ほかの黒糖焼酎の話も ありつつ・・・・・。



一夢庵のお客様の 焼酎の飲みっぷり!!


熟成した度数の高い炭酸割りの 美味しさ、

またさらに度数の高い

『陽いずる島の銘酒』の ビンテージ違いの飲み比べ

そして その原料になる自家製黒曜を 味わう。。。。。。


写真は ほんの数枚しか残っておりませんが

とにかく 

純粋に 黒糖焼酎を楽しんでいただけたかと思います。


キープもいただきましたが

当然 朝日酒造 『飛乃流 朝日』でした。。。

朝日酒造 黒糖焼酎


気づけば お開きになったのは 日も変わった1時前でした。( ´艸`)






黒糖焼酎は 

糖化する必要のない黒砂糖を原料にしながら、

米麹jを 使用し

酵母で発酵させた 奄美諸島でしか製造が許されていない

本格焼酎です。

改めて 考えると不思議な酒です。

しかし そのポテンシャルは なかなかイケてるぜ!!!


姫路の地で

ちっぽけな一夢庵ですが、

今後も 黒糖焼酎をじわじわと 広めていくべく

頑張ります。


皆さま 馴染みのない黒糖焼酎かもしれませんが、

味わいと 風味 を 最大限に 活かした

黒糖焼酎をぜひ 一夢庵のカウンターでいかがですか。

朝日酒造 黒糖焼酎01

お客様を見送り

カウンターで 悪だくみをする 私と 

それを聞いて 若干困り顔の喜禎さん・・・(( ´艸`)))





テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ