fc2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



料理
安価な調味料は

粗材の良さを 損なう。


いきなり こういうと何やこれ。と

思われるでしょう。



アサリの酒蒸し、という料理があります。


ここ数週間で 

違うお店で それぞれのアサリの酒蒸しをいただきました・・・。


なぜ そんな安い紙パックの酒を使うのか?

結果 必要のない調味料を足す事になる。



アサリは それだけで旨味が溢れる

この時期のナイスな素材、

だから 一夢庵は シンプルに勝負する、


アサリ 地元の野菜 そして 酒だけ。

酒も 今使っているのは 富久錦の純米酒、

最後に 黒七味を パラッと少し、

これだけで抜群に美味い。

汁まで美味い、何なら知るだけで

2杯ぐらい呑める。



糖分を含まない 本格焼酎、

それに アサリ 野菜、

アサリの旨味が絶妙の汁、、、

抜群の親和性だよ。


料理という漢字は

はかりととのえる という意味がある。


ととのわなければ 料理にならないし、

そこに 愛がなければ 料理ではなく 餌になる。





スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

受け止める
シッカリと物事を理解できる、できない、

自分の都合でしか物事を判断できる、できないって言うのは

年齢ではない。


若くても 若いなりに 理解しようと 

頭を働かすことのできる人。

ええ歳こいても まったく理性と知性が働かず

感情的にしか 行動・発言できない人。


それは どこでどう違いが出るのか

分からんけど、

自分が 人のせいにせず 

結果を 受け止めてきたか 逃げてきたかの差だろう。



今いる場所に不満があろうと、

今そこにいる以上 そこでベストを尽くすしかない。

結果はベストではないかもしれないが

ベストを尽くしたという経験は 

絶対 活きてくる。



22年間 一夢庵を 切り盛りした経験は

残りの私の人生に 

間違いなく生きてくると思う、

言い換えれば

活かせるように 生きていく努力をしていかないと

意味がない。


辛いことは ベストを尽くしていても

必ず 向こうからやって来る。


辛い時に どう乗り切るかは

過去の経験を 活かす最高の場面だ。



グーグルの書き込みを見て

来て下さったのは 23歳の4人組、

本当に ありがとう。

55歳のおじさんは 君たちの笑顔に 救われたよ。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

少数派の意見
表面単価で

物事・サービスを 秤にかける人は

少なからず いらっしゃる。


別に そういう考え方を否定はしない。


人の考え方を とやかく言うのは

自分の考えの押し付けになるだけ。



一夢庵を 他の飲食店を

表面単価だけで 判断されることも

別に何とも思わない。

『あっ、あのお客様は そういうお考えで
そういう書き込みするようなタイプの人なんだ~。
貴重なご意見ありがとう。』

と思うだけだ。

その書き込みを見て 一夢庵に行く事を辞める人が

いるであろうことも

容易に想像つくけど それでいい。



人様の書き込みを見て 

自分の行動を 決める人と

一夢庵は 過去の経験上

合わない場合がほとんどだからです。



ユニクロのTシャツと

シャネルのTシャツ、

どちらも同じTシャツだけど、

その価格は ・・・・・、

品質とブランド・価格は 

結局 その人が納得するかしないか

だとも思う。


少数派の意見は尊重いたしますが、

今まで 歩んできた道のりの延長線で

これからも 精進していきます。



とある人の言葉です、

『安全運転していても もらい事故にあう事はある。』

なるほどな~~、と 納得でした。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

簡単な事
『焼酎の水割り、初めて美味しいと思いました。』

先日来られた

20代のお客様の言葉です。


飲食店も 蔵元さんも

酒屋さんも 目新しい“何か”を 探すのではなく、

基本中の基本『水割り』を

美味しく提供する事を

大事だという根本を忘れてないでしょうか?


水で割る、、、、、

シンプルな事、だから

簡単ですけど

奥は深い。


水で薄めるだけなら

誰でも 何も考えなくても

出来ます。


お客様に 美味しいと思ってもらうのは

簡単でしょうか?


昨日、水汲みに行ってきました、

往復130キロ

姫路からだと 直線距離なら 東へ行けば 京都を超えます、

西へ行けば 倉敷よりも西。

こんなに時間かけて 水を汲みに行き続ける事22年、

賢い奴が することではないような気がしますが、

まあ その水で 料理も焼酎も

美味しく表現できるなら 簡単な事です。



前獲れのミミイカ 可愛いイカちゃん、

煮付けています。

ツメタ貝も あっさりと炊きました、

どれも 焼酎には ばっちりです。。。。


テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

突き出し
いままで 一夢庵では

『お突き出しいりません。』と

申し出は 一回もないです、

ですので わざわざ言うのも 

おかしいですが、

一夢庵のお突き出しに ついての考えを

記しておこうかと思います。



確かに 

お突き出しは ご来店のお客さま 全てに

お出ししていますが、

同時に おしぼり(今はもう珍しくなってきた布のおしぼり)

お箸、も 当然お出ししています。

お箸を落とされても 当然 もう一膳お出ししますし、

おしぼりも 使いたいだけ使っていただいてます。

トイレにも 同じおしぼりを置いていますし、

そもそもとして トイレ使用料などありません、

どれだけ ウォッシュレットしようと 

どれだけ トイレットペーパー使おうと

ご自由にお使いいただいております。


まあ ほとんどのお店がそうでしょうけどね~。


その分を サービス料などの名目で

いただく方が 

お突き出しを出すよりも

コストと手間がかかりませんが、

一夢庵は

お突き出しをお出しして

相応 料金をいただくことで

サービス料などは頂かない事にしています。


ヤフーの記事で 

法的には お突き出しを断れるとはありましたが、

代わりに おしぼり料金 お箸代

トイレ使用料を いただけるかどうかは

記述はありませんでした。


もし 今後 

『お突き出し 要りません。』と

言われる方がいた時は

上記の代金を いただいても 

いいような気がします。。。


一夢庵のお突き出しは

出来合いのインスタントなモノを

お出ししたことはありません、

かなり リーズナブルな値段に設定しております。

時に お突き出しのおかわりを 

言われることもあります、、、、(汗)


納得頂けるかどうかは

お客様次第ですが、

みなさま どうお考えでしょうかね。


今日のお突き出しは

バイガイ煮にするか

ミミイカ煮にするか

それとも 大根と手羽煮にするか、、、

いずれか一品にしますね。






テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記