FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日曜日 その2
なでしこ2部 ASハリマアルビオンの観戦後、

神戸は 灘駅ちかく

“たまいち”さんで すずらん吉田商店さん主催の

『第13回蔵元さんとじっくり呑む会』に

むかいました。。。


奄美大島から

黒糖焼酎を造る 山田酒造の 山田氏。

熊本は人吉で 米焼酎・麦焼酎を 造る 寿福酒造さんの 吉松氏。

鹿児島で 芋焼酎をメインに ウイスキー・ジンも造る 小正醸造の中村氏。

の3名。。。

お3人とも 久しぶりの再会でした。


新しい銘柄も お目見えしておりますし、

本格焼酎を使ったジン などなど、、

新しく知っておかなければならない銘柄が 

たくさん世に出てきています。

店に ラインナップするかしないかは定かではありませんが、

一夢庵としては 味わって、

知っておかなければ なりません。


本格焼酎をベースのジンも

確実に 新しい発見にきづきました。

麹・酵母で造られた蒸留酒は

製造後の熟成は

西洋の蒸留酒の熟成とは 確実に違いますね。

(まあ この話の続きは また・・)



蔵元さんとじっくりの会 長雲
酔っぱらいは 写真撮ってんのに じっとしてません。。。何枚か撮りましたが全部ピントが・・・。

蔵元さんとじっくりの会 武者返し

吉松氏は 見る度に 筋肉がデカくなっております。。。。

すまん、中村氏とは 写真撮るの忘れてた。。。悪気はないですよ。。。



本格焼酎は 

日々 思考錯誤しながら

麹・酵母で造られる蒸留酒の 新しい一面を

実際に商品化されています。

言い換えれば 

本格焼酎を扱うのは ずーーーーっと勉強し続けないと

いけない酒類です。

昔ながらの造り方の商品も 今までと同じではないですし、

新商品も 知っておかなかないとね~~。


吉田さん 吉松氏、山田氏・中村氏、、

そして 料理を作っていただいた “たまいち”のみなさま

ありがとうございました。


いい勉強になりました。。。


さあ 11月1日は

”本格焼酎の日”です。

一夢庵は 年がら年中 本格焼酎の日ですが…(笑))




一夢庵 11月1日から

宮崎へ 蔵元巡りの旅と

昨年も 愉しませていただいた 

『焼酎ノンジョルノ宮崎2018』に 出かけてまいします。。

しばらくお店はお休みします。









スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

日曜日 その1
10月最後の日曜日、、、

女子サッカーなでしこ2部第18節

ASハリマアルビオンの 

今シーズン最後の試合を 応援に

ウィンクスタジアムに でかけました。。。


限りなく薄い他力だが、、

2位の可能性も・・・・・・。


対するは オルカ鴨川FC。

17節を終わって 勝ち点が同じ!!


ここは是非とも・・・・が、、

結果 0対1の敗戦。


リーグ戦 最終結果は

7勝4分け7敗 勝ち点25 5位でした。


葛馬史奈選手
葛馬選手の ドリブルは 軟らかい独特のタッチ。。だけど疾い。



今シーズンは 

祭の日以外の ウィンクスタジアムの試合はすべて観戦。。

三木でのホーム試合も・・・。

挙句には

静岡まで アウェイの試合まで 観戦に行きました。


須永愛海選手
ボニータ戦の2得点!ちゃんと見たで~~。前線へのフィード、スピードのあるオーバーラップは素敵です。




お世辞にも 人気があるとは言えませんが、

なでしこリーグ、面白いんですよね。

今シーズン リーグ戦・カップ戦、

なでしこ2部の試合12試合・・・・、観戦!

来シーズンも 愉しませていただきます。。


吉武愛美選手
中盤からの攻撃の起点 守備は とても魅力的です。



来年の

ASハリマアルビオンファンクラブも 入会したもんね~~。

リーグ最終戦 負けて後でしたが、

選手のサインも もらっちゃった。

内田美鈴選手
スピードのある飛び出しは 魅力。。豊富な運動量はびっくり。






テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

いきなり 藤居醸造!!
先日

何の連絡もなく 

大分は豊後大野市千歳から

麦焼酎 特蒸泰明でおなじみの

藤居醸造の藤居さんが、、、

御来店。

藤居さん 急にご来店
(プライベート保護の為 モザイク、、、)

たまたま居合わせたお客様と、

ワイワイと楽しく 談笑。


そして みんなに一杯ずつ

特蒸泰明を 奢って

颯爽とお帰り、、、、、。



どうもこの日は 大阪に宿をとっていたにもかかわらず、

姫路、一夢庵まで ふらりと

呑みに来てくれました。。。


呑むと眠くなる藤居さん、

寝過ごし防止も兼ねて、

大阪止まりの 新幹線でお帰りです。(笑)))



わざわざ 姫路まで 遠路、、

ありがとうございました。

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

22日 お休みします。
10月22日

一夢庵 お休みします。

明日から 通常営業です。。。。


岩手は宮古からの イクラ!!

バッチリ仕上げてお出しいたします。。。

お楽しみに。
短い秋
今年は

金木犀の時期が 飾磨の祭とほぼ一緒だった。


店先の 秋明菊。

秋に咲く花は どことなく慎みがあり、

咲き誇るわけでもなく、

しっとりとしているように感じる。


秋明菊


花を愛でる。。。


こうやって 入力変換して、

ふと思う。。。


めでる って 愛でる  って書くのか、、、

知っていたはずなのに、、忘れてた。



昨夜も 就寝の前、

家内と 焼酎談義。



福岡の朝倉市、ゑびす酒造さんの2銘柄を

交互に ゆるゆると グラスを傾ける。。。

一夢庵の看板を とりあえずは 横に置き、

一人の呑み手として 風呂上がりの焼酎を愉しむ。。。



『奇をてらわず、それでいて今までの商品とは

明確な違いがあり、作り手の姿勢がブレずに

間違いのない雰囲気がある焼酎が好きだ。』

などと

答えない問答がくりかえされる。。。。

そもそも 嗜好品に 明確な答えを 呑み手として

見つける必要はない。

純粋に 味わいを愉しみ その心地よい酔いに

身を委ねれば 幸せな気がする。

そういう点で 本格焼酎は

優れた酒だ、、、難しく考えず、

身体の調子に合わせ、水で割ったりお湯で割ったり・・・・。




風呂上がり寝る前に飲む酒は

秋に咲く花のように

飲み散らかすこともなく、

慎みやかに しっとり酔うのが

いい。

焼酎を愛でる、、、そんな感じでいい。




秋明菊の 花の横に

ショウリョウバッタ。
バッタ

余談だが

ショウリョウバッタは 漢字で書くと

精霊蝗虫・・・・・。

なんだか いきなり 妖怪と言うか 物の怪のような

感じになっちゃうね~~~。








テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

10日から
10日 水曜日から

通常営業いたします。
続・本格焼酎を割るという事 3
続 本格焼酎を割るという事 1


続 本格焼酎を割るという事 2

だけでなく 今まで

何度となく 本格焼酎について私なりに書き続けてきた。


あくまで私なりの考えで、

他にもいろいろな角度から、

本格焼酎についての考えはあるから

固執しているわけではないのよ。

考え方の一つとして 

この場を借りて、

おっさんが述べているだけで

こうじゃなきゃいけない!なんてつもりは

毛頭ないからね。



では、続けます。。

今まで 私は

『できれば アルコール度素25度の商品ではなく、

もっと度数の高い原酒を 商品化してほしい。』と

多くの蔵元さんに お伝えしてきたし、

これからも お伝えしていこうと思っています。


『割る』のなら

度数が低くても さしさわりはないじゃないかと

思われるかもしれませんが、

度数の高い焼酎のほうが

“幅”が広がるんですよね。(当たり前ですね。)


吟味してラインナップしている

一夢庵の焼酎の中には

同じ銘柄でも

25度の商品と

35度・40度の原酒の商品があります。



それぞれを 同じ13度の水割り・お湯割りにつくり

お客様の評価をうかがうと、、、

ほとんどの方が 35度・40度の原酒からつくった方を

高く評価されるんです。。。

(あくまで 一夢庵流の割り方でつくった場合です。。)


なぜか?


25度の商品と 35度・40度の商品は

同じ銘柄でも 微妙に 製造の過程が違う場合がある商品も

ありますし、

25度の商品の場合、

かなりの時間差での“2段階割り”になるって事が

影響してるんかな~~?とか

割り水に使ってる蔵元さんの水と、

一夢庵で使ってる水の さじ加減なのか?
水汲み 20180603


実は 

今まで多くの蔵元さんを訪ねてきた経験上、、の事で

あまり口にしてなかったことなのですが、、

敢えて・・・・・。


それぞれの蔵元さんでの

アルコール度数25度への調整する際の、

手順であったり さじ加減が

影響してるのか?と

思うこともあったのです。。


ある蔵元さんは

度数調整用のタンクに ドボドボと原酒を注ぎ入れてました、

また ある蔵元さんは

ゆっくりと 穏やかな河の流れのように 原酒を注いでおられました。。。


加水する際の水も 同じ、、、、

なめらかに 穏やかに 注がれている蔵元さん、、

ドボドボと 注がれている蔵元さん、、、

どちらが良い とか 悪いとかでないんです。


・・・・・・、

私の経験上

醸造酒であるワインでも

グラスに ゆっくり注ぎ入れる場合と、

上から勢いよく注ぐ場合で、

味わい・風味に 差が生じます。。

このことから想像するに、、

まず 最初の水割りの時

つまりは アルコール度数25度への調整時の

さじ加減・手順が

25度の商品と 原酒の商品を

水割り・お湯割りにした時の違い ではないかとも

思うのです。


ただし ドボドボ注ぐのも

ゆっくり注ぐのも、

何らかの明確な理由があり、

何らかの狙いがあるのなら、

全く問題はないんですよ、、、


一夢庵での水割り・お湯割りも

全ての所作に 明確な理由があり、

〝狙って”その味わいと香りを

表現しているんですよ。

一夢庵の場合は

『食中酒としての 優しく 食事に調和する本格焼酎』を

狙って 表現しようとしています。


その結果、その出来上がりの水割り・お湯割りの評価は

お客様それぞれに 委ねるだけの事なんです。


つづく












テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

八丈島 から 呑みに来てくれました。
10月1日

播州姫路に 遠路はるばる、

東京は伊豆諸島、八丈島から、

情け嶋 麦冠 、情け嶋 芋を

造っておられる、八丈興発の小宮山氏が、

焼酎談義をしに プライベートな時間のような感じで、

フラっと 呑みに来てくれた。


数年前 鹿児島でのイベントで

お会いしたか してないか・・・・

記憶も定かではないが、、、、、


挨拶してすぐに、、

本格焼酎談義、、、、。。。


一夢庵の〝割り方”や

〝蔵元さんへの一夢庵からのお願い”

焼酎造りの様子をうかがいながら、

気になったところの質問、、、それから発展して、

更に 深まるトーク、、。

真面目な話だけでなく、

くだらない与太話も含め、

面白おかしく

料理と焼酎を愉しんでいただけたかな~~~。

八丈島 情け嶋 20181001


伊豆諸島の焼酎は

米麹よりも 麦麹が主流。

麦麹を使って作られた芋焼酎は

九州の芋焼酎の味わいとは

一線を画す味わい。。。


そんな 八丈島 八丈興発さんの

芋焼酎『情け嶋・芋』

麦焼酎『情け嶋・麦冠』 『情け嶋』

是非一度、、、

お試しあれ、、、

ここでは書けない いろんな話も カウンターでね。(笑)))






テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ