二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ちょいと早めに 今年1年を
今年も のこすところ

1週間余り・・・・・・・。


毎年 当たり前のごとくなセリフだが、

光陰矢のごとしですな~~。


なかなか 厳しいご時勢、

仕事において

結果が伴っているのか いないのか・・・・・。


もっともっと 力をつけていかなければならないと

痛感した1年だった。



いい出会いもあり いい御縁もあり

また 

これからも つながっていく関係、

残念ながら 途切れていく関係・・・・。


諸行無常だと思う。


そんな時代の中 如何に 

自分の力で切り開いていくかが

しんどいけれども

それこそ人生の面白味。




先日 家内と 学生時代の寮の話していて

思わず口にした事がある。

『人生の中で 貧乏くじを引くことに 何のためらいも無かった。』


確かに 振り返れば

カラオケで 

川島英五の“時代遅れ”を 歌いまくり、

北品川商店街の とあるスナックのママに

『あんたは もう十分 時代遅れやからな。』と

言われたセリフは 今も 鮮明に覚えている。


確かに 

貧乏くじは 文字通り 貧乏で インケツなのだが、

どこかに

面白味が ちょっとでもあれば

それも また 人生の糧になるんじゃないかと

40も半ばになっても 信じて疑わってはいない。


腹の立つことがっても

すぐに忘れる。

嫌なことが あっても

いつまでも そんなマイナスに囚われない。

今年は 何故かしらそんな風に 思えるようになった。





そう言えば

これも ご縁なのだろうか、

宮崎の 鵜戸神宮から

新年特別祈願祭のお知らせのお手紙と

奈良の 橿原神宮から

大晦大祓(おおつごもりのおおはらえ)

新春初祈祷のお知らせのお手紙が届いた。


鵜戸神宮は

鵜草葺不合尊(うかやぶきあえずのみこと)を主祭神をしており

橿原神宮は

神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれびこのみこと) つまりは

神武天皇を 主祭神とされている。



神武天皇の父が

鵜草葺不合尊。




父と子 

それぞれを お祀りされている

別の神宮から 同じタイミングで 初めて

お手紙をいただいた・・・・・・・・。


不思議なご縁を 感じた12月。

そうそう 23日は 天皇誕生日。

今上天皇も 81歳になられました。

鵜戸神宮 橿原神宮






とにかく

今年の 残りの日を 

いつもと同じように

大事に 暮そう。



そして

また 来年も 

そんな劇的な変化は 望まないけれども

次の10年 その次の10年を 

見据えて 動いて行こうと

思います。




一夢庵の営業は 年内 30日までです。

今年を 全う出来るように・・・・。

頑張っちゃうもんね~~~~。(笑))))))






スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1231-1336c1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)