二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵 奇譚
お盆を過ぎて

少し涼しくなるかと思いきや・・・・・・。


なかなか 暑い!



さあ そんな暑い日に、

ちょいと ムムムな話。。。




そう あれは もう2年前だったか、3年前だったか、

いつもなら 定休日の日曜の昼間に

行くはずの水くみ。。

(一夢庵は 宍粟市の山奥の湧水を 一度煮沸してから 
使っております。)

その日曜は 昼間から どうしても行かなければならない用事。。

仕方なく

土曜の営業を終えてから 深夜 1時過ぎから

タンクを積んで 水汲みに行くことにした・・・・

睡魔に襲われた時のために 運転を交代できるように

家内も一緒に 深夜水汲みドライブだ。


過去にも 何度か 深夜水汲みは 経験している、

交通量の少ない深夜は

日中に出かけるよりも かなりの時間短縮になる。



その日も 姫路バイパスから 29号線を北上、

宍粟の山奥、

水汲み場まで あと数キロのところまで

順調なドライブだった・・・・・。


あと数キロ・・・・・・、

その地点は 集落を抜け、

杉林の一本道 片側一車線、

見下ろせば 右手に 川が流れている

谷に沿った道。


明かりは 車のヘッドライト オンリー

生い茂る木々の枝で 星空も見えない。


まさに その刹那。


自分たちの通っている道とは 反対側の斜面

そこは 真っ暗な雑木林。。。。


その雑木林から

こちらを じっと 睨む 強烈な視線を感じた。

ものすごい悪意というか 

とにかく 強烈な人間以外の邪な視線だったんです。


助手席の家内に

『なあ ちょっと 右から・・・・』と

言いかけたら

『黙っとって!!!』と 強い口調。



沈黙・・・・・・・・。



このまま 水汲み場でも

この視線を感じたままなら

とてもじゃないけど

車から降りられない・・・・・・。

水汲みは 断念しようと思った。


幸い 水汲み場に到着すると

その悪意を伴った視線は 感じなかったので、

大急ぎで 水汲み!!!


帰りも その場所を通らなければならない・・・・・・。


なるだけ 気にしないようにするしか 手段がない。。


その場所に差し掛かると、

確かに 視線は 感じるが

行きほど 強烈な悪意は 感じなかった。





その後

集落の幅の広い道になり、

国道にでてから

やっと家内が口を開いた。


『確実に あの時 あそこは 人間じゃないナニカが

こっちを見てた。姿は 見えなかったけど、

今までで一番怖かった・・・。』


まったく 私の感覚と同じだった。




その後 何も 変なことも起こらなかったし、

何度も 同じ水汲み場に

行ったけど

悪意に満ちた視線を感じたのは

あの時だけだ・・・・・


深夜の山には 何かしら人外の存在が あるんでしょうか?

今 この話を 書きながら 鳥肌が立ちます。

人間にしろ 人間以外のナニカにしr

悪意を込めた視線ていうのは

勘弁してほしい。







スポンサーサイト
写真
『自撮り』

そういう言葉は もう 

今更っていうくらい 当たり前に使われている言葉です。


携帯 スマホの普及とともに

一気に広がりましたね~~。



私も 家内も

写真は撮るけど

自撮りは ほとんどとしない。


自分の目に映っている

景色や風景を 伝えようと思って

シャッターを切るので、

その中に 自分が写っている必要を 

まったく感じないからだ。



家内が 撮る私が写っている写真、

実は いつシャッターを切られたのか

私は まったく知らない。



家内曰く 

私の姿込々で 目に映る景色と風景・・・・。

私も 景色の一部だということらしい。

鹿児島 天文館の夜

こんな風に ピントがズレていても

家内が伝えたい景色、

写したいと思った本質的なモノは

写っているわけです。

よっちゃん

『はい、チーズ。』では 絶対 撮れない写真。

静止画なのに 動きを感じる・・・・・。

こういうのが 家内の表現したいモノのようだ。




おかげさまで

平成29年 7月27日

おかげさまで 一夢庵は 15周年を迎えることができました。

過ぎてしまえば 通過点の一つであるわけですが、

これからも 1日 1日 積み重ねて・・・・・。


皆さんの眼に 

一夢庵がどう写っているかは 

(ひょっとして 写ってないかもしれませんが・・・)

判りませんが、

これからも 皆様の景色と風景の中に

ひっそりと 写り続ける一夢庵を

磨き続けたいと思っております。






土用の丑の日


今の世の中 

多少どぎつい表現で 物事を述べると

本質が見えない人 もしくは 本質を見ようとしない人が

言葉尻だけを 持ち出して 言い掛かりをつけられたりもするが、

どのような表現であれ 

まずは自分の意見をしっかり言うことは

間違ってはいない。





土用の丑の日

本来 初冬が旬の天然ウナギ・・・。


江戸時代に 平賀源内が ウナギ屋さんからの

依頼を受けて 繰り出したキャンペーンっていう話も・・・・・。

江戸時代は 当然 天然モノオンリ^。

その後 養殖技術が確立。。。。

(実験室レベルでは 完全養殖も報告されてますが、
まだまだ 実用というレベルにはならないようですね。)



養殖は 天然モノとは違う。

確かに この時期の出荷に合わせて肥育すれば問題ないでしょうね、

でも それって 旬のない魚・・・・

養殖魚全てを否定はしませんが、

ウナギの養殖に関しては

若干の疑問を感じます。



養殖をするために 天然のシラスウナギを

捕まえないといけません。

その不透明なシラスウナギ漁・・・。

(シラスウナギは透明なんだけどね。)


価格と漁獲量、とにかく全体像が見えにくい・・・。


ある年は シラスウナギの不漁、当然価格は うなぎ登り!!

キロ300万ってこともある、安くなっても 

キロ80万。ちなみに 単位は 円ですよ。

しかも 密漁も 横行していると

報じるニュースも・・・・・。



養鰻業者さんも

出先のはっきりしないシラスウナギを

買うんだろうか 買わないんだろうか???


結果 天然物が激減。




僕は 以前 勤めていた会社で 

この時期 鰻の出荷を 手伝ったこともある、

美味しいのは 判っている。

でも 僕は 鰻は食べない。


ちなみに 私の短い会社員生活を送った

とある会社・・・・。

その会社のウナギ部門・・・

産地偽装発覚! 逮捕者が・・・・。


もうここまでにしておきます。




土用の丑の日

鰻を食べること自体は 否定しません。



商品化されて 蒲焼や白焼きになり

売れ残るくらいなら 食べないと、

勿体ない。

僕が食べないだけですから。(( ´艸`))))



そんなことを思った土用の丑の日でした。



厳しい環境
甘やかされ、 違法行為だった過去も

なんとなく マスコミに スル~されている政党党首と その政党



言い掛かりに近い言葉で

一言一句 時系列無視しても 攻められている政党党首と

その政党 その政権。

ある意味 どちらも 自分で蒔いた種であるわけですがね。

(蒔いた種は 自分で 刈り取りましょう)

厳しくする側も 甘やかす側も

政治の話の場合は 国益っていう観点を忘れてほしくないし、

今の政権も 前回の選挙の結果で あることを覚えていてほしい。

それに何より 公平性を欠き

どちらか一方に肩入れしすぎたのでは 自分自身の価値を

ご自身で 貶めていることを 自覚してほしい。




世の中には いろんなスタイルがあり

いろんな考え方が ある。

どちらを支持するかは

個人個人の思考と考え方。



ここで僕の考え方を述べようと

述べまいと どっちでもいい。




厳しくされるとの

甘やかされるのは

結果 どちらが 強く成長すると思いますか?


僕は 自分自身 

厳しい生存競争が 

あるほうを望みます。

たとえ 一夢庵が 行き倒れて 野垂れ死のうと

僕個人は どんな形でも

お天道様に恥じることなく

生き抜いてやる覚悟はできています。




厳しい環境に身を置くことで

考え 成長し

結果 生き残る確率が 高くなるとも 言えるのではないでしょうか?

まあ 確立のとおりに 渡っていけるほど 世の中は 甘くないですけどもね。



甘え・甘やかされる時も 必要でしょうけど、

基本 

厳しい環境こそ 成長につながると思っています。



ましてや

一夢庵の場合

誰に言われたわけでもなく

自分自身で 暖簾を上げ・看板上げてるんですからね~。

(一夢庵に 看板は ないですけど・・・・・(( ´艸`))))




さあ  早生の枝豆

”ゆあがり娘” 今日も枝付きだ!!

きれいに掃除して

素敵に 湯上りしてもらおう・・・・。(( ´艸`))))





バランス
焼酎の専門店として

おかげさまで やり続けさせていただいている。


自分自身の焼酎に対する情熱、

ただそれだけ なのかもしれないが、

本格焼酎を知るために

清酒やワインも 少しは  嗜んだほうがいい。


本格焼酎しか 呑まないっていうのでは

近視的になってしまい、

本格焼酎の良さも 気づかない場合があると考える。



片一方に 熱い情熱があるなら、

もう 片一方には 

クールな情熱も 必要なんだ、

じゃないと バランスを失う。


これは 一夢庵の商売上のことだけでなく、

私自身の人生にも 共通事項だ。



主体性と 客観性。

どっちが 大事とかそんなことではなく、

お互いのバランスが 重要。



こんなことは 

私よりも ずっとお若い方のほうが、

心得ているように感じる。

(医学的にも 40歳を過ぎると
三半規管の衰えもあり 
実際に バランス感覚に変調をもたらすらしい。
僕の場合 若いころ全然大丈夫だった 観覧車や 吊橋が
苦手になってきた・・・・( ´艸`)



50歳近くなって

こういう感覚が 判らず、

バランス感覚の未熟、 

もともと バランス感覚を 持ち合わせていない、

もしくは 

バランス感覚を失ってしまっているようでは

話にならない。





熱い情熱と クールな情熱、

両方を持ち合わせることの様に

感じる。


それが 長く続けていける コツの一つじゃないだろうか?

ボチボチと 続けていこう。

店先の抜け殻

今年も 店先で 蝉が羽化したようだ・・・・・・


蝉は 劇的に変化するが、

劇的な変化のできる人と

できない人がいる・・・・。

僕は 劇的な変化は どっちかというと 苦手かな?(( ´艸`))))