二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



蒸留酒呑み 提供する側
本格焼酎は

熟成していく成分を含んでいて、

瓶詰めされてからも

少しづつ熟成します。

と 書きました。



本格焼酎を

お客様に提供するレベルで

お話ししますね。




瓶内でも 熟成するという事は

その瓶詰めされた日、

その瓶を 開封した日、

その瓶の最初の一杯なのか

最後の一杯なのか、

それぞれの状況で 同じ銘柄でも

格段に違いが ある場合もあります。


その違いは 絶対理解しておかなければなりません。


まあ 全ての銘柄に

瓶詰め日が 記入されてはいませんが、

せめて いつ開封したかは 記憶しておくべきです。

それだけでも

焼酎に対する理解度は 格段に上がります。



また それぞれの蔵元さんの

それぞれの『酒質』があるように

少しづつの瓶内熟成とはいえ

そのスピードは 

蔵元さんごとに 違いますし、

銘柄ごとに微妙に違います。


家内は

水割り・お湯割りを造る際に

必ず ストレートの焼酎の香りを確認し、

彼女なりの旨さのポイントを探って

水・お湯の割合を 

極めて 少しではありますが

変えています。

6・4とか 5・5とか 一定の割合は

全く 決めていません。

この蔵元さんの焼酎は 味わいと香りが 良く伸びて

少し薄い感じに割っても 味わいの良さが 伝わる。

また逆に 味わいの伸びが そうでもない焼酎なら

少し加水程度にして

その焼酎の良さを お伝えします。


さらには

そのお客様は 今日何杯目か?

この焼酎を 今出すのなら どの程度の割合で割るか?

今飲んだ焼酎、次に出すのなら どの焼酎を 

どのくらい割って提供するか?

などと

めまぐるしく思考を しているようです。

私も 普段の会話で 

家内の提供については 深く話をしているので、

お客さまから 

おかわりのご注文をいただいた際に

一夢庵の100種類近い銘柄の中でも

私と家内の セレクトする銘柄・割り方が

一致するのが ほとんどです。


また その時に お客様が食べておられる料理から

イメージする場合も

意見は 非常によくています。


私が思うに

不味い本格焼酎は この世に存在しません。

但し

それぞれの本格焼酎の良さを台無しにする

マズイ割り方 マズイ提供の仕方は

間違いなく あります、

しかも それは提供する側のパフォーマンスのマズサ

なんやと 

常に心に置いて

暖簾をあげています。


本格焼酎には

ワインの様に ソムリエなどと言う資格はありません。

焼酎アドバイザーと言う資格はあるようですが、

正直 私が今まで お話させていただいた

アドバイザーの方には 

がっかりさせられたことしかありません。


まあ

アドバイザーだろうが なんだろうが

本格焼酎に 携わる

造り手も 売り手も 呑み手も

当然私自身も含め

それぞれの立場で まだまだ完成の域に

達しているのではなく 

発展していく可能性、言うなれば

伸びしろの大きいアルコール飲料だと

認識しています。



釧路から サメガレイ

雨の姫路ですが

北海道釧路から ごっついええサメガレイ入荷です。

背中側の身は お刺身で

腹側の身は 塩焼で!!!!














スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1255-1ce2a22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)