二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



当たり前の 認識
いまさら 私が 

わざわざ 言う事ではなく

皆さんも シッカリと認識されている事ですが、

『世の中には 自分と同じ考え 同じやり方の人なんて 誰一人いません。』

自分は 自分です。


だからと言って

孤独感にさいなまれたり、

協調性を 養わず・・・・なんて事では

問題外の存在になってしまいます。



人間は 社会性の強い動物で

けっして 一人っきりでは 生きていけません。

おそらく 一人っきりで 心身のバランスを崩さず生きていける人は

相当 生物としての能力の高い人ですな。(笑)



『あの人は 私と 違う。』

『あの人のやり方は 間違っている。』

こんなの ある意味“当たり前”のことです。


何かの縁で 結婚し 

お互いの遺伝子を持つ子供を授かっている

夫婦同士ですら、

全くの“一致点“を見つけるのは 至難の技です。


時に

人は 同じ考え 同じやり方の人同志で 集団を作り

違う考え 違うやり方の人を 無意識に排除しています。

ところが

そんな集団の中ですら“相違点“を見つけては

エゴ丸出しの 個人主義を振り回します。


それで いいのでしょうか?

どんどん 孤立しませんか?





私は どちらかと言えば

協調性に乏しい性格でしたが、

40歳を過ぎ いつの頃からか

“自分と違う“やり方や 考え方を

認めることが 知らず知らず 少しずつ 少しずつ

できるようになってきました。

(まだまだ ガキっぽい性分は のこってますけどね。)


そうなってくると

すごく精神的負担が少なくなり

体力的にしんどいことも 楽しく感じ、

許容量以上の負担が来ても

少なからず 以前のように“いっぱい いっぱい”にならずに

若干の余裕を感じる事があります。





で、その“余裕”ってやつがあると

社会との協調性を 高めながら

その社会の中で

“より 自分らしい 生き方”が

可能なるのではないかと

思うようになっています。




自分と違う人を受け入れることで

より 自分らしくなるって

なんだか 相反する事ですが・・・・・。



だいたい 世の中のほとんどは

何にもかも 繋がってて

何かが 順風に回り始めると

ゆっくりではあるけれども

ほとんどすべてのことは 順風に回るんじゃないかと・・・・



そんな気がします。



イライラしていては 良い仕事はできないのと同じ

ゆったりとおおらかな気持ちで居ると

なんとなく 充実した生活が おくれるのでは・・・・

なんて気がします。




ポジティブも、

ネガティブも、

理屈で おかしいと思っている事も、

“受けいれてみるか”ってみたいな心構えがあると、

ずいぶん 楽になれる気がする

45歳の おっさんです。(笑)






スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/05 00:09] | # [ 編集 ]

Re: タイトルなし
内緒様
イライラするのは 私も同じです。
でも 引きずりません、瞬間的に 忘れます。

私の場合 精神的な疲労は 
ネガティブに回り出すと とんでもなくしんどいですもんね。

私ごときが言うのも なんですが、
必要最低限の反省だけ記憶して その後は 
そのイライラは忘れてしまえば
幸せだと思うんですよね~~。


そうやって 私は暮らしてます。


記憶することと 忘れることのバランスかな~~。
[2013/10/05 15:22] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1075-c5fff689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)