二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



暖簾をくぐっていただける って事。
先日の とある遅い時間・・・。


初めてご来店の お客様、

一夢庵は お客様との距離がとても近い店なので、

余程の事が無い限り、

その方が 何度目かのご来店か 初めてのご来店かは

ほぼ 確実に わかります。



こうやって綴っているブログや ホームページを

見ていただいているうえに、

一夢庵を知る方からも 話を聞いてくれていたらしく、

初めてのご来店にもかかわらず、

まるで 何度もお話をした事のある 旧知のお客様の様に

店の空気に 馴染んで 偶然居合わせた他のお客さまとも

お話を楽しんで頂けました。



その方が

カウンターに座るなり、

『すいません、写真撮らしてもらってもいいですか?
FBに 載せてもいいですか?』



私は こうやって まず 一言 お言葉を頂けるお客様には

『OKですよ。好きなだけ撮ってくださいね。ただし ひとつ条件があります、
店の名前は 伏せておいてくださいませんか。』

と・・・・・・・・。


いかんせん 20席しかない おっさんとおばはんが2人で

何とかかんとか 切り盛りしている ちっぽけな居酒屋です。

道路サイドの看板は すでに 取り払っていますし、

店先の看板の電気が ぼんやりと 灯っているようなみせですからね~~。(笑)

(時には その電気すらつけ忘れて 閉店時間にやっと気づくなんて事も・・)


こうやって 私自身では 

店の事やら 私の事は ネットに 晒してはいますが、

正直 積極的な集客って言う事とは 切り離して

別の事やと思っております。

私の生活全般や 私の考える事が メインであり、

それを読んで

『どんな おっさんが どんな店 してるねん。』

『一回 見に行ったろか!』と

思われた すごく奇特な方が (失礼な表現ですけど)

何かの時に 一夢庵の暖簾をくぐって いただけるなら・・・・・・・・・。

逆に言うと

そうやって 辺鄙な立地のこんな居酒屋に

ご来店いただいたお客様に

私も 興味津津なんですよ~~。(笑)




世間を見渡せば

積極的に グルメブロガーさんに 

話題にしてもらうようなお店さんや

集客の為の グルメサイトに 掲載するお店さんも・・・・・。

また 食事中に写真を撮り、

それが 行儀が良いか悪いか

モラルが問われるのか どうかが 誰も 正すことなく

ネット上に 載せる事が

当たり前になってしまった時代ですけどもね~~~。



『せっかくタダで利用できるネット上のサービスを 
積極的に利用しないのは商売人失格やんか!』

との お叱りの言葉も

聞こえて来ますが、

こんな感じのスタンスが 

一夢庵が 暖簾をあげ始めてから 今まで積み重ねてきた

スタイルなんですよね~~。(笑)




さて そろそろ 

暖簾を下ろす時間になった頃・・・・・。

写真を撮ってもいいですかと 尋ねられたお客様が

『やっぱり 写真をFBに 載せるのやめます。』

『私の大事な店の一つになりそうだから・・・・。』

と いうような感じの事を言われました。



それで 私は とても嬉しく思いました。


ネット上の ブログや HP、

SNSで いろんな御商売のコマーシャルが

当たり前のように 展開され、

ややもすると 

耳触りにいい言葉の羅列だけが

飛び交っているように 感じている私にとって、

ネットの中ではなく

その人の心の中で

一夢庵っていう店が 選択肢の一つに なることが

本当に 嬉しい事なんですよね~~。



こんな 悠長なスタイルの店は

世界中探しても

かなり少数派とは思っておりますが、

それが

大きな居酒屋市場の中での 一夢庵の居場所であり、

一夢庵の勝負の土俵やと 考えております。






21世紀の飲食ビジネスとは かけ離れた

ものすごく臨時休業が多い

一夢庵ですが、

こんな感じですわ~~~。(笑)










スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1194-39fbc26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)