FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



隙間
『一夢庵の料理は

清酒好きの私でも

清酒よりも

焼酎を呑みたくなる料理だ。

余計なことをせず、

力んだ感じもなく、

絶妙な‟隙間”を感じる料理で、

その‟隙間”に 本格焼酎が ぴったりはまる。。』


とある お客様が 

カウンターで おっしゃってくれた言葉です。


自分自身で 自分の料理は

どんなに 客観的に考えても

簡潔に 言葉にするのは難しくて、、。




『隙間感のある料理』


料理だけで 完結しない、

本格焼酎ありきの料理・・・、

すじこん2020


やっと自分の料理を

シンプルに表現した言葉が

見つかりました。。。



ありがとうございます。。


スポンサーサイト



テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

リスクはゼロにはならんけど、、、
姫路市は

今の所 普通に 

暖簾をあげても 構わない事になっています。。


神戸 尼崎 西宮 芦屋は

時短営業の要請がでています。。。。





昨年 緊急事態宣言が出て、

一夢庵も 4月は 暖簾をほとんどあげませんでしたが・・・。



文句言うつもりはないんです、、

ただ・・・、


20時以降 21時以降なんて

ウイルスにとって見たら

何の区切りにもなりませんやん。。


昼間なら 問題ないのか?


アホな僕にも 分かるように 

根拠を説明していただきたいんです。



一夢庵では

冬になると オープン以来、

ストーブを出し、

鍋をかけて 湿度を ガンガンに上げます、

エアコンも 併用して 乾燥を防ぎ、

のどや鼻に負担をかけない‟空間”を

作っています。

季節性の風邪やインフルエンザを防ぐにも

経験上

“気温”と“湿度”は 重要な要素のはず。。


眼鏡をかけてご来店いただくと、

一瞬で真っ白に曇る湿度と

上着を脱いでも 寒さを感じない気温。。。

それは 

心地よい環境でもあります。。。


おしぼりも 

殺菌作用の強い強酸性水に浸し、

手荒れや 肌荒れに 負担の無い様に

しております。

カウンターや 椅子も

強アルカリ性水で 拭いて さらに強酸性水で葺き、、

アルコールのスプレーも 常備しております。




何ごとにおいても ゼロリスクなんてありえません。。

リスクを減らすことは可能です。




不安を煽るかのような

報道も、何の対策も打ち出さない野党の姿勢も

いい加減 いかがなものでしょう。。



Go toをやめろ~~~と

騒ぎ立て、

止めれば 止めたで・・・・、


これ以上 書いても 馬の耳に念仏です。。。





とにかく 

一夢庵は 私の責任で

出来る限りの対策は しております。。


この状況ですし、

皆さん それぞれに お考えもあるでしょうから、

是非 御来店くださいとは 言えませんがね。(笑))



私と家内の出来ることに 

集中して 

暖簾を 上げてま~~~す。。


ありがとう。。








テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ええあんばい
『嫌いじゃない!』

それは 

『好き!』と言ってるわけでもない。。。


言い方のニュアンスで 

意味合いも微妙には変わってくるでしょうけどね。




日々の営業で 思うのは、

当たり前のことを 力まずに

穏やかな心構えで、お客様に楽しんでいただくことが

凄い大事だと感じることが 多々ある。


素材の仕入れから

仕込み、

掃除は勿論、

雰囲気も もちろん、

調理から 盛り付け、

会話も

お会計頂き、お帰りまで、

全ての局面で

間違いがあっては アカンのです、。。


かといって完璧は 求めていません、

完璧を 求めすぎることが

‟間違い”の原因になってしまったり、

お客さまへの‟おしつけ”になってしまったり・・

経験上、学んできました。


何ごとでも

‟ええあんばい”が あるはず、

しかも 

その‟ええあんばい”にすら

正解がない…って思うんです。



だから

今までやってきたことが まちがいじゃなくても、、

それは 正解 という訳でもない、

私はそう解釈してますねん。



ただこれだけは言える、

居酒屋稼業は おもろい、、

それに尽きますな~~。。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

誰かの おかげで、、2
世間では

新型コロナウイルスの影響で、

特に 飲食店は

大変だと ニュースになってます。。


大変なのは 飲食店だけでないことは明らかなんですけどね。



先日

ふと頭をよぎったことなのですが、

‟今までやってきたことが 常に問われていて、

その結果が 出ている時間が

ずっと繰り返されているだけだ。

コロナじゃなんじゃと 言われてるけど、

過去に リーマンショックや

事故米騒動、

私は 何もしてなくても

世間の いろんな影響を受け続けているわけで、、、。

その中で

如何に お店の舵取りをするかという事が

行動と結果の連続で 評価されている。。。”



今日は とてもゆっくりの営業でしたが、

お客さまとはゆっくり会話を楽しみ、

料理と本格焼酎を じっくりと楽しんでいただけました。

ゆっくりの日に来られるお客様は

ゆっくりな一夢庵が好きなお客様なのも 必然。


商売である以上 売り上げは大事ですが、

一夢庵は 売り上げだけの為に

暖簾をあげていません。

売上と同等、時には もっと大事な事が

店の経営には あるような気がしてなりません。



不思議な事ですけど、

ゆっくり営業の好きなお客様は

なぜかまた ゆっくりな日に 来ていただける、、

これもまた自然と必然になっていくんですよね。


そして 繁盛店ではない一夢庵の ゆっくり営業日に

大事な何かを 残していただき、

それを糧に 私と家内は

暖簾を上げ続け、守っていく 気持ちを新たにするんですよね~~。


考えてみれば

超がつくほど ディフェンシブな経営かもしれません。。。

でも 

それが 私と家内の性分に 合っているんです。。(笑))


それでいて

休む時は

超がつくほど オフェンシブな時間とお金の使い方をして、

毎年のように九州の蔵元さんを訪れ、

時に 大都会東京の焼酎イベントにも

足を運び、、

見聞を広め、硬くなった頭に 刺激を入れ、

また 姫路の片隅で

ひっそりと 暖簾をあげる。。。


そんなスタイルが

一夢庵流なのです。。

お陰様で 今では

自信をもって 胸を張って

言えるように なりました。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

誰かのおかげで
店の営業を終え

暖簾を下げてから

遅い賄いを食べます。


飯を食いながら、、、

YouTubeを見ていると、、、

いろんな飲食店さんが、

動画をあげておられたりするのを

見かけます。。。

特に 今 この状況、、

撤退 縮小の話も 聞こえます。


自分自身を 振り返って、

2002年に オープンしてから、今までを

家内と ぼそぼそと会話することも しばしば、、、。。


『身の丈に合わせて、やるべきことをやって 
後は 運やな~~~。』

『色々と やってみることも 大事やけど、
やり過ぎてしまうのも アカンやろな~~、
まあ 我々は 腰が重いから やり過ぎることはなかったな~~。』

『生き残るか 絶えるか、 何が正解で 何が間違いか、、
考えても 判らん、、、。。』

『我々の場合、目の前の事と 漠然とした自分の理想の両方を
ぼんやり見つめるくらいの感覚で ええんかな~~。。』


などと

答えを出そうとしない、ぼんやりとした会話ですわ~~。



YouTubeの中では

こうするべきだ! これはしちゃだめ!

などと 断言するかのような論調が

多く見られますが、

一夢庵は 

人様に対して言えることは 

ほんの少しだけ。。

『自分が思うよりも 自分の守備範囲は狭いから、
じっくり腰据えて しいや~、結果を焦って出さんでもええで~~。』

ぐらいですかね。。(笑))


今日も 愛媛県から スマガツオ入ってまっせ~~~。。。

この魚は ホンマに美味い魚や。。

水揚げ後の処理も 完璧、、。。

スマガツオ炙り

後は 調理をちゃんとせなアカンね。。(笑))

片面を炙った スマガツオのお造り、、

本格焼酎との親和性が、めちゃめちゃ高いですわ~~~。






テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記