二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



夏の焼酎について。
数年前から

『夏焼酎』と銘打って

アルコール度数を 低く設定した

焼酎が 各蔵元から

発売されている。


当初 一夢庵も 

そういう商品を ラインナップしたけれど、

今は 積極的じゃないんですよね~~。


それぞれの 銘柄が どうだこうだと

批評するのは

ややこしくなるので、

概論として ちょっと

夏焼酎にまつわる話を

一夢庵なりに 書いて行こうかと思う。




まず

その夏焼酎が

その蔵元さんの製造されているラインナップの中で

どういう位置づけなのかが

若干 判りにくい。


呑んだときに 

ただ単純に 既存の商品のアルコール度数違いなのか?と

思っちゃう味わいだったら

一夢庵は 通常の25度の焼酎を

一夢庵流に 水割りして お客様にアピールしていきたいと

考える。


既存の商品とは違う

原材料、製造方法で 造られた夏焼酎は

その蔵元さんの商品ラインナップの中で

異質な商品になってしまい、

夏のあと・・通常の焼酎との味わいの差が

お客様に ギャップを感じさせてしまうようでは

本末転倒にも なりかねない。



一夢庵は 

普段から

『焼酎は 割ってナンボ!』

つまり

水で割って アルコール度数を下げても

味わいや 風味・酒質を崩さずに

食中酒として

お客様に 愉しんでいただくかを

考え 行動し続けている。


水で割ると 言う事は

水で薄めるのとは 違うんだ!!と

何度も 何度も お客様に

訴え続け、

一夢庵の水割りやお湯割りの 評価を頂いている。


お客様に 美味いやんか!と 言っていただける為の努力は

決して 疎かにしていません。

氷や水 お湯。

グラス 酒器。

提供の仕方・・・・。

これからも まだまだ 一夢庵は

深く深く本質を問い続ける事は 

やめません。


ひょっとすると

いずれかの時期に

夏焼酎を たくさんラインナップする日が来るかもしれません。



今は まだ

そうじゃないというだけです。



日本中を見渡しても

一夢庵の様な

ド変態な 本格焼酎専門店は

数少ないです。

(一夢庵よりも 沢山売る飲食店さんは 本当にたくさんあります。)



夏焼酎。

季節の商材として 売り上げの増加には

すごくいい焼酎やと 思います。


しかし

ド変態の一夢庵は

蔵元が 造った夏焼酎に対して

家内が 割った 水割りで 

戦いを挑んでいると言っても 過言ではありません。

(大げさ過ぎるかな~~~(笑))))))



とはいえ

麹と 酵母で造られた蒸留酒は

世界広しと言えど

日本の本格焼酎だけです。


私も 各蔵元さんが造った焼酎を味わっていただく料理を

造っています。

本格焼酎の造り手に対して 料理の造り手・・・・・。

それも また 

蔵元さんとの戦いと 表現しても いいかと思います。



個人的にも 仲よくしている蔵元さんとはいえ、

本格焼酎を 扱う共通点こそありますが、

造り手 買い手 売り手 と

立場が違う訳ですから、

お互い言いたい事は ガチで

言い合える関係づくりの為、

私は 一夢庵の暖簾をあげ続けることで、

本格焼酎の可能性を 探り 深く 掘り下げていこうと考えております。











スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1273-04fabbf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)