二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



蒸留酒呑み
先日

仕事帰りの 深夜。

仁義なき戦い完結編を

見ながら 黒糖焼酎を 

呑んでました。


小林旭の 渋いセリフを

聞いていた その刹那、

今更ながら 自覚しました。

私は 『蒸留酒呑み』だと!


本格焼酎を 主に呑む私は

水割りや お湯割りなど、

酒を 割って呑むことが

違和感なく 身についているんです。



フランスのリンゴの蒸留酒

“カルヴァドス”ですら

その日の体調に合わせて

水割りだったり お湯割りだったり・・・・・・。


私にすれば 割るって事は 味わう為の一工夫なのですが、

とある人に

『カルヴァドスを 水で割って呑む発想はない。』と

言われてから

ずっと 頭の隅に 

引っ掛かってたんですよ。

そう言えば

カルヴァドスを 買った酒屋さんでも

『料理か何かに使うんですか?』って聞かれたので

『いえ、呑みます。』と答えると

なんだか 微妙な笑顔を 返されたな~~。(笑)





基本的に 醸造酒は 割って呑むことは少ない。

本格焼酎を含む 蒸留酒を

水やお湯で

割ることで 

そのお酒の持つ美味しさを

引き出そうと 試みるのは

呑み方の一つとして

間違いじゃないと思うんですよ。

割るって言う事を

ややもすると 水で薄めるって言う風に

考えられる方も いらっしゃいますが、

そうじゃないのよ。




本格焼酎は

単式蒸留機で 1回蒸留が大多数。

素材由来の 香りや 風味が

強い蒸留酒です。

連続蒸留機で 

アルコール100パーセントに近い度数の原酒を造る

蒸留酒とは 

全く違うものだと認識しています。


本格焼酎は

その成分中に 時間と共に熟成する成分を

もともと 含んでいます。


ゆっくりですが 間違いなく 瓶詰めされた後でも

熟成します。

それが

他の蒸留酒との一番の違いだと

考えます。




つづく
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1253-4e1dbaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)