二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵の路線
お客様が お店を大事にしてくれるってことは、

どういう事なんだろう?


一夢庵では

お客さまに よくこんなことを言われる。

『ここは あんまり広まってほしくないから、誰にも教えたくない。』

とか

『マスター、悪いけど 会社では ここのことは秘密にしてるから。』

などなど・・・。



以前の私なら

『そんなこと言わないでよ~~。』って 思ってたが、

今は 

『OK!ありがとうございます。』って

思うようになってきたし、

そこまで 言ってくださるお客様のお気持ちが

本当に心から ありがたい。




『ハイボールください。』って言われても

『すいません、うち 置いてないんです。本格焼酎ばっかりで・・。
 じゃあ こんなのは どうですか?』



ちゃんと言えるように なりました。


ほとんどのお店なら

ハイボールを ご用意するのだろうけど、

一夢庵は 絶対しない。

なぜなら

いままで コツコツ頑張ってきた 本格焼酎路線から

外れてしまうからだ。



まあ あまりにも 本格焼酎路線に頑なに偏っている

一夢庵のスタイルも 逆に どうかとは 思う事もあるけれど、

そのスタイルで 今まで来たんだから これからも やるしかないな~~。(笑)




難しく考え過ぎても 変になるけど、

お客様のお気持ちや 信頼を 損ねることは

絶対 したくない。

ましてや

自分が こうだと決めて 本格焼酎路線で

やってきたんだからね~~。




本格焼酎の提供の仕方や

料理も 

一夢庵のスタイルを“間違わない“様に

私自身が 肝に銘じている。






大手の企業が経営してる

お店ならいざ知らず、

一夢庵は 私と家内の二人でやってきた店だから、

これからも このスタイルを貫けるところまで

貫いていったろやんか!と 思う。




スポンサーサイト


コメント

ご無沙汰しています。

相変わらずですねぇ。。。もちろん、いい意味です(笑)

ボクが偉そうに言うことではありませんが、

ブレないというのは大切なことですよね。そして難しい。

前回のご来店の時のイメージを大きく変えてしまうような変化は

来店する側としては残念に感じることが多い気がします。。。

ウチの社長に教わりました。

「ご使用→ご利用→ご愛用」なのだそうです。

最初は機会があってご使用いただく

次はご縁があってご利用頂き、気に入っていただければ

それからご愛用いただけるのだそうです。

来る度に雰囲気やシステムが変わっていては

いつまで経ってもご愛用いただけませんよね(笑)

流行りのものをどんどん取り入れて「いつ来ても新鮮な雰囲気。」

という方法のもてなし方もあるのでしょうが、

ボクは「いつ来ても落ち着いて心置きなくお酒や食事が楽しめる。」

の方が好きです。
[2013/09/05 22:55] URL | 膳蔵 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
膳蔵さん お判事遅くなり申し訳ないです。

偉そうに 書いてますが 実際のところは

家内と二人でやってる店は 変えようがないというのが本心です。



昨日も 家内と晩飯を食いながら 店の話をしていましたが、

やれることは 少ししかないという事、

だからこそ そのやれることの精度を高める事。

話は終始そういう内容です。



まあ はたから見れば これだけ我儘な店も なかなか ないでしょうね。(笑)



ただ 一夢庵は 本格焼酎ありきの居酒屋だと いうこと。

それは間違いなく 一夢庵の本質です。


そこしか 私らには 守っていくことができない“ちっぽけな店“ですよ。


今年も 来週 九州に出かけます。

今回は 大隅半島どまりで 市内には 行けそうにありません。

また そちらに寄れる時は 必ず伺います!!


では 
涼しくなったとはいえ 夏の疲れも出る頃です。
お身体 ご自愛くださいませ。

[2013/09/09 08:45] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1064-f3259d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)