二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



姫路は 雨が あがりました。
とある御仁が

一夢庵の事をブログに書かれていた。


少し抜粋すると 以下の通りである・・・・・・


“確かにおいしい焼酎を飲ます店もある。このブログをよく読んでいただく

 姫路の一夢庵の居酒屋では馥郁とした焼酎を飲ませてくれる。

 まさに芸術品の焼酎がここでは楽しめるのであるけれど、このうまさは

 二次元的である。幾分三次元にはあるのだが、泡盛こそ三次元の酒なのである。

 一口含めば酒の空間が体全体を包んでくれる。酔いが回れば、

 泡盛シンフォニーという大空間である。”



本格焼酎と泡盛の事を言及されているのですが、

実は

私も 同じような事を想う事がある。


去年に お客様つながりで、

沖縄の酒屋さんと知り合いになった・・・・・


その彼は 一夢庵の本格焼酎への取り組み方を

とても評価してくれて、

『ぜひ この泡盛を 呑んでくれ!』と

彼自身の美味いと思う泡盛を プレゼントしてくれる。


その泡盛を口にすると、

まさに とある御仁がブログに書かれている通りに

感じるのです。


世間一般の 売れ線のお酒は

申しわけないが

“美味しい”けれども 

“立体感”や“三次元的旨さ”を

感じせてくれる酒は 少ないような気がする。

言葉を換えれば

その味わいに

私は 短期間で飽きてしまうのである。





一夢庵も

何かの時には 言及するのですが、

『煌めくような 輝きの 一杯が美味しい焼酎、

煌めくような輝きは無いけれど、気がつけば

1升瓶が空っぽなってしまう焼酎、・・・・・』

どちらも 美味しいという言葉で表現されるけれど、

その美味しさは ベクトルが違うし

重厚さが 違うのである。



さらに

本格焼酎と 琉球泡盛は

麹と酵母を使った蒸留酒であるのだが、

やはり

それぞれの特色が ある。


熟成期間 然り、

アルコール度数 然りである・・・・・・・・。



一夢庵は

いずれどこかのタイミングで 琉球泡盛を手がけることに

なるかもしれないが、

今のところは

本格焼酎の可能性と 表現方法を

深く突き詰めていこうと思う。


この夏 何軒かの本格焼酎蔵元さんとお話しする機会がありました。

実際に 蔵を訪れ

現場を目にすると、

本格焼酎も 旧態依然ではなく

それぞれの蔵元さんで 伝統的な部分を踏襲しつつ

いろいろ試みを されている事、

まだ商品化されてはいないですが、

まだまだ 本格焼酎の新たな可能性を 感じさせてくれる商品が

これから世に出てくると 強く感じました。



また何か時に 続きを書こうと思います。





11月は

雨のスタートになりました。


久しぶりに 満足のクオリティーの前獲れのマダコを

仕入れました。

暖房が 必要な感じすらする気温です。

皆様 お身体には お気をつけてください。

11月3日 文化の日は 一夢庵 営業いたします。




スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1319-ae679d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)