二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ちょっと まじめな話。


まあ 何年も 連続で 同じ蔵元さんを

訪ねていると 

その蔵元さんの焼酎について

自分なりに何度も考え 何が 他の蔵元さんの 焼酎と違うのかと

まじめに考えたりします。



個人的な考えなので

すべての人の考えとは違いますが

私なりに 思う事を記してみます。




大分の麦焼酎は 麹にも 麦を使うので 

100%麦で 造られた麦焼酎です。

(一部には 米麹を使っているものもありますが すごく少数です。)

平均的には

きりっとした 味わいで 比較的のど越しも すっぱっと切れる感じです。

いいちこ 二階堂の二つで 大分麦焼酎のほとんどのシェアーになります。


が、

小さい蔵元さんも 数多く あります。



そんな小さい蔵元さんは

小さいがゆえに 独自の味わいで 勝負しておられます。



ブームのさなか

四ッ谷酒造さんの 兼八(かねはち) という焼酎が 凄く脚光を浴びました。

今までになかった 強烈な麦の香ばしさを もった 麦焼酎で

いいちこさんとは まさに 対極で

同じ麦焼酎のジャンルとは 思えない味が 個性として評価されました。


本来の麦が もっている

麦茶の風味にも似た(ややもすると麦茶以上に香ばしい) 焼酎です。






お店でも 人気の

藤居醸造さんは

私の個人的に 好きな蔵元さんです。


大分でも唯一〝手作り”を名乗れる 

小さいながらも しっかりとしたスタンスの蔵元さんで、

長期熟成のものから 

地元産の麦を使ったものまで 

味わいのブレを 感じさせません。

見事なまでの 酒質の安定感です。


食中酒 (食べながら飲む)としては

最高の麦焼酎のひとつだと 確信してます。


味わいの しっかりとした焼酎は 

是非 水割や お湯割りのように 

割って飲んでください。

決して 味が薄くなって 水臭くなるような事はありません。

むしろ アルコール度数が下がり 身体にやさしくなり

しかも 

香り 味わいが 引き立ってきます。

そして 

食べ物との マッチングも より良くなります。






また 小さな蔵元さんは 

その原材料にも 特徴があります。


地元産の麦や 特定の品種の麦を使って 造られた焼酎には

独特の味わいや 風味を感じることができます。



トレーサビリティーとか 

難しい言葉で 最近は 言われますが、

要するに どこで 誰が 造った麦なのか 

各蔵元さんは 完全に 把握されています。











生産量は かなり少なく その分 知名度も 低いかもしれませんが、

その味わい 風味 香りは

私が 保証します。


美味しい まずいは 人それぞれで違いますが、

そんな小さな蔵元さんの焼酎は

〝まちがいない”のです。



感情論みたいになりますが

小さい蔵元さんと 顔を合わせ 何度も話をしていると

どうしても応援したくなり

その蔵元の焼酎が 美味しく感じます。



酒は 嗜好品の最たるものです。

どうせ 楽しく酔っ払うのなら

〝語れる酒”

“物語のある 酒”で 

心地よく酔っ払って欲しいのです。




私は そんな気持ちで お店に 立っています。










ちなみに この写真は

藤居醸造さんの 裏手の畑で栽培されている 

ハト麦です。

実は 私も初めて 見ました。







 

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/124-d16982af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)