FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



今日の 水汲み場・・

イメージ 1

今日は おいらの店は お休み、いつもの“水汲み”に 行ってきた。

雪は 道端に 残っているけど 道路には 全然ない。

気温も ことのほか 寒くなかった。

おいら以外の人も 少なく すぐに 汲み終わったけど、

しばらくの間 ボケーとして 景色を眺めたり して、

過ごした。 

おいらは このボケーとする時間が 好きだ。

頭の中を 空っぽにして・・

人に見られれたら この人は何しょってんかいな と 思われるでしょう。

それくらい ボケーとする。

それが おいらの きわめて個人的な リラックスの時間だ。


日が変わって 牡蠣祭り

イメージ 1

おいらの店の 営業も 無事 おわった。

今日も おかげさまで いい感じの 営業で なによりでございます。

外は みぞれ交じりの 雨が 降ってます。

明日は おいらのお店は 定休日!

掃除と 水汲み!

ところで 今日は 坂越の牡蠣祭り 会場が 例年とは

違い 赤穂の 海浜公園らしい。

あいにくの天候になりそうで お世話になってる牡蠣屋さんも

気をもんでるんじゃないでしょうか?

仕入れで 昨日 坂越に 行ってきました、

あわただしく 牡蠣祭りの準備を している

そんな 風景を 撮って来ました。

牡蠣屋のおじさん大活躍 そんな 男の現場ですわ。



しまった! 画像の右下に おいらの指が 入ってしまった。


2月3日は 坂越の牡蠣祭り  その準備・・

イメージ 1

今日も またまた 赤穂市の坂越に 牡蠣を仕入れに行ってきた。

牡蠣祭の準備で みんな バタバタで、

忙しそうだ。

例年は 坂越の漁港で 行われるが、あまりの人出 と

駐車場なんかの都合で 

今年は 赤穂の海浜公園で 行われるらしい。

おいらは 何年か前 牡蠣祭りの最中に 仕入れに行って

えらい目にあったことが ある。


もし 牡蠣祭りに 行こうと 思っている方

時間は早めに 安全運転で 行ってきてください。

坂越の牡蠣は 旨いでっせ。


遠方より ありがとうございます。

今日 以前 姫路に 長期出張で いらしゃったお客様が

およそ 一年ぶりに 顔を見せに 来て下さった。

その方は おいらの店の ホームページと このブログの

“マニア”で 一日に何度も 見ていただいている様で

色々と マニアならではの 事を 話してくださる。

「今日は 昼の更新が 遅かった」とか

「あの日のお品書きの 字は いまいちだ。」とか

とにかく 書いた本人が 忘れていることを 覚えている。

おいら的には とても 嬉しいことだ。



当然 今書いている この文章も 

「ちゃんと 俺のこと 書いてよ」

と 言う 半分脅迫にも似た 感じで おっしゃるので・・・




ちゃんと 書いてますよ。○水さん!!

また ご家族一緒に 来てくださいね。 

今日は本当に ありがとうございました。


こやつ このビジュアルで・・


前獲れの “赤なまこ”

こいつも かなりのビジュアルですな。

切り刻んで(薄くスライスして) おいらの作った 土佐酢 と いっしょに 

食していただこう。

好き嫌いは 激しいけれど 好きな方には

たまらん 酒のあて なのだ。


シンクの中の・・・

イメージ 1

いつも 牡蠣を仕入れている 坂越から

“タコ”を仕入れた、寒くなって 海水の温度が 下がってくると

タコも 活発に動かないらしく ここのところ 採れないらしい。

でも 無理を 言って 採ってきて頂いた。

こいつは 旨いぞ。

この後 すぐ 塩でもんで お湯の 中へ 直行!!

薄造り も 旨いけど しゃぶしゃぶ が 

これまた 焼酎のお湯割りなんぞ 呑みながら・・

あーおいらも喰いたい。


居酒屋店主としての 心構え。

近頃 農薬入りであるとか 偽装とか おいらの 想定外の

事件・事故が ある。

そりゃ 何事も 裏事情って言うものは あると思うけど

他人を 傷つけたり するのは 正直、如何なもんだろうか?

おいらは いま 居酒屋で 生計を 立てているんで

とりわけ 食べ物に関して こんな事件・事故の 話を 聞くと

悲しく思う。

そこまでして 利益を 得たいんだろうか?

そこまでして 会社を 大きくしたいんだろうか?

そこまでして 自分自身に対して 恥ずかしくないのか?

おいらも 正直 とてもほめられた人生を 送ってきた訳では

ないので 人様に えらそうに言える立場にない。

だからこそ 自分自身で 襟を正して これからの生活を

楽しく 有意義に 送って生きたいだけだ。

だって お客さまから お金を頂いて おいらの作った

料理を 食べていただくんだから

それ以上に おいらにとって 嬉しいことは

ない!



今日も 何事もなく 営業時間は 終りました。

あしたも この調子で 自分らしく ボチボチ やっていこう。