FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵流 その2
先日の 

夏限定の アルコール度数低め設定の

本格焼酎の話に

多くのご意見をいただき ありがとうございました。



あれ以来 

私個人の嗜好も含め

いろいろと 思考をめぐらせておりました。




一夢庵を オープンさせた頃

都会では 焼酎ブームが 真っ盛りで、

姫路は まだこれから というような時期でした。


当然 当時は 夏限定と銘打った本格焼酎はなく、

通常の25度商品が メインで、

アルコール度数の高い 原酒や

蒸留した最初にとれる 初留どり と言われる商品が

多かったようにおもいます。

紫芋や 赤芋を原料にした本格焼酎も あまり見かける事はありませんでした。



そんな中

一夢庵は お客さまに どうやって 焼酎と言うものを知っていただくか・・・。

と言う事をメインに

家内ともども考え続けていました。



まず最初に 御理解いただきたいのは

“焼酎がブームで売れるから 焼酎を扱い始めたわけではない”と言う事。

(そのあたりの話は一夢庵のHPに 書いております。)



振り返れば

焼酎って 何?ってことから

お客さまに説明していたことを 昨日の事のように 思いだします。


博多で いとこの結婚式があり、それをきっかけに

九州各地の焼酎の蔵元さんをめぐり・・・・。


私自身 焼酎に対する知識や 各地の食材 調理法 料理に

一気に 引き付けられました。


各蔵元さんが

丁寧に 作られた焼酎の製造の現場を 拝見させていただくと、

そんな焼酎を雑に 扱うことなんて 絶対できません。

『どうやって この美味さを味わっていただくか?』

と 家内は 特に 考えていたようです。

(“売れるから売るのではなくて 売りたいから売る”というスタイルで
 今も 暖簾をあげています。)


だから アチチのお湯割りや 

シャバシャバの水割りを出す飲食店さんは

勉強不足なのではないか

前回の記事に書いたのです。




また 夏限定と銘打ったアルコール度数低めの焼酎に関しては

そもそも

一般的な 25度の本格焼酎も

加水によって アルコール度数を調製されたものですので、

いわば

蔵元さんから 出荷された時点で 厳密に言えば

“水割り”です。


夏限定の焼酎も

製造や 原材料から 通常商品とは

違うものが多いですが、

理屈で言うと アルコール度数を 何度に調整しているかだけの

さじ加減一つと言う事になりますね。






一夢庵は オープン以来 

“食中酒としての本格焼酎”の美味さを どう表現するかという点で、

料理とのバランスを 考えつつ

“呑みごたえのある味わい”を

重要視して お客様に 伝えてきました。

もう10年以上 その事を重要視しているので、

一夢庵の多くのお客様は

本格焼酎に 呑みやすさを求めているのではなく、

ちゃんとそれぞれの蔵元 それぞれの焼酎の

味わいであり 風味を求めておられる方が ほとんどです。


世間では

ハイボールが 人気が出た時に

焼酎も 炭酸水割りで 楽しんでもらう流れが

有ったようですが、

いい意味でも 悪い意味でも

世間の流れから 隔離されガラパゴス化している

一夢庵では

『せっかく味わい・呑みごたえのある焼酎を 炭酸で割ってしまうと
 炭酸の口当たりが 勝ち過ぎて、焼酎の良さが スポイルされてしまう。』

との考えで、

これまた 積極的に炭酸割りは お奨めしておりません。

(どうしても と言われるお客様には 
 ウイスキーと同じくらいのアルコール度数の高い原酒を
 炭酸割りで お出ししております。)



実は 先日

お世話になっている 某酒屋さんの奥さまと

電話していたのですが、

『炭酸割りが 売れている飲食店では 
 
呑みやすさと言う観点の延長線上にある 夏限定の度数の低い焼酎は

お客さまに アピール力が強い。』

との意見がありました。

当然 今まで焼酎を口にしていなかった

お客さまに対しても 炭酸割りは

受け入れてもらいやすい“焼酎入門”的な側面も あるようです。





ちょっと長くなってしまいました。

続きは また今度ということで・・・。










スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1035-ec59be4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)