二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



不味い酒ではないんだけど・・・・一夢庵にとって・・・。
一夢庵は 本格焼酎専門店と言っても

なんら差支えないですが

1種類だけ 日本酒を ラインナップしています。

銘柄は

こだわりはありません。

しいて言うなら 

“一夢庵のお料理に合うかな~~と思う純米酒”です。



お酒と料理

ワインの世界では マリアージュなんて表現されますが、

間違いなく 本格焼酎でも

清酒でも マリアージュは そんな厳格ではないですが

存在します!

一夢庵は 本格焼酎に合う料理を

私なりに どう表現するか?が 

永遠の課題です。




ところが

先日 すごい課題を 

突き付けられました。



ひょんなことから

一夢庵をよく知る酒屋さんから

無濾過生原酒の清酒が 来たのです。


味を利きましたが

一言で言うなら

全てが 『濃い~~~。』のです。


旨みも 風味も とにかく

口の中に 醸造酒としての日本酒の存在感が 

濃い~~のです。

不味い酒ではないのですが・・・・圧倒的すぎる清酒らしさなのです。


『一夢庵には この酒に合う料理が無い・・・・・・。』

逆説的に言うなら

『この酒に合う料理を 作れたとして その料理は おそらく 
 
 本格焼酎には 合わない・・・・・・。』


本格焼酎に関しては

専門的かつ 末端の売り手としての 知識をもっている

自負心は ありますが、

清酒に関しては 

まだまだ 不勉強です。


とはいえ

無濾過生原酒・・・・・

本格焼酎の一夢庵にとっては

かなり 手ごわいです。


だれか 助けてくれ~~~~!!(笑)


スポンサーサイト


コメント

無濾過の生原酒の清酒のマリアージュ・・・難しいですね。
ワインの濃いのに合わせるならソース文化のフレンチではもっと簡単でしょうが。

主張が強すぎるお酒に無理に合わそうとしても濃い料理になってしまって
飲み疲れ、食べ疲れしそうですね^^;

料理に合わす酒はどんな種類でも個性があまり強くないほうが良さそうです。

無濾過の原酒はそれだけでチビチビ飲むのが1番いいかもですね・・・素人の意見ですが
[2013/12/05 01:17] URL | 保井晋作 #FDDq9IZE [ 編集 ]

Re: タイトルなし
保井さま こんばんは。
家内とも いろいろ この酒のことを話するのです。

和食でも 最近は ワインと合わせると聞きますが、
コース料理の中の一品と 合わせて 無濾過生原酒を いただくなら
分量は少なめで なんとか いけそうな感じがあります。



哀しいかな 本格焼酎居酒屋の一夢庵には
そのような需要もないし 私の腕も ないのが 実情です。
 (頑張っては いますが いかんせん お品書きに書けるレベルではありませんし、
 焼酎とのバランスが 完全に 一夢庵らしさがなくなってしまいます。)

おっしゃるように 飲み疲れ・食べ疲れと言う点も お客さまにとっては
重要な要素の一つです。

今の一夢庵で 無濾過生原酒に合わせられるのは
北海道の“チビししゃも”か 博多の“辛子明太子”
斬新に 行くなら ソース味炸裂の焼きそば・・・!!ぐらいしか
考えられないのが 
家内と私の 今のところの結論ですわ~~。


ワイン・焼酎 清酒に限らず
世界中の全てのアルコール飲料は 嗜好品の最たるものですから、
人それぞれで 100人いれば100通りの愉しみ方が
あるもんですか、
難しく考えだすと ほんとに キリがないっすね~~~。

でも そんな事を 考えながら 気楽に晩酌するのも
一興ですな~~。

ありがとうございます。
[2013/12/05 03:23] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1089-8b069145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)