二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



テンション あがる?
『月曜日から お客さん これだけ来てくれたら

テンションあがるやろ~~。』




気心の良く知れた 友人の言葉です。


『いや~~、全く変わらん。 いつもと全く同じ。

むしろ冷静に 仕事をしようと 心がけるで~。』


と 家内とわたし。




お店をしていると

すごくいい感じに お客様のご来店をいただき、

段取りもバッチリに仕事を出来る日もあれば、

全く そうじゃない 空振りに終わる日もあります。



お客様に たくさんご来店を頂いてテンションが上がるのなら、

そうじゃない日は テンションが下がるということになります。


それって お店として 

一定のレベルでサービスができないと宣言しているも

同然やと思います。



40を過ぎた頃から

そういう風に 思うようになりました。


順風の時もあれば

逆風の時もあります。

でも

風向き一つで わたしの心まで

揺れ動いていたら、

その心の動揺は お客様に 伝わってしまいます。


どっしり構えて

自分自身の 仕事を

間違いなく 出来るだけ迅速に 遂行する。

それができる事が 最高やと思い、

心構えをします。


その時 その刹那の状況に合わせて

一夢庵にしかできないことを

一夢庵らしく表現できれば

最高でしょ。



たくさんの ご来店をただいた日、

最後のお客さまを 見送り、

その日の暖簾を 片付ける時、

『今日も お蔭さんやったな~~。』と

しみじみとした感覚が頭をよぎります。


ゆっくりとした営業の日も

暖簾を片づける時

『今日も お蔭さんやったな~~。』と

全く同じ感覚が頭をよぎります。



一夢庵は それでいいんです。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1272-fe857424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)