二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



酒器
一夢庵は

本格焼酎専門の店です。

ですが

個人的には 日本酒も ワインも

なんでも 飲みます。



特に 

ワインは 飲む度に 

勉強になる事が 多いです。

で 

飲みながら 思ったのですが、

ワイングラスほど

酒を飲むのに 理にかなった器は

無いな~~~と思うようになりました。

香りを楽しみ・色を楽しみ・グラスと口の触れ合う感触・

グラスそのもの自体の美しさ・・・。

全てが 洗練され

ワインを 美味しく飲む為の工夫が

ほぼ完成されているのでは?


私の尊敬する ワインバー その名もVin ya、

の オーナーであられる山部氏(承諾なしに 名前使うね、山ちゃん♡)に

いろいろ 教わってます。


ただ

ワイングラスは 氷を入れない醸造酒には

最高の器ひとつ なのですが、

氷を入れて飲む場合や

焼酎のお湯割りみたいな場合には

ワイングラスでは

ちょっと 違う気がするのです。


本格焼酎は 日本の酒で

飲まれている九州の各地に 

器も あるのですが、

店で お客様に提供する場合は

どうしても 陶器や磁器の器になります。

(陶器や磁器に 不満があるわけではないのですよ。)


一夢庵では ほぼ毎年 

瀬戸物の本場 瀬戸美濃の陶器市にて、

お気に入りの作陶家さんの

器を買って店で使っています。





本格焼酎は

ワインや 清酒程の 繊細さは無いかもしれませんが、

とても おおらかな酒で、

いろんな飲み方を 許容できる“懐の深さ”は

世界中のアルコール飲料を見渡しても

随一ではないかと思うのです。

ロックでもよし!水割りでもよし!お湯割りでもよし!

ストレートでもよし!

実に おおらかで許容範囲の広い 酒ですからね。




その本格焼酎を 本当に 楽しめる提供法や

器と いうのも ・・・・・・。

今は まだまだ 一夢庵としては

試行錯誤の段階です。

ただ

『本格焼酎は こうじゃなきゃいけない!』と

決めつける事も

これまたナンセンスだと 考えております。




ひところのブームも落ち着き

一夢庵としては

腰を据えて 本格焼酎飲み方や提供の仕方を

考えておりますが、

まだまだ 道の途中だと 言わなければなりません。


酒は 難しく考えて

飲むものではなくて、

楽しく飲むものですが、

提供する側に携わる者としては

考え続けなくてはなりません。




また 

Vinyaさんのカウンターで、

最近お気に入りの アリゴテを楽しみながら、

いろいろ 焼酎の事を

考えて飲むのが、

一番の楽しみだな~~~。




さてさて

本日も 赤穂の坂越に

牡蠣とアサリを 仕入れに行ってきましたで~~。

ばっちりや!!




スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1005-891e7e0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)