二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



生ビールに 気をつけろ 第2弾!
生ビールに気をつけろ 第2弾。

(前回の記事も 思う以上に反響があります。)



何故不味いか?

判り易く お伝えしようと思います。

まず

一夢庵では アサヒビールの熟撰を

扱っております。


アサヒビールさんから 最初に

ビールサーバー。生ビールの取り扱いの

簡単なお知らせをいただきます。

サーバー取り扱い その1


サーバー取り扱い2


大事な部分は これに書いてある通りです。



不味い生ビールの ほとんどは

サーバーの掃除をしていない事です。


樽から サーバーにつながるホースを

観れば 一目瞭然です。

黄色く 濁ったように見えます。

酷い場合は 

その汚れが ビールと一緒に出てきます。


こうなると もはや口にしてはいけないレベル、

お腹を壊します。


と 言うか!

異味 異臭を感じるような 生ビールを

出した時点で 失格なんです。


賞味期限とか 消費期限とか 

そんな問題では ありません。

駄目ビールなんです。


今までに 私が 耳にした最悪の事例は

街中のとある ラウンジ・・・・・

オープンしてから 半年以上

樽の交換の時以外 ずっと樽をつなぎっぱなし・・・・。

一度も サーバーを洗ったことなく ・・・・・・・・。

お客さまからの苦情が出て

酒屋さんが 店に出向き、サーバーを掃除するも

あまりの汚さに 

掃除・洗浄を断念。

新しいビールサーバーに交換。という例を知っています。


こうなると 劇薬生ビールです。


包丁 まな板を 毎日 洗浄・乾燥するでしょ。

要するに

してはいけない事を しているから

生ビールが 不味いんです。



各ビールメーカさんも

メンテナンスの方が 

飲食店に 出向いて サーバーのチェックを

しておられますが、

いかんせん 

そういう部署は 慢性的に 人手不足・・・・・。


企業にとって 利益を生む場所ではないので、

ないがしろになってるんじゃないかとすら

私は思います。

まあ 世間に これだけ不味いビールが 溢れていると

ビールメーカーも

飲食店向けではなくて コンビニ限定の商品に

重点をおきますよね~~。(皮肉です。)


さらには

一夢庵は扱っていませんが、

ここ数年 アサヒビールさんは

エクストラコールドと銘打って

氷点下ビールを 売り出しておられますが、

あの氷点下サーバー・・・って

どんな感じになってるんやろ~~?

掃除が 大変そうな感じがします。



過去 一夢庵は

そのビールメーカーのメンテナンスの方が 

2年以上 来なかった事もありますが、

その間 一夢庵の生ビールが

いつものクオリティーを 失ったことは ないと自負しております。

実際

2年振りに来られたメンテナンスの方が、

『こんなきれいなサーバーと ホースは 初めて見ました。』と・・・・・。



洗浄専用の容器も

毎日 洗って 乾燥させます。

洗浄用の樽が 汚れていると

洗浄の意味が無くなります。

油断すると この掃除用の樽が カビます。

掃除用の樽



ジョッキーも 近頃は 

洗浄機で 洗う場合が多いですが、

その後 

しっかり乾燥させておかないと

雑菌が繁殖します。


一夢庵では

強アルカリ性水 と 強酸性水で

洗浄 殺菌を行った後

冷蔵庫にて 保管しています。


ジョッキー内部に

汚れ・油膜があると

泡のきめが粗くなり、

エンジェルリングができません。
ジョッキー

この写真も お客様が呑み干されてから

かなり時間が経ってからのものですが、 ちゃんとリングは残っています。



ほとんどの方が

普段 認識されていませんが、

本当にきれいなジョッキーからは

泡は立ちません。

もし ジョッキーから 泡が立ちあがっていると

それは 汚れが残っている証拠です。





たかが 生ビール!

されど 生ビール!なのです。



仕事終わり、

居酒屋での一杯目の 生ビールが

最高のクオリティーか そうでないか・・・・・・・。


その日の 疲れのとれ方が

変わってくるはずです。



偉そうに言うつもりではないですが、

行きつけの店の生ビールに疑問を感じたら、

この記事の事を 教えてあげてください。

そうしないと 

不味い生ビール撲滅運動になりませんからね。





スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1282-c9bcac45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)