二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



醍醐味
先日の11日 建国記念の日

いつもの一夢庵は お休みにする祝日ですが、

何年振りかに 祝日に暖簾を あげました・・・・・。

おかげさまで エエ感じの営業ができました。

ありがとうございます。
播州赤穂 坂越 牡蠣
(瀬戸内とは言え 冬の寒空の下
筏から まさに水揚げ中の牡蠣です。)

いまさらですが、

一夢庵には 100種類を超える

本格焼酎を ラインナップしています。

有名銘柄に 頼ることなく

私と家内で 納得した蔵元の 納得した銘柄だけを

扱っております。



造り手でもない私が

こんなことを言うのも おこがましいのですが、

何か新しいことに挑戦している蔵元さんの焼酎と

そうでない蔵元さんの焼酎は

自然と差がついて行きます。



一夢庵では 

3種類試飲して頂いてから

1升瓶をキープして頂きます。

銘柄の名前に左右されず

味わっていただいたうえで 

1升呑み切るって言う充実感も含めて

愉しんで頂きたいからです。

すると

キープされる銘柄に 歴然と 差が生じてくるのです。


それが 前述した

挑戦している蔵元さんと そうでない蔵元さんの差ではないかと

思えて仕方ないのです。



当然 嗜好品ですから

個人個人の感じ方に差があるのですが、

熱烈なファンを獲得する銘柄が

ある一方 悲しいかな

そうでない銘柄も あるのです。


造り手さんのお考えが

味わいに しっかりと反映されている焼酎は

やはり

一味違うのか、

お客様に 全く説明しなくても 

間違いなく 伝わっていくのだと思います。

なぜなら

お客さまから 発せられる言葉が

如実に それをあらわしているからです。

『この焼酎は 今までのモノとは次元が違う。』

とか

『色々呑んできたけど、なんだこの美味さは!!』

とか。。。。。。



私自身も

いろんな焼酎 いろんな酒を 呑みますが、

改めて試飲すると 以前に呑んだ時と

味わいの感じ方に差が生じるのです。


『これ こんなに 深みのある香りやったっけ?』

『あれ こんなに 丸みを感じてたっけ?』

etc

よくよく 調べてみると

以前とは 熟成期間が 違っていたり、

使う原材料が 違っていたり、

麹 酵母 発酵 熟成に ひと工夫されていたりと・・・・・・。



同じラベルでも

ラベルには 現れない部分で

変化 進化 していたりするんです。

(まあ 私個人としては 出来るだけ
製品に関する情報を ラベルに書いてほしいな~~って思ってます。)




こうやって 蔵元さんの創意工夫を

肌で感じると、

私も 『もっと精進せなならん!』と

思うのです、

そのうえで

ご来店頂いたお客様に

今まで以上 より一層

本格焼酎の醍醐味を味わっていただきたいのです。



一気に 急激な変化は 望んでおりませんが、

私自身 もっともっと

本格焼酎に対する理解を深めて

イカンとイカンですわ~~。

そういう意味でも

本格焼酎の醍醐味は 

おもしろいな===。



がんばるべ==。

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1247-70ba6eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)