二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵流 その5
全国的に 梅雨入りだそうで・・

そう言えば

播州地方も 山の方から

田植えが始まりました。

川の上流から 流れに沿って

下流域に・・・・順に田植えです。



さて 前回は

家内の“本格焼酎 割り方理論“まで書いてました。


あまりにマニアックな話になってしまいましたが、

なぜに ここまで 本格焼酎の事を考えるのか・・・。


いくつか理由は有りますが

一番お伝えしたいのは

“本格焼酎を商売で扱う本質的な意味“を考えているからです。

私は

お客さまに 

『焼酎は 私が製造したわけではありません、各蔵元さんが

 造られたものです。まあ 何かの縁がきっかけで それぞれの蔵元さんの

 焼酎の製造の現場を 拝見させていただくと、

 そこの製品を ええ加減に扱う事は出来ません。』

『だから 料理も 私なりですけれども ええ加減には 造りません。』


まあ こんなことを よく口にします。




市場の中で 一番末端の飲食店は

言いかえれば 

“一番高い値段で お客さまに 買っていただいて 利益を得ている身分”です。

じゃあ

その価格に匹敵するだけの“価値”あるものを

お客様に提供しているか?

さらには

その“価値”に 匹敵するだけの“納得感“をお客さまに

提供できているか?



今 ある一夢庵の姿が ベストだとは思いません。

まだ なにかしらの無駄は有り、

まだ身につけなければならんものも あるでしょう。

私は そんな考えを基本にして

一夢庵の料理を造り、

一夢庵の暖簾をあげています。

家内は

彼女なりに 

『お客さまに 食中酒としての本格焼酎の美味さを どう伝えるか。』

を まっすぐ考えて実践しているようです。



私が思うに

今現在、

本格焼酎は 飲食店での提供の仕方は

ワインや 清酒と比較して

確立した“文化”にはなりえているでしょうか?


世界各地の蒸留酒と比較するのも ナンセンスですが、

当然 見習うべき点は たくさん有るはずです。


まわりのお酒を見渡してみて、

改めて 理解できる 本格焼酎の良さも

まだまだ あるはずです。




蔵元さんも 酒屋さんも 私も ビジネスであり商売であるのは当然。

だからと言って 目先の移り変わりばかり気にして

目先の利益を追いかけてばかりでは

はたから見ると、

“ブレているだけ”と 思われるものです。



この文章を書きながら

私なりに もう一度 冷静に 客観的と主観的のバランスを取りながら

“一夢庵流”を 見直す作業をしております。


一夢庵の屋台骨である 基本的な仕事や 思考を

この先10年ばかりを見据えて

再構築するべき段階である事は

間違いがなさそうです。








正直 

一夢庵みたいな 夫婦二人の個人商店は

私ら夫婦の生き方が 思いっきり

反映されます。

堅苦しくなっちゃうようなら、

我々も やり方を変えないと駄目ですけどね・・。

私の 何処を叩いても 堅苦しさは出てこなくて

逆に お調子者の私しか出て来ないのも 問題です。(笑)




スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1038-dd7bc9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)