二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎を通して見えてくる 何か。
先日

お客さまからのお誘いを受け、

とある宴会に

参加させていただきました。


手ぶらで 行くのも

どうかと思い、

比較的 初心者の方にも 気にいっていただけるかな~~と

家内と考え

大分の 藤居醸造さんの 夏泰明19度を

持って出かけました。



せっかくなので 氷水に浸して

冷たくしてから

皆さんに味わっていただきました。



いろんなワイン 生ビールの中で、

皆さんが どう評価されるのかな~?と

興味津々でした。



『こんな味わい 初めてや!』

と 想像以上に 

いい感じです。

想像以上に 早い段階で 

呑みきってしまいました。


麦焼酎の市場は どうしても

いいちこさんや 二階堂さんの銘柄が 

大多数で、手に入り易いこともあり、

それ以外の蔵元さんの焼酎は

生産量や 流通の面から、

まだまだ 認知度は低いとしか

言いようがありません。

かといって

無闇に生産量を増やしてほしくないですし、

焼酎造りに おいて 妥協してほしくはありません。



それぞれの蔵元さんのお考え通りに

焼酎造りをしてほしいな~~と 思います。



『今回 呑んでいただいた

藤居醸造さんの泰明に限らず、

生産量が少ないから美味いとか

そういう観点ではなく、

大手メーカーさん以外にも 

家内制手工業にも似た蔵で

間違いない焼酎を作ってる蔵元さんは

芋 米 麦 黒糖・・・それぞれに

たくさんありますよ。』



お話させていただきました。



アルコール飲料は 嗜好品です。

清酒も 焼酎 ビール ワイン・・・・

ひとつの国で

これだけたくさんの種類のお酒を作っている国は

世界を見渡しても そうそうないです。

四季があり、各地の風土があり、

それぞれの土地のそれぞれの農産物があり、・・・・・。



何事にせよ

これほど多様性の広がりを 愉しませてくれる日本。



私は 

一夢庵の暖簾を守ることで、

本格焼酎の多様性や 

地元姫路の食材を中心に料理を

お客様に 愉しんでいただけるように・・・・・・・

そう願っております。


そう言えば

昨夜 お越しいただいた 同業であり、

一夢庵と同じように夫婦で お店をしておられる方が

『真摯にお酒を扱うお店は財産』と 言われていたのが、

とても印象に残りました。


本格焼酎に対しては

真摯に、

心は熱く、

頭は冷静に、

私自身も 愉しんで行こうと思います。


スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1285-3e6a9ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)