二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎の流通
ちょいと 

気になる話を 小耳にはさんだ。



一般の皆さんには

ピンとこない話かもしれないけど、

まあ 軽い気分で・・・・・。




一夢庵で 

扱っている 本格焼酎。

比較的 生産量の少ない 小さな蔵元さんの 製品が

ほとんどです。

そういう焼酎の場合、(清酒の場合もあります)

蔵元さんから 直接 特約店と言われる酒屋さんに

卸されて

私の様な飲食店や 個人の消費者さんへと

流通する。


これが 本来の正しい流通ルートです。

ところが

そういう本来 特約店さんの棚にしか並ばないはずの

品物が 

イオンのショッピングモールで 大量に

しかも 定価よりも高く プレミア価格で

並んでるのは もう 当たり前!

値段も高く設定され 若干 埃をかぶった感じの

焼酎を見ると

一夢庵としては 

何もできないけど なんだか可哀相な焼酎だな~~と

感じてなりません。

商品の管理も 正直 お酒にとって 

厳しい環境である場合が ほとんどです。



何らかの理由で 正規の流通から 外れ

流れているのは 間違いありません。

蔵元から イオンに 卸すはずがない銘柄なのです。


どこかの 特約店さんで

売れ行きが落ち 在庫を大量に・・・・。

仕方なく そういう場所に並んでしまう・・・・。

もしくは 

すばやく現金化でき しかも 大量に買ってくれる

イオンの様な大規模販売店に さばくのは

何より手っ取り早いはずです。

さらに言うなら

なにかしら ブローカー的な組織との関連も

疑われても 仕方ありません。



まだ この場合は

特約店さんが販売する価格よりも 高く設定されてる場合がほとんどです。


ただし

そこの棚に並んで 定価よりも高く値札のつけられた焼酎の

“ブランドイメージ”は

大きく損なわれて 先々まで 影響するでしょうね。

さらに言わせてもらうけど、

こんな状況こそ 本格焼酎が

いつまでたっても

地位向上にならず、

『しょせん 焼酎は 焼酎や!』って  

言われる事にも 繋がるのです。


正直 本格焼酎業界、

造り手だけでなく 売り手・扱う飲食店・末端の消費者さん

全てに 

なんらかの 影響を 及ぼすでしょうな~~~。


で、 最近小耳にはさんだ話は・・・・・・・

近頃は どういう訳か

特約店さんの販売価格よりも 安く設定されて

棚に並んでいる場合があるらしいのです。



こういう状況は

我々 飲食店を含む 消費者にとって

安くなってるんだから と 歓迎するべき事なのでしょうか?



私は そうは思いません。


前述した 商品の管理状況は

勿論の事、

比較的 小さな蔵元さんの造る焼酎は

大手メーカーの焼酎よりも

個性的であり 独特の味わいを持っているモノばかりです。

そういう焼酎は

専門的な知識を持った販売員のいない

大手のショッピングモールの酒屋で買い続けても

本当に その焼酎の価値であり 特徴は

絶対 消費者には 伝わりません。


まして

商品管理状況の悪い所に放置プレイされた焼酎は

本来の味わいとは

違うものになっている可能性も 捨てきれません。


そしてなにより

真面目に いままで その焼酎を 育て上げ売ってきた

何にも悪い事をしていない 特約店さんにとって

その様な状況は ネガティブな感情しか 湧いてこないのではないかと

思われます。




大量に生産され

多くの流通経路を持ち 消費者さんに届けられる電化製品で

製品番号の同じものなら 安いに こしたことはありません。

(とはいっても 保証期間や その他の条件は 同じでは無いはずですから
値段だけで判断するのも おかしな話になってきます。)

少量生産の 限られた流通でしか 

市場に流れない嗜好品である 本格焼酎、

一夢庵は 

お客さまに 利益を上乗せして

売っている身ですから、

自分が 自信を持って 売りたいと思うモノを

仕入れるのは

売るのと同じ考えで

ちゃんとした流通経路で

ちゃんと管理 販売されている酒屋さんでしか

仕入れません。


そういう酒屋さんで 買っている品物に関しては

もし仮に  

その焼酎に問題があったとしても

きっちりと 製造元である蔵元さんに

フィードバックできると言う点でも

正しい流通以外の流通は

問題があると 私は考えています。




売れるから売るのではなく

売りたいから売る!

と言う気持ちがあるから、

ちゃんとした酒屋で 焼酎を買い、

ちゃんと お客さまに 味わっていただき

ちゃんとお客さまに 価値を判断いただいたうえで

適正な利益を得る事で

一夢庵は 暖簾を上げ続ける事が出来るんだと言う事を

忘れずに 今日も ボチボチ 頑張りますかね。











スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1146-6e73cf8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)