二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お湯割り・・・・・
ちょっと気になる記事を見つけた。


『お湯割り なぜ普及しない。』

と タイトル。


私なりの意見を

述べさせてもらいます。



まず

普及しないのではない!

まだ そう語れる段階にすら 来ていない。

まだまだ 発展途上。



焼酎ブームに沸いた頃、

といっても

正直

鹿児島芋焼酎ブームではなかったろうか?

しかも

ロックで呑むことが 受け入れられ

水割りなりお湯割りと言うのは

割ることで 焼酎の美味さと香りを引き出す

はずなのに

ただ単に“薄める“って言うニュアンスではなかったろうか?

全国津々浦々の居酒屋に

九州のごく限られた一部で呑まれていた

“本格焼酎”が

並べられたことは 知ってもらうという点では

いいことだったが、

はたして

お客様は

本当に 美味い焼酎に巡り合えただろうか?


“異常なまでに 薄~~~い 水割り”

“異常なまでに 熱~~~い お湯割り”

あの頃 誰しもが経験したはずだ。

挙句に 値段は 一チョコ前以上に 高い!!!!

本来 それぞれの焼酎が持つ

それぞれの美味しさ 香りなんて

どうでもよくて 

ただただブームだから 

乗っかっただけではなかっただろうか?


薄~~い水割り 

熱~~いお湯割り

高~~い焼酎の

せいで

『焼酎は 美味しい酒じゃない。』との認識の方も

少なからず いらっしゃる。




一夢庵は

当初から 水・お湯で割ることで

食中酒としての本格焼酎を標榜してきた。

『アルコール度数を下げるのは 味わいを薄める事ではない。』

『いかにして 食事と共に 味わうか?』

『酒器は 何がいいのか?』

・・・・・・・・・・。


多岐にわたる細部にまで

“一夢庵の 当たり前”仕事としてのクオリティーを

今に至るまでの間

構築し続けている、

かなりのいい線まで来ている感はするが

まだ最終形ではない。


まあ 一夢庵のことは置いといて話を進めると・・・。


本格焼酎は

まだまだ 普及の途中のアルコール飲料。

造りてである蔵元さんも

まだまだ試行錯誤中 と言えば

聞こえはいいが、

中には 目先の売り上げに 重きを置き過ぎて、

何がしたいのか?何が売りたいのか?

疑問に思うことも ないことはない。

自分の造る焼酎が ワールドワイドなアルコール市場全体の中で

何をどう訴求していくかと言う所まで、

考えているのだろうか?

と 思ってしまう場面も 無きにしも非ずである。



私は 自分の店 自分の造る料理 自分の店の雰囲気・・・

いろんな面で 

飲食店市場全体で どの位置に立つのかを

時々 考えながら 現実を見つめる。

ちっぽけな店だが ちっぽけながらに

市場の中での守備範囲は 必ずあるはず、

なかったら 潰れるだけだろう。




酒屋さんも

せっかくの

数少ない特約店銘柄を持っていても

蔵元を訪ねることもなく、

その焼酎を 自分で 味わうこともなく、

ただただ 棚に並べているだけの店も 

ないことはない。

表面単価の高い安いに 振り回され、

自分で扱っているお酒、

それぞれの良さ、それぞれの美味さを

どこまで把握しているのか?

その挙句に『売れない』と 言い訳する。


これじゃあ~ディスカウント店よりも タチが悪い。




まあ ネガティブ話題をしても

前に進まないが、

良いところや 新しいところばかりに目を向けるのではなく、

悪い所を直す!!

そんなボトムアップも 並行して必要でしょ。

まずは 現状を とらえ、

そして対策を 考え

出来る事を 長い目で

結果を急がず 

コツコツ積み重ねるのが

一夢庵流。



いろんな店で 

飲み食いして

たまには 記憶が飛ぶまで

呑まれてしまう場合もあるけど、

自分のしていることを

省みて、

立ち位置を確認し、

ちょっとづつ 歩むしか ない。





とにかく 本格焼酎は

ブーム以降、

売り上げが下がることを恐れ過ぎ、

立ち位置を見失っては無いだろうか?

本質的な 美味さの追求を しているか?

目新しさだけの 一過性の話題作りに 偏ってないかい?


声を大にして

私は 訴えたい!!!


世界中を見渡しても

本格焼酎は 奥行きの深い酒である。

原料/造り方/アルコール度数/熟成・・・・・・

いろんな表現方法があり、

おそらく 日本人にしか造れないであろう多様性のある酒。

また

食中酒としての力は

他の蒸留酒を 

凌駕するポテンシャルを持つ蒸留酒である。
偽の海女 アマチャン
(重い記事になって来たので 全く関係のない 写真を入れてみました。(笑)))))


元々 本格焼酎が備えている特性を

しっかり 認識すれば

かならず

呑み方の一つとしてお湯割りは 

普通に普及するだろう。


冒頭にも書いたが

本格焼酎は まだまだ 発展途上では

ないだろうか?



あせらず 

あわてず

見失わず

出来る事を積み重ねるしか

何事も 道はないと思うんです。



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1261-059d506d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)