二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎論
先日 月曜

“重家酒造 雪洲ちんぐの会 with 松露酒造”



おかげさまで 

参加して頂いたお客様も

重家酒造 横山さんも

松露酒造 矢野さんも

私ども一夢庵も 

ええ感じで

できる事が出来ました。



一夢庵では 

重家酒造さんも 松露酒造さんも

多くの銘柄を扱っているのですが、

敢えて

銘柄を絞ってみました。


焼酎 ちんぐの会 />

重家酒造さんの銘柄から

・去年の “夏ちんぐ” 19度
・ちんぐ 白麹25度  5日前割り  度数 12.5度
・雪洲     25度  1週間前割り 度数 12.5度
・雪洲     35度  1週間前割り 度数  14度

松露酒造さんからは

・夏松露 20度
・くろむぎ 25度 12.5度

を ご用意しました。

食事は 一夢庵の 普段のお品書きから、

煮物を中心に

お野菜 を

ご用意しました。



今までは

いろんな銘柄を 数多く

呑んでいただく形式の会しか

経験が無かったので

銘柄を絞るのは ある意味 チャレンジでした・・・・。

結果的には

いい意味で 手ごたえを感じました。


一夢庵は“食中酒としての本格焼酎”を

標榜し続けていますが、

銘柄を絞った前割り焼酎を 

料理と共に味わっていただくことで

焼酎と料理のバランスは 勿論のこと

清酒より低い度数で 割られている焼酎の

まろやかさと 風味 味わいが

深いレベルで

参加された方に 伝わったように 感じました。



“呑み疲れなく”

“ゆっくりと会話をしながら”

“酔いすぎる事もなく”

“リラックスできる”

これが 本格焼酎の醍醐味ではなかろうか?


そう感じました。





つづく
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1182-c8bd094d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)