FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



価値観が一致することなんてない、相違点を認める事が 大事。
ファーストフード店では

テイクアウトは勿論の事

車から降りることさえしない ドライブスルーで

持って帰ることができる・・・・・


そんな時代になって もうだいぶん経ちますな~~。



最近では コンビニが 注文を受けて

バイクで配達までしてくれるそうで・・・。


すげ~~時代です。


ドライブスルーって

便利になったと言えば 便利です。

まあ 私個人的には 

利便性よりも なんだか行儀が悪いって事の方を

私は 優先するので

いまだに 一回も使ったこともなけりゃ 

これからも 使うことはないでしょうな~~。

まあ それ以前に 

ドライブスルーがあるような店に

私の欲するものが無いので

行くこともないと思います。

(まあ 時代遅れのおっさんの 独り言ですので、気にしないでね。)



まあ それはともかく

そんな時代ですから

一夢庵でも 

『“お持ち帰り”出来る?』と

お声をいただくことがあります・・・・・・。


『お腹がいっぱいで 食べきれないから持って帰るわ~~。』

と おっしゃっていただくことは

料理人として すごく嬉しい事なのですが、

なんでも すべてOKという訳にも行きません。


汁けの多いものや 生ものは 絶対無理です。

というか

根本的に 一夢庵の料理は

持ち帰りを想定して 造っているモノは 一つもありません。


店に来て頂いて お席に座っていただいて

そこで焼酎(お酒)と 一緒に味わっていただく事を

大前提に しているからです。

アツアツは アツアツで食べてこそ ナンボです。

冷たいものは 冷たいまま 食べてこそ ナンボです。


また 仮に お持ち帰りして頂いても

どんな状態で食べるまで どれほどの時間があくのか

わからんでしょ~、

リスクを考えたら とても恐ろしくてね~~~。


保存料や防腐剤を 使えば

“お持ち帰り”も いいでしょうけど、

私自身 そんなものは 一夢庵を

オープンしてから 眼にしたことすらありません。




そう言えば

オープン間もない頃

とある折り込み紙に

そのころ 頻繁に作っていた“牛すじコロッケ”を

とある理由で 掲載することになってしまったのですが・・・・・。

その反響は

当時の私の想定外でした。

仕込みをしていた13時ごろだったでしょうか、

いきなり 

一人の女性が ドアを開け

『この間 ○○にのってた コロッケ10個 ください。』って・・・。

さも “持ち帰り”が当たり前のように おっしゃるのです。

お肉屋さんの店先で揚げているコロッケの感覚とおなじような

感じなのです・・・・。



丁寧に それはできませんと 

理由も含めて説明させていただきましたが、

その方は 

『せっかく来たのに・・・。』と

あからさまに 不満そうでしたが、

お帰り願いました。

(その方が その後 店に食べに来て頂くこともありませんでした。)



世間の感覚と 私の感覚は

いずれにせよ ずれがあります。

また

完全に一致することは ないのも当然だと思っています。

どちらが 正しいとか 間違っているとか

そういう事を 問いただす気は 毛頭ありません。



食べ物を扱う者として、

また 

調理師免許を持つ者として、

はたまた

一夢庵の経営者・料理人として、

一夢庵の料理に

責任があります。

当然 お客さまのご要望を 優先する場合もあれば

お客さまのご要望よりも 一夢庵のやり方を 優先する場合も

あります。

その判断は 私の その時・その時の決断で、

としか言いようがありません。


こういう考え方を

ときに 店の我儘と 

思われても仕方ないご時勢ですが、

これもまた 一夢庵のスタイルですので

よろしくお願い申し上げます。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1111-171ed579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)