二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スタイルを守る
一夢庵は 

臨時休業の 非常に多い 飲食店です。


近頃は

365日 定休日なしなんてお店も 

普通にありますが、

一夢庵は 全くの真逆です。




一夢庵を 知っていたただいているお客様には

言わずもがなですが、

暖簾をあげてから 13年間

アルバイトを雇うこともなく

大入りの時も そうでない時も

家内と私の 2人で ずっと営業してまいりました。

店の空気感(私が非常に大事にしている部分)は

完全に 家内と私でしか 表現できない所まで

来ています。

代わりに カウンターの中に立てる人間は 居ないのです。


さらには

本格焼酎を美味しく提供することについて

私と家内は (自画自賛になりますが)

日本のどこに出しても 

かなりのレベルに達していると自負しております。



そういう点でも

代わりになる人間は 居ないのです。


小さい店ならば 

どんな店でも 代わりになる人間は 居ないもんです。

ガキの頃 通っていたお好み焼き屋のバア様 然りです。

その店には そのバア様しか 暖簾を守れないのと同じです。


近頃は 飲食店がビジネスライクになって

24時間 365日営業が

普通な事も 重々承知しておりますが、

一夢庵のやってきた道も これから 進むであろう道も

それとは真逆。

 かと言っても 決してビジネスライクなやり方を否定はしませんし、

そういうお店があるからこそ、

一夢庵も 存在できるんやと 私は理解しております。


店が臨時休業で

お客様に ご迷惑をおかけする場合もありますが、

店側が

ご来店頂いたお客様に対して

いつもの一夢庵クオリティーを 提供できる自信が無い日でも

暖簾をあげ お客さまを お招きすることは

本当の意味でのお客様の満足を得ることができないですし、

お客様に対して 礼を欠くものだと

私は考えております。



『我儘な店だ!』とのお叱りの声も

聞こえてくるのも 事実ですが、

上記のような一夢庵のスタンスは

変える事は 今のところ毛頭ございません。


ご理解の程 よろしくお願い申し上げます。




長々の文章の後に・・・・・・・・。

本日 28日 わけあって 臨時休業いたします。

明日は通常に営業いたします。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1212-5e4686c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)