二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



写真
写真を撮るとき

何を意識して シャッターを押しますか?


写真を撮ってもらうのなら

カメラ目線が いいですか?

それとも

いつ撮ってもらったか 知らないうちに

撮られた写真が いいですか?


集合写真なら

そんな選択の余地は無いですけどもね。


よっちゃん
この写真は 昨年 九州旅行の時に
とある蔵元さんの 裏手の田んぼの畦道で
家内が 撮ったものです。
私の大好きな一枚です。




近頃は 皆さんスマホをお持ちなので、

そんな事を考える間もなく

無意識で 写真を撮ったり

撮られたりなんでしょうかね?

それとも

カッコよく映るまで 

何回も シャッターを押したりするんでしょうか?





店のHPも ブログも 

ほとんどの写真は 家内がシャッターを押したものです。

ですので 

家内が写った写真は ほとんどありません。



先日

家内と 写真の話になった時に

どういう視点で ファインダーを覗き、

どのタイミングで シャッターを押すのか?



尋ねました。


家内 曰く

撮ろう!撮ろう!と思って シャッターを押す訳ではなく

観ている景色の中で 

これを伝えたいな~~と

思う事があれば シャッターを押すし、

伝えたいと 一瞬思っても なんか違うな~と思えば

長い時間カメラを構えていても シャッターを押さない時もある。

と・・・・・・。

ほぼ 一発勝負の写真です。



基本的に 私は

自然体の写真を 撮られる方が

好きです。

その写真を見て

ぁ~~、俺って こんな感じなんや~~と

客観的な視点で 自分を見ることができるからです。


ヒネクレ者の私は カメラ目線の時は

変顔をしているか いちびっているかのどちらかです。

場合によっては 

“アホなおっさん”にしか映っていません。(笑))))



私の映っている写真を見て

人様が 何を思うかは

私の関知する事ではありません、

映っているまんまの私以外の何者でもありませんからね~~。


また 家内の撮った写真を見て

何を感じるか

見たまんまなのか?

その写真には映像として映っていない

ナニカを 感じるのか?

渡邊酒造 
この写真は 数少ない 家内が写っている写真。
一緒に蔵元訪問をしてくださった酒屋さんのシャッターです。
家内の撮る写真を理解してくださっているのか いないのか・・・
でも
なんだか 家内のシャッターみたいな写真です。


そもそも 写真って

2次元の表現に過ぎませんが、

考え方や

見方によっては

2次元を通り越し

3次元にも 4次元にも 感じられる表現方法じゃないかって

最近 思います。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1241-658be4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)