二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



おっさんの つぶやき
売れる為らなら

どんな売り方をしても いいのか?




どんな売り方を しても売れればいいなんて

考えません。

その商品の“価値”が

少しづつでも お客さまに伝わる売り方こそ

一夢庵みたいな 小さい店にしかできない事やと

思っています。


ただし

商売のやり方は

店が 100軒あれば 100通りです。

私と違うからと言って

真っ向から否定することはしませんし、

それぞれの お店の信念を貫くことで

お客様のニーズを 満たせばいい訳です。




それぞれの お店には 

そのお店のやり方を 愛しているお客様が 

いらっしゃるわけですからね~~。



一夢庵も 

気がつけば とっくに10年を過ぎ、

この夏が来れば 

13年目に突入します。

おかげさまで と言う言葉しか

私に 思い浮かびません。



これから

一夢庵が どうなるかなんて

私自身を含め 誰にもわかりませんが、

少なくとも

未来にたどり着く場所を 決めるのは

暖簾を初めて揚げた日から 今日この瞬間まで

歩んできた道のりの方向と

その歩みの力強さ ではないかと・・・・・。

ベクトルの 大きさと向き みたいな感覚で

私は 捉えています。



生きている限り 人生も商売も

何でも 常に 現在進行形です。


時に 行き先に 迷いそうになり、

時に 邪念が浮かんで 世迷いごとに

囚われそうになるけど、

自分の歩みを進ようとする意志は 

誰かに勇気づけられ励まされる事はあっても

自分自身でしか 貫けません。




結局 歩んで行くのは 

自分の力でしか ないんやと 改めて思った

今日です。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1147-4c174604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)