二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



呑みほした時の 旨さ
私は

仕事柄 どうしても

焼酎の事に関して、

深く考えてしまいます。



『これは 水割りよりも お湯割りのほうが 
 パフォーマンスを発揮しそうだ。』

とか

『癖のない焼酎は 結局 主張が無いということ、
 料理に合うのではなく 料理ありきの酒だ。』


とか・・・・・・

『水割りなのか 加水程度なのかで 全然違うな~~。』


とか・・・・・・。

『食中酒として この割合のお湯割りは 最高だな~~。』


とか。





ひたすら難しく考えている訳でもないのですが、

こうやって 

自分の思う事を がっつり文章にするだけで

小難しいおっさんや!と

まわりには 認知されているようです。(笑)



ただ 私なりに  

利益をいただいて 人様の造った焼酎を扱って

商売にさせていただいている以上

自分の扱う焼酎(商品)に対する

“責任”だと 考えているからです。




売れないよりも

売れたほうが言いに決まっていますが、

ただ単純に 売れればいい というスタイルは

一夢庵のスタイルではありません。

“焼酎にまつわる いろんな事を 伝えながら 美味しく呑んでもらう”

って言うのが

一夢庵のスタイルです。





そうやって 焼酎の事を考えつつ

『どんな料理を 造って どう味付けするか?』を

考えています。




おかげさんで

今日も 一夢庵は 暖簾を上げています。





最後に一言

1升瓶が 空っぽに なった時に

『この焼酎 旨かったな~~。』って思う

“旨さ”は

間違いない“本物の旨さ”の一つだと 思うよ===!



空っぽ

新しいの 開けよ~~~っと!!!




ちなみに この焼酎は

長崎県の 壱岐

重家酒造さんの 確蔵 2005。

麹には 壱岐産の米 (コシヒカリ)

壱岐産の二条大麦(ニシノホシ)を かけて

常圧で蒸留された 壱岐焼酎。


私の好きな焼酎の一つです。

スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/08/10 16:29] | # [ 編集 ]

Re: タイトルなし
内緒様
まあ 暑いな~~。
姫路も ええ加減にしてほしいほどの 暑さです。

まあ ボチボチがんばりましょ!

これからも 夜露紫苦!
[2013/08/12 15:57] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1058-fccce8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)