二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



満足度 その2
前回の続きです。。






“酒好きおやじの一夢庵”と名乗る以上

看板を上げた 12年前からずっと

お酒 中でも 本格焼酎に特化して

本格焼酎を愉しんで頂く為の 店づくりを

ひたすら 追及してきましたし、今も し続けています。



こうやってお店を 維持できているのは

“お客様の満足感”を

“お代金”と言う金銭的な評価を いただくことで

“利益”を生み“税金”を納め

その残りの“お金”で

経営も成り立ち、

私と家内の生活も 何とかなるわけで・・・・。

(当たり前のことですが ついつい 忘れがちになる事です。)






とりわけ お酒をお飲みにならない宴会の場合、

“酒好きおやじの一夢庵”は

そのお客さま方の“満足”を満たす自信が

正直 ありません。

一夢庵の“守備範囲”ではない分野に

なってしまうのです。


自信が無けりりゃ、

勝負する前に負けてるのと同じで、

おそらく

その宴会も 愉しくないモノになるでしょう・・・。

しかも 無料でと言う訳にもいかないのです。


これじゃあ 

一夢庵も そのお客様も

両方 不完全燃焼になりそうに思えて仕方ありません。


例えて言うなら

クラッシック音楽のコンサートを 聴こうと思っておられる方に

ハードロックのバンドのライブを 楽しんでくれよ!って

感じになるのです。

両方とも“音楽”にちがいありませんが、

“ジャンル”が 全く違うのと同じです。





一夢庵の“得意分野”は

あくまで 焼酎を呑んで それと一緒に料理を食べて、

また その料理で焼酎が進んで、・・・・。

っていう“食中酒としての本格焼酎”の分野に 

皆さんが思う以上に 尖鋭化・特化している居酒屋です。


自信を持って 

お客様に ご提案できるモノを 

提供する。

自信が無いものを 提供するようでは

職業人としての 私は ダメ人間です。





それに 得意分野を 

広げようとは これっぽっちも考えておりません。


そもそもが

アルバイトのお兄ちゃん・お姉ちゃんも居ない

40も半ばを過ぎた おっさんと おばはんが

2人でやってる

産業革命以前の家内制手工業的な 小さい居酒屋です。

お客さまに満足いただけるであろう価値の提供・守備範囲は

狭い分野に限られてきます。



オープン以来 今まで

おっさんと おばはんは  

ず~~~~~~っと

食中酒としての本格焼酎と 料理の事が

頭から離れた事はありません。


通常考えられないほど 臨時休業がメチャクチャ多い 

酒好きおやじの一夢庵に 

何度も足を運んでくださり、

評価いただいたお客様の ご期待を裏切ることのないように

これからも

“本格焼酎と料理”の分野を 

もっと もっと 掘り下げて

今の段階でも“ディープな一夢庵”を

よりディープに 

育てていこうと思っています。




職業人の立場を離れた時の

私の性格を 私で考えるに

私は あれやこれやと

あっちにもこっちにも 器用に手を広げるのが

あまり得意では ありません。

不得手だと 断言できます。



ですので

今の“酒好きおやじの一夢庵”を

深めていくことで より一層 純度を高め

まだ誰も たどり着いていない

“本格焼酎専門居酒屋”を

突き詰めていきたいのです。




大げさな言葉の羅列に 

なってしまいましたが、

一夢庵が

世の中の

“本格焼酎の地位向上”に 繋がれば・・・・。


それが 私と家内の 共通の考えです。



堅苦しい店にするつもりは ありません、

まあ こんな“ヘンコツ”な私ですが、

今後とも このブログも含め

よろしくお付き合いして頂けるのでしたら

とても 嬉しく思います。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1133-d86617c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)