二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎論 2
台風が 北の方に進んでいるようです、

土曜の深夜の姫路は

ここ最近では いつになく 涼しく すごしやすく感じます。



さてさて

前回のブログの続きです

焼酎の醍醐味・・・と書きました。


ちょっと付け加えれば

“焼酎の醍醐味の一つ”と 表現したほうが

適切かな・・・。


そもそも

一般的に 流通している本格焼酎のほとんどは

アルコール度数25%です。

“すでに 蔵元から出荷の段階で、加水され25度に調整”

されている訳です。

いいかえれば すでに“水割り“になっていると言っても

過言ではありません。



“前割り”って言うと

さらに 割っている訳です。


ところが

“割る“ことは

アルコール度数は 低くなるのですが、

味が まろやかになったり、

香りが たってきたり・・・・


そしてなにより

食中酒としての 本格焼酎の良さが

発揮されると 考えております。




ただし 勘違いしないでいただきたいのは

焼酎を割ると言う事は

そんな単純なモノではなく

それぞれの焼酎の特色を まずしっかり掴んでから

どういう手順で どの程度の水割りにするか?という

問題を 解いておかなければ なりません。


甑州

先日の 重家酒造 雪洲ちんぐの会で

お客様に 愉しんで頂いた焼酎、

雪洲25度・35度 ちんぐ白麹25度。

酒質を理解したうえで

それぞれ 割り方と 割ってからのに日数を

家内なりに 

最高のパフォーマンスを発揮するであろうポイントで

提供させていただいた訳です。


なんでもかんでも 5:5で割ればいいわけもなけりゃ

割ってからの日数も 長けりゃいいってことでもないと

考えております。


冒頭に

“焼酎の醍醐味の一つ”と

書きましたが、

一夢庵は 基本的に

私が汲んで来た 天然水を 煮沸・冷却し

それを使って

“水割り” “お湯割り”にして

本格焼酎の旨さを 表現し続けております。

ところが

本格焼酎の醍醐味は そんな単純に“水割り”“お湯割り”だけで

おしまいって事もないのです。




つづく

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1183-60d34a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)