二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



方向性が明確な本格焼酎
市場には

多くの本格焼酎が 流通して消費されています。


私は

一夢庵の暖簾をあげてから

多くの蔵元さんを 訪れ お話をし、

呑んで 食べて、

それぞれの蔵元さんの造る本格焼酎を理解して、

お客様に どういう風に提供するかを 考え続け、

今も 発展途上です。



先日 

また新たな焼酎が 

一夢庵にやってきました。


福岡の 天盃さんの麦焼酎です。

天盃 蒸留魂

詳しいスペックは 

一夢庵にて 直接お話しさせていただくとして・・・・。



一口 味を利いた瞬間に

天盃さんの考える

『本格麦焼酎の一つの形』を

実直に表現された銘柄だと

感じました。

既存の銘柄の方向性を 

踏襲しつつ

より深い領域を目指した銘柄だと・・・。


方向性を見定め その考えに基づき

製造された本格焼酎の味わい 風味 香りには

この商品の名前の通り、

“魂”を感じます。



特定の銘柄を取り上げて

言及するのは

結局 陳腐な表現になりがちですし、

嗜好品は 人の数だけ 評価が異なりますから、

これ以上 書くのは 止めておきます。


ただ 一つ言えるのは

本格麦焼酎を語る上で 外す事の出来ない蔵元さんの

意欲作である事は 間違いありません。





お酒の事を語る時、

ややもすると 

その銘柄の粗探しの様な感じで、

ネガティブに お話をされる方が

ちょいちょい 見受けられます。

私は

そういう風に お酒を味わう事は

しません。


当然 

口に合う 合わない、

という 個人的な考えはありますが、

『この銘柄のスペックを フルに活かす 飲み方は

なんだろうか?』



考えます。


単純に 水割り・お湯割り・・・

だけではなく 割合や 前割りにしてから味わうまでの時間・・

開封直後の味わい・香りと、

開封後しばらくたってからの その違い・・・・。



封開けて 水割りのんで、

『ああ~美味い。』って言うだけでは プロ失格ですからね。





まあ みなさん

いろんなお酒を味わう時

難しく考えずに 

出来るだけ その酒の“いいところ”を

感じながら呑んでみてください。



気持ちよ~~く 酔っぱらえて、

気持ちよ~~~く 眠れまっせ。(笑)




スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1307-0d462d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)