二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵の 本質的な考え
先日の

島の焼酎の会に参加させていただき

改めて

考え直したことがあります。
島の会 試飲




一夢庵は

正規の商品流通のルートを通じて、

それぞれの蔵元さんの 焼酎を仕入れています。

プレミア価格で仕入れるなんて 今まで 一度もありません。

正規の酒屋さんを通じて 正規に値段で仕入れ、

適正な価格で お客様に提供し続けています。



個人的に 蔵元さんと仲良くしていても

べったりと言うスタンスではなく、

普段の営業でのお客さまが 呑まれた時の

感想や おかわり具合 キープした時の“呑み減り“の感じを

フィードバックするのが

本来の仕事です。

どうしても 辛辣な意見を言わなければならない時もありますが、

それは

私の愛情表現なんですよね~~。



ただただ お品書きに

ラインナップするだけでは

おもしろくないでしょ!

ひとつひとつの 焼酎の向こう側に

どんな場所で どんな人が どう考えて造っているか・・・・。

それを お客様に 押しつけにならないように 伝えつつ

愉しんでもらうのが

一夢庵の考える焼酎の売り方です。


それが 証拠に 一夢庵では

何か一つの銘柄が 突出して売れている訳ではありません、

ちょいちょい 見かける“当店人気ナンバーワン銘柄”なんて ないです、

それぞれに まんべんなくお客様の評価を頂いています。


焼酎ブームの時から

私は

『芸能人の誰かが 美味い!と言ったとしても、
それを呑んで みんなが美味いと感じる訳じゃないやろ~~。』

『どこのだれが 造ったか判らん 工業製品みたいな酒が
悪いとは言わんが、一夢庵に ならんでる焼酎は
どんな人が造ったか ちゃんと判る焼酎や!』

と 伝え続けています。

飲み方も 

ロック一辺倒ではなく

水割り・湯割りの 美味さを 訴え続けています。

その美味さを表現する為に

水汲みに出かけています。


それが 一夢庵のやり方の本質的な部分です。



今日 たまたま イオン系列のでっかいスーパーの

お酒コーナーを見ましたが・・・・・・。

有名銘柄がプレミア価格で 定価よりも 何千円も高く

そうじゃない銘柄は 定価よりも 安く・・・・

酒屋さん!蔵元さん!こういう状況は どう思われます?

もっと言うなら

そこの棚に並んでいるプレミア銘柄・特約店銘柄は

どこから ながれてきてるんでしょう?

瓶詰め日を見ると 比較的最近です。



私は

こういうのを見ると 残念で しかたありません。

棚の並びを見ても 本格焼酎も 甲類も 甲乙混和も

まるで統一感なくバラバラ。

芋焼酎 麦焼酎 米焼酎 黒糖焼酎・・・・・・・

何でも バラバラの並べ方。

これでは 売れるモノも 売れんくなりませんかね~~。

話が脱線しましたが・・・・・・。


大手メーカーが でかいプラントみたいな工場で造った酒と

小さな蔵元が 家内制手工業みたいな状況で 造った酒と

酒税法上 同じ扱いだとしても

一夢庵では 同じように扱う事は 出来ないんです。

(でかい蔵元の酒が 不味いとか 美味いとかじゃないんですよ。)

例えるなら

ワインバーで ボルドーやブルゴーニュ産ワインボトルの横に

ペットボトル入りの 輸入濃縮ブドウ果汁から造ったワインが

段ボールの梱包に入ったまま

並んでいるみたいなもんです。




ましてや

蔵元を訪れ 見学させていただき

一緒に酒を交わした人の酒は 

言葉に出来ないですが ちょっと違う味わいが 存在しちゃうのよね~~。


以前 

とあるお客様に 

『黒霧島ある?』って 聞かれました。

私は

『うちには ないですね~~。』

さらに そのお客様

『黒霧やったら 黙ってても 売れるやろ~~。』



『黙ってても 売れる焼酎は 一夢庵が売らなくても 誰かが売ってくれますから=。』


黒霧島は 決して不味い酒じゃないんですよ、

キング オブ 家呑み焼酎!!

いつ どこで呑んでも 絶対間違いのない焼酎なんだけど、

一夢庵のラインナップに

加える必要がない焼酎なんです。


判ってもらえるかしらね~~~この理屈。




まあ そんな事を 考えてしまいました。


一夢庵は ドヘンタイな焼酎専門居酒屋ですが、

ひとつ 暖かい目で 

ご理解 ご指導 よろしくお願い申し上げます。

私とは違う考えの方も たくさんいらっしゃるでしょうが

決して 敵では ないはずです。

共有できる部分は あるはずです。





どこよりも美味い焼酎とは 申しませんが、

一夢庵らしい表現で

一夢庵が選んだ本格焼酎を 味わっていただきたいと 

考えております。



本格焼酎は まだまだ

未完成で 伸びしろの たくさんある酒です。

さあて これからも ボチボチ頑張りまっせ。




今年は 7月末ごろに

九州を訪れようと計画中です。






スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1279-c17ca35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)