二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



同じような 匂い。
『売れてる商品を 売るのか』

『売りたい商品を 売るのか』

同じ商売でも

考え方次第で 方向は全く違います。



先日

とある方と 初めて一緒に お酒を飲む機会を作って

たらふく呑みました。

お酒に関する仕事をされている方なので、

話題は もっぱらお酒 という訳ではありません。(笑))))


くだらない世間話を 含めた

自分の商売に関する姿勢やら 何やら・・・・・・。



とても楽しい時間でした。


その方の 佇まい 空気感が

私と “同じ様な匂い”が したからかもしれません。

同じような方向性の人と話をすると

とにかく 話題が 深く幅広く スウィングして

それで居て 気づかされることも多く

心地よいのです。




その方も 扱う商品は違えど

『売れるから売る』っていう考え方を否定せずに、

建設的な考えのもと

『売りたい物を売る』という姿勢が ビンビン伝わってきました。



大げさな表現をすると

その商品を 売るという行為で

『その商品をお客様に伝えたい』という姿勢と 

言い換えてもいいかもしれません。




よくよく考えれば

私も わざわざ 休みの日に

雪の降るなか 山奥に水くみに行くのは

一夢庵流の 本格焼酎の旨さを

お客様に伝えたいからだと 言ってもいいかもしれません。





とにかく

その方とは また 一緒に 

酒でも 呑みたいな~~~と

思ってしまいました。

青一髪 瓶詰め機
とある 焼酎の蔵元さんの瓶詰め機
家内制手工業と言ってもいいような小さな蔵。
生産量は少なくても 大手メーカーが逆立ちしても
再現できない味わいがあると 私は信じています。


まあ 商売ですから

売り上げや 利益は

結果として 

問われるところです。

ただ

結果が問われるのであれば

その過程も やはり

問われるのではないだろうか?

って

シンプルに 思ってる私です。




スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1244-7bc87d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)