二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎論 3

さてと

本格焼酎の醍醐味は

“水割り” “お湯割り”だけじゃない、って

とこまで 書いてました。



私は

以前は 25度の本格焼酎の

オン・ザ・ロックは 

食中酒には 向かないんじゃないかと

思っていたんですが・・・・・


なぜなら 25度のアルコール度数は

食事に合わせるには“高すぎる”と

考えていたのです。

なんちゅうても 4分の1が アルコールですからね~~。


ところが

本格焼酎は その製造の過程で

麹 酵母をつかっており

ある意味 発酵食品の加工品とも 言えます。



日本人の身体には

25度のアルコールは 高過ぎるのですが、

それでも

麹・酵母の発酵加工品は

日本人の身体と 相性は

良いですし、

チェイサーの水を 少し合間にはさみながら、

氷がとけていく・・・・・。

それは それで 十分 食中酒です。



で、

さらにその上の“本格焼酎の醍醐味”を

考えた場合、

一夢庵は

“アルコール度数の高い本格焼酎”の美味さの表現を

考え続けることに 至りました。



35度に調整され瓶詰めされた焼酎、

さらには 蒸留後の原酒のままの焼酎、

蒸留の最初に垂れてくる 初留どりと 言われる焼酎。


こういう アルコール度数の高い焼酎は

25度の焼酎の水割り・お湯割りと

同じ度数に割っても

味わいが 深く 美味く感じてしまうのです。


詳しく 科学的に根拠を示せと言われると

難しいですがね。



最近では 炭酸割りなどの

新しい呑み方が

一般的になってきましたが、

やはり

度数の高い焼酎を 割るほうが、

私は 美味く感じます。

某蔵の 蒸留機





25度の焼酎と比べて

度数の高い焼酎は 一般的ではないですが、

我々飲食店は

割ることで 度数を下げることでの 

本格焼酎の旨さの追求はできるのですが、

度数をあげる事は 不可能です。


ですから

アルコール度数の高い焼酎のラインナップが

もっと増えてくれると

一夢庵の“本格焼酎布教活動“にも

“本格焼酎の旨さの追求“にも

プラスになるんですよね~と

蔵元さんと お話しする機会があるたびに

ついつい 言い過ぎちゃうんですよね~~。(笑)



それに、

度数の高い本格焼酎の持つ

世界中の蒸留酒に 

負けず劣らずのクオリティーを 

今以上に 

多くの人に 理解してもらえるきっかけになり、

さらに “今まで以上の『美味さの表現』”が 可能になるのではないかと

私は 思います。





つづく



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1184-b708f266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)