二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



蒸留酒呑み 刺激も時には官能的♡
単式蒸留機で造られる

本格焼酎は

蒸留したばかりは

モノによっては 油分の臭いや

ガス臭が ごっついデス。



ちなみに 私は過去

バンバンに 発酵している真っ最中の

芋焼酎の醪のタンクに

思いっきり 顔を近づけ、、

その刺激臭に 鼻がもげるかと思うほどの・・・

もはや 打撃と言っても過言ではない刺激を

喰らった経験があります。

理論上は

でんぷん質が 麹菌によって

ブドウ糖と 変わり、

そのブドウ糖を 酵母が アルコールに変えてくれるのですが、


原材料である 芋 麦 黒糖・・・・には

でんぷん質 糖質以外の成分も 当然含まれます。

油分であったり タンパク質であったり・・・・・。

それが 

蒸留直後の 油臭であったり ガス臭になったり・・・・。


ガス臭は 時間の経過で 抜けていきますが、

油分は

焼酎中のアルコールと反応して 脂肪酸エステル類と総称される

成分になります。

近頃は ガス臭を含め この成分を 

バッチリ残した“新焼酎“と

名付けられた商品も あります。


マニアックな焼酎呑みなら

『むむ~~っ。こいつやるな~~。』と

唸る味わいなのですが、

食中酒には ちょいと刺激が強いかな~~って思います。(笑)




まあとにかく

この 油分(脂肪酸エステル類)を

どの程度濾過するかっていう

わずかな製造上の違いだけで

出来あがる製品の味わいは 

仮に同じ原酒でも

大きく変化しちゃうように

思います。



家内が 

時々 呟いているのですが、

『この油分が いや~な香りと味になる焼酎もあれば

絶妙に 美味く感じる焼酎もある。』 と・・・・・・。


強い刺激臭・いや~~なスメルも 絶妙な分量残すと

心地よいフレ~バ~に感じる 人間の感覚の不思議でもあります。



そういう 成分を含むがゆえに

本格焼酎は 何か別の味・香りを加えるのではなく

シンプル~~な水割り・お湯割りで

味わいと香りが 

より一層 官能的な魅惑を

喚起させてくれる

アルコール飲料のひとつでは

ないでしょうかね~~。





スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1254-5b1bafcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)