二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



失敗例
いやはや

立春過ぎてから 寒さが続きますな~~。


冬季オリンピック・・・。

人間のする事は たとえオリンピック競技であろうとも

一種のエンターテイメント。

楽しいですな。



先日

久しぶりに とある酒屋さんと

お話をしました。


都会の方では 日本酒ブームが来ているそうですな、

いままで 焼酎LOVEだった 飲食店さんが、

手のひら返したように・・・って状況もあるらしいです。

私は それもまた商売のやり方の一つ だと思っています。


姫路の片隅の一夢庵のやり方が

都会のど真ん中の 地面の高い場所の飲食店では

通用しない側面も多々あるのと同じです。




まあ 私は そういう情報も 耳に入れながら

よりいっそう 一夢庵らしさを 磨くしかないですな。




そう言えば その酒屋さんとの会話の中で

とある焼酎蔵さんの「民事再生手続き申し立て」の事を 聴きました。

焼酎ブームが終わって 急激な売り上げの減少 

大手メーカーとの競争激化、多額の借入金による資金繰りの悪化・・・。

結果 自力での再建を断念・・・・・・。

で 今回の措置に至ったようです。


一つの会社の経営が 悪くなる典型的な事例です。



この焼酎蔵の焼酎、実は 過去に一時期

一夢庵でも扱っていたことがあります。

決して 不味い焼酎ではありませんでした。


その蔵元さんは なんせ 次から次へと銘柄を どんどん

だすのです・・・・・。


私は それぞれの銘柄が 何の統一感もなく

その蔵元さんらしさも 感じられなくなり、

扱いをやめたのです。

もう何年も前の事です。


その後 その蔵元さんの焼酎を口にする事もないまま、

この様な話を聞くことになり、

個人的に 焼酎好きの私は 残念やな~~

なんとか再建に手を貸してくれる企業があればな~~・・・と思うと同時に

商売で焼酎を扱う一夢庵の店主としての私は

『そりゃ しょうがない、自分のまいた種やな。』と

思ったりもするのです。


次から次へと新銘柄を出す 一方

その煽りをうけ 次々と ラインナップから消え

終売となる銘柄が・・・・・。

これでは 長く愛飲してくれるであろう、

その蔵元さんのファンは勿論

取り扱う酒屋さんも 面倒が多過ぎて

愛想も 尽きてしまいます・・・。


オシャレなラベルデザインや 奇をてらった名前だけでは

本物嗜好の消費者の厳しい選択に 振い落されます。

本質は 中身です!

また その蔵元のスタンスでありスタイル!だと 私は考えます。



人は 器がでかいとか小さいとか

そんな事は 頻繁に話題にしますが、

器は その大小で クオリティーが左右されるのではなく

その器の完成度であり、その器の中に“何が満たされているのか”が

最重要点ではないでしょうか?



どんなにでかくても 穴があいた器は 器として役に立ちません。

どんなに 綺麗で美しい器でも 泥水で満たされているようでは

残念過ぎます。



今の世の中の論調の多くは

本当の問題点や 話題の核心 問題の本質から

かけ離れている事が 多いような気がします。




一夢庵は 姫路の片隅のちっぽけな焼酎居酒屋です。

仮に 一夢庵が 消え去っても それはそれでって 

済まされてしまう事ですが、

この世の中で 

一夢庵が やるべき事、

一夢庵の使命が 尽きるまでは

一夢庵を支持して 応援して頂けるお客さまのニーズに

応えていきたいと 思っております。




変わり者の私は 世間でよく聞く成功例よりも

ニュースの片隅の失敗例からこそ 学んでいます。




スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/02/15 19:46] | # [ 編集 ]

Re: こんばんは
内緒様 こんばんは。
そうです。
内緒様も 同じように思われていましたか・・・・。

結局 なんだったんでしょうかね~~。

おっしゃるように 
昔から代々と引き継がれた昔のラベル 昔の味を
踏襲しながら 品質の向上を目指し、
愛飲して頂けるお客さまを 大事にしてほしいですね。

売れ線狙いの商品より 
蔵元さん自身が“売りたい”商品を 造ってほしいと思います。

[2014/02/15 23:35] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1109-f28857fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)