FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アルコール度数25度以上の本格焼酎 その1
流通しているほとんどの 本格焼酎は

アルコール度数25%だ、、

が、

それ以上の度数の 35度であったり、40度を超える

銘柄も 実は多く存在している。。



昨夜 

初めてご来店いただいたお客様、、

普段は 芋焼酎を呑まれる事が多いとのこと、、



まず最初は 

今や 一夢庵で トップバッターに指名されることの多い、

福岡 朝倉のゑびす酒造さんの

“らんびき40度 炭酸割り”でスタート。


お風呂に入ってからの御来店、

一杯目には 最適銘柄の ひとつかと思います。。。

強炭酸に頼らない、本格焼酎の味わいと香りを

活かした仕上がりに、 満足いただけたようです。。


次は

前割りの 芋焼酎、

鹿児島の霧島 万膳酒造さんの“萬膳の前割り”。。

この萬膳前割りは、、

平成25年10月15日に 1升瓶で 造り、、、

その後 減ったら つぎ足しつぎ足し、、仕次ぎ法で

今まで作り続けている 一夢庵オリジナルの前割りです。

実にスムースで 口当たりものど越しも 何にも引っ掛かりません、

やわらかな水割りで、且つ 万膳の味わいは 損なってはいません。

ここまでのお料理は

ラスサーモンの 炙り造り。。

前獲れマダコの 蛸ぶつ、

野菜を多めの 今日のワンプレート。。

と 但馬牛の スジこん。。

お造りの大根も 焼酎のアテ になるように工夫しています。

スジこんも 夏使用の出汁塩味。。

出し汁も アテになると味わっていただきました。


さて 焼酎は ここからはお任せをいただきました。


ここで 日本一有名で 売れている銘柄、

霧島酒造さんの 黒霧の炭酸割り・・・、

と言っても 『黒霧島メルト』っていう

黒霧島の 樽貯蔵30度。。。

霧島酒造さんに行くか ネットでしか販売していない銘柄なのですが、

これが 非常に バランスよく 素晴らしい味わい香りです。。

さすが 天下の霧島酒造。。

暁 35度
お次は 真逆。。

ある意味 日本一小さな蔵元のひとつ

宮崎 高千穂のアカツキ酒造合資会社さんの

“暁 35度”

情報なしに呑むと、何が原料の焼酎か

判らないほどの 芳潤さと 香ばしさが

特徴の米焼酎、高千穂の水の清らかさも 伝わってくる銘柄。。

家内は

『キャンプの飯盒炊爨した時の ちょっとおこげのあるご飯の 味わい・香りでしょ。』と

説明するほど。

お湯割りは 甘い風味が さらに強調されます。


米焼酎のお湯割りは 清酒の熱燗にはない、

米の美味さを  素朴に表現している飲み物としては

かなり秀逸だと感じてなりません。




焼酎の味わいは 大手企業だろうと

家内制手工業的な蔵元だろうと、

一夢庵は 全くイコールの扱いです。

美味しさを 左右するのは 蔵の大きい小さい ではないからです。。


大企業と 小さい蔵では 

造る側・呑む側の思い入れが異なるかもしれませんが、

料理も 焼酎も その製造過程において、

気合いを込めるとか 魂込めるとか、、

美味しくな~れだとか、 そんな気持ちでも

実際に 美味しくなるはずはありません。。

精神論ではないのです。

調理然り 焼酎製造然り

どれだけ コントロールし、目指す方向へ 造り上げるかという事だけです。



一夢庵は 

その銘柄の味わい・香りを活かす よりアジャストする割り方を

探り当て 磨き上げる事で

蔵元さんが知りえない 出荷後の時間を経た

それぞれの銘柄の中に隠れている美味しさの発見と、

その表現を 具体化することが

本格焼酎の新しい可能性に繋がり、

数多くある飲食店の中での 一夢庵の個性につながるはずです。。





つづく

スポンサーサイト



テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

信頼関係
お店と お客様は

信頼関係の上に成り立ち、

5分5分の 関係だと思っている。


私がお客様の立場の時も

そのお店に対して もちろんそうだ。

信頼関係がないと 会話もなんもおもろないし

本格焼酎も料理も 美味くはない筈なんやけどね。



なぜか 連絡さえ入れれば

予約を いつでも

自分の思う通りに 変更できると思っている人が

一部に いらっしゃる。

悪気があるとか 無いとかではない、

信頼関係が成り立たない。

『人数減ったんで カウンターで良いですよ』

いや それを決めるのは 店側の判断のはずだ。


座敷を 予約で押さえているので、

他の大人数さんのご予約をお断りして、

その当日に

人数変更 (半数以上がキャンセル)

仕入れも そのご予約を見越してしている、、、、。。

眼に見えて 

まあまあ 損失を生む。。


正直 コロナウイルスよりも

ショックなのだ。。

それでも お客様のご予約のお電話は 信用し、

その方を 今後も 信頼し続けるのが 

お店側である私と家内なんですよ。




という訳で 本日8月1日

お座敷 空いております。。。

最大10名は大丈夫ですが、

5・6名様までになります。。




このご時世、

お誘いあわせのお越し下さい。とは

言いにくいですが、

NO密な お席の間隔で

濃密な 本格焼酎と料理の一夢庵を 是非お楽しみくださいませ~~~。。(笑)))