二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



続 宮崎・大分蔵めぐり
めっきり 過ごしやすい気温の

播州姫路です。


心地好い気温は ぐっすり眠れて

心身ともに ばっちりです。



さてさて

18日の朝 フェリーにて宮崎上陸後の話ですな。


ナビをセッティングして

まず 出向いたのは ・・・・・。



昨年も宮崎に来ていたのですが

夜行バスの時間の都合と 急な雨で 訪れる事が

出来なかった“宮崎神宮“です。

宮崎神宮

私の歩く 両隣りには 御皇族の方々が

植樹された樹木が 力強く茂っています。


神武天皇を 御祭神と されています。

宮崎神宮

宮崎は 古事記に書かれているような神話に

まつわる場所・神社・神宮が

多くあります。

この歳になって そう言う旧跡を

訪ねて歩くことは 大事なことなんじゃないかと

思うようになりました。


今年は 出雲大社が60年に一度の遷宮

お伊勢さんの 伊勢神宮も 20年に一度の遷宮・・・

行きたい気持ちが募ります。


話がそれましたな。



平日の午前中の宮崎神宮は 参拝される方もまばらで

澄み切った空気の中 どことなく 

おごそかな雰囲気に充たされておりました。

結婚式の写真撮りでしょうか・・・・。


宮崎神宮
(お若い方!結婚してからが 大事やぞ 頑張れよ!!って 心の中で 声をかけておりました。)



宮崎神宮の すぐお隣には

宮崎の護国神社が 鎮座しております。


各地を訪れる際 出来るだけ その土地の護国神社には

お参りをさせていただいております。




ただただ 無心に 背筋を伸ばし お参りさせて戴きました。


宮崎護国神社
そう言えば 護国神社の社務所の人が 家内に『新婚旅行ですか?』と・・・・・。
変な笑いで 応えるしかできなかったようです。


そろそろ 蔵元さんとの約束の時間が近づいてきました。

お宮さんを後にして

渡邊酒造さんのある 田野町を目指します。



てげてげ運転って 播州弁で言うと どう言えばいいのかね~~。(笑)
てげてげ運転




つづく
スポンサーサイト
宮崎・大分蔵めぐり。
9月17日からの

宮崎・大分蔵めぐりを ぼちぼち 書こうと思います。



17日の夕刻 大阪は 南港。


宮崎フェリーで 海路をつかう。

行きか帰り どちらかを フェリーに乗ると

身体の疲れが 全然違うし、

風呂もあるし、以外に 夜のバイキングが普通に美味い・・・。

そもそも フェリーの旅が 大好きなので、

少々お高くても 便利。

宮崎フェリー


前日の祭りの疲れもあり、

9時前には 爆睡。
夜の航路


朝目覚めると すでに

日向灘 宮崎港のすぐ手前、

朝風呂にも入って 軽く朝食を食べ、

体調も 万全!

宮崎港の タグボート“淀丸” 小さいけどパワフル!


宮崎港 タグボート

[淀丸をみて なぜか不覚にも 豊丸を思い出してしまった・・・・(笑)]



でも 一つ問題が・・・・。

ポータブルのカーナビが 大阪南港 到着直前に壊れ・・・・

スマホユーザーでもない我々は

宮崎について まず 某オートバックスに直行

ナビなしの旅は しんどいので、

ナビ購入。


いきなり 妙な出費・・・・・トホホ。



こんな感じで 宮崎上陸を果たした。

つづく

おかげさまで 無事に
昨夜(23日の午後11時ごろ)

九州焼酎蔵元巡りの旅から

おかげさまで 無事に帰ってまいりました。



中島天満宮 中野田新調大屋台の入魂式の翌日から

中野田新調大屋台


出かける強行軍でしたが、

実に 有意義で実り多い旅ができました。



この旅は、

『それぞれの人の それぞれの仕事の“魂”の一部を 垣間見た。』

と 言ってももいいと思います。



私も 常々 家内との会話は

仕事のことばかり・・とはいっても

どうやって利益を生むかと言う事よりも

どうやって 一夢庵らしさを 磨いていくかと言う事を重要視しています。

商売である以上 利益は必要ですが、

一夢庵のやり方は“欲のない”やりかただと 自負しています。



奇しくも 今回の旅の中で

『欲がねえな。』と言う言葉を とある方が おっしゃっていました。

まあ 欲が無いというか 強欲を出してはいけない。

まっとうに 仕事に 精進しろ!と

聴こえました。



人と比べて あれこれ優劣をつけるのは

人間の性ですが、

自分の仕事は 自分にしかできないのですから、

必ずしも 人と比べる事が

いい事では ないはず・・・・。

むしろ

それぞれの人が どんな気持ちで どんな心で どんな魂で

それぞれの仕事に取り組んでいるかを

垣間見る・・その刹那・・


改めて 

一夢庵が 進むべき方向性に

一筋の光が 差しこんでくるように感じました。




とにかく 

自分の好きな道(仕事)を 自分なりに 磨き上げること。


これしか ないっすな!


大分 田園風景


お店は 25日から営業いたします。