二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎の売り手として その5
先日

神戸から 旧知の飲食店店主 酒屋御家族が

わざわざ姫路まで 

飲みに来てくださいました。

最終電車ギリギリまで ワイワイと・・・・・。


ありがとうございました。

飲んだ帰りに電車に乗るのはしんどいでしょうが、

懲りずに また来てくだされ。






その吞み会の時にも 話に出たのですが、

若干 本格焼酎に対する私の考えは

とんがり過ぎている?

確かに

とんがり過ぎている側面は

私自身 認識しております。

というか 

本格焼酎を取り巻く現状、特に

飲食店での本格焼酎の扱いが、

ブーム前も ブーム後も 

まるで変化なく、

“丁寧に ひとつひとつの焼酎の旨さを表現しよう”

“その美味さを お客様に感じてもらおう”と

いう 

お・も・て・な・しの気持ちが 希薄なんじゃないか?との

疑問を常に感じるからです。


何度も 繰り返し 言ってますけど、

“水割りは 水を入れただけでは ないのです”

“お湯割りは お湯を足しただけでは ないのです”



バーで呑む カクテル・・・。

同じ名前のカクテルでも

バー100軒あれば 味も100通りです。

口に合う味わいもあれば そうでない味わいも あるのが

それぞれの店の 個性であり、

高い次元での

美味さの表現方法の違いなんです。


飲食店での本格焼酎の提供も

そのレベルに 到達しないと

アカンのちゃうか?

とも思うのです。




私は 毎年のように

九州各地の本格焼酎の蔵元さんを訪ね、

(毎年 同じ蔵元さんを訪ねても 毎年 感じることは違います。)

直接 目で見て感じる事を

基本にして

私自身 一夢庵の店主として お客様に 

“どのようの本格焼酎の美味さを表現するか”を

考え

一夢庵で 具体的に表現しようと

考えまくっています。


『焼酎は 庶民の酒や!難しいこと抜きに気楽に呑みたいわ!!』

との意見も

あります。

確かに そういう側面もあります。

でかいペットボトルに入った 甲類焼酎、

紙パックの 甲乙混和の焼酎。

そういう 価値観の焼酎を否定はしませんが、

一夢庵の扱う範疇の焼酎ではありません。


ただ酔う為だけに 価格重視で造られた本格焼酎の世界観。

原材料を吟味し、旨さを表現しようと考えられ造られた本格焼酎の世界観。


同じ本格焼酎でも まるで別物ではないでしょうか?



また 一夢庵のスタイルは

“たくさん売る事”よりも 

“美味しく味わってもらう事”や

“それぞれの蔵元の味わいの違い”を

お客様に 判っていただくことを 重要視しております。


一夢庵の立地は

おおよそ 商売に適した立地ではありません、

姫路の中でも 辺鄙な立地です。(笑)

知り合いの飲食店の店主には

“陸の孤島”と 言われてしまいました・・・(笑)

しかし

その通りです。

その陸の孤島の一夢庵が

如何に 生き残るか??


その問題の正解は 判りませんが、

今のところは

このまま 

“本格焼酎の美味さ”を 伝える為に

一夢庵なりの表現方法を 磨く事かと

思っております。



6月の30日は

夏越の祓い(なごしのはらい)

犯した罪や穢れを除き去る祓えの行事です。

夏越の祓い


お近くの神社に

茅の輪(ちのわ)が あると思います。

私は一足先に 先日の水くみの道中。

伊和神社で 輪抜けしてまいりました。



つづく










スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1168-d8b690d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)