二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



わしは こう思う。
世知辛い世の中だからなのか

いつの世も こんなもんなんだろうか

定かではないが

想像もしないことが 現実になることが・・・・・。

良い事なら サプライズで 嬉しい出来事なのだが、

往々にして

ハプニング!悪い事の方が 多いのが世の中。


価値観の多様性は

歓迎すべきことだが、

多様性の意味を 取り違えて

最低限の礼儀・道徳感を無視することも

“自由”と言う輩も 

少ないとはいえ 目立ってしまう。

そして タチが悪いことに

その手の輩は 責任を問われることすら

自分勝手なご都合で 

逃れようとするのよね~~。

口之津 白浜



ネット上やらで

眼にする機会が あるんだけど、

ご予約の キャンセル。

本当に 急な用事やら 病気なら 仕方ないけど、

その連絡すら いただけないドタキャンの話・・・・・・。



敢えて言うんだけど、

そういうドタキャンを 喰らう。
(この表現も適切ではないような気もしますが、・・・・。)

のは

本当に そのドタキャンのお客様に

100パーセントの非があるのか?

って おもちゃいます。

私の今までの経験上

身の回りに 起こる事象には

ほとんどの場合

自分の過去の言動が

巡り巡って 自分に 帰って来たかのように

思う事が かなりの割合で多い。



確かに お店側としては

経営上の死活問題だし、

お席が空いたままで 場合によっては

ご来店いただいたお客様をお断りするなんて・・・

断腸の想いです。


でもね~~、

お店側とお客様側、

本来 敵対する立場ではないはずです。



お店は

お客様に

楽しい時間を過ごしていただく為に

準備を整え 

今か今かと ご来店いただけるのを 待つ、

お客様も 

今日は どんな楽しい時間を過ごせるか、

どんな料理に 出会えるかを

楽しみにしておられるはずです。




一夢庵は

暖簾をあげてから 13年。

連絡なしのドタキャンは 一回もありません。

ご予約が 少ないからなのかもしれませんが、(笑)

そういうことは抜きにして、

13年間 ゼロなのは 事実です。


ちょうど

この文章を書いている今

ご予約のお電話がありました。

家内が 対応しております・・・・・・・。

『雨降ってます、足元 気をつけてお越しくださいね。』

『大丈夫ですよ、お時間少し過ぎても お席は ご用意してますからね。』


どうやら 初めてご来店いただくお客様の様です。


ちょっとした 言葉の一つ二つで

お互いの印象は

まだ 会ってもいない関係とは言え

良い方向に 回りはじめます。

そして ご来店頂けた、その刹那。

また お店とお客様

言い換えれば

人 対 人としての関係も 

含みつつ

料理と本格焼酎と 共に

会話して 

関係が出来上がっていくものだと・・・・・・・。


飲食店は 基本的に“待ちの商売”だと 

考えております。

こちらから お客様に

料理と本格焼酎以外に

発信できるのは

こういう電話対応であったり

ホームページや ブログ・・・・・。

そして

ご来店いただいた際の

ちょっとした対応であり

会話だけです。



このブログを書き続けているのも

言葉足らずながら 私なりの

皆様・世間・お客様に

向けた“発信”の一つです。




この文章も

一夢庵っていう おっさんとおばはんが 2人でやってる

ちっぽけな本格焼酎専門居酒屋に 限られた話で、

商売のやり方や

生き方の多様性・考え方のプロセスの違いが

たくさんあるのと同じで、

また 

誰かを 非難・批判するものはないですし、

人様に対して 偉そうに言える立場でもありません。

あくまで

一夢庵のおっさんが思っていることです。




それにしても

そういう 連絡すらないドタキャンの話を

聞くたびに思うんやけど、

自分がされて嫌なことは

人様に したらアカンで~~。

結局 

巡り巡って 

自分にかえってきよるはずや。



私の場合

嫌な事や 勘弁してくれよ~~って思うことがあっても

その一瞬は カチンと来るけど、

そういうネガティブな感情は

悪循環やさかいに、

すぐ忘れるか、笑って許すように

出来るかできないか別として

努力してますねん。(笑))))))))







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1259-833c15da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)