二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



技術論的
先日の

組織論的な話の一方

当然 技術論的な話も 家内とします。



一夢庵のスタイルは

もはや 私と家内でしか 表現できない居酒屋に

なってしまってます。


幸い 家内も

焼酎を呑める口を持っていますし、

『呑むのなら ちょっとでも おいしく呑みたい。』

って気持ちも 備えています。


そのうえで 

私も 料理人として、

焼酎に合う料理を 模索し続けています。


手造りで

料理を造るというと カッコよく聞こえますが、

カッコだけでは

お客さまからの評価は

いただけません。


素材や 調味料、

出来上がりの料理・・・・・・


一夢庵の今まで造り上げてきた 

レベルに達するのは勿論のこと

同じ料理を 同じクオリティーで 提供するべきやと

考えています。


手作りの料理は

一般的な既製品の料理、例えば 

冷凍食品のピラフとか 揚げるだけの冷凍春巻き

みたいに、

ビシッと 一定の味では なかなかできません、

どうしても 微妙な誤差は出ます。



実は その誤差の事が

私は 細心の注意を しているところなんです。


『前食べた時は 旨かったけど 今日のは・・・・・。』と

思われないように、

『いつ食べても 一夢庵は 一夢庵やな~~。』

『やっぱ 焼酎に合うな~~。』と

お客様に納得して頂かないと 何やってるか判りません。



料理の技術って

「あれもできる これもできる』って

事よりも

一定の味 (限りなく誤差の少ない味)を

造り続け

その過程で

少しづつ 品質の向上を目指していく事じゃないかと

考えます。



過去に 

私が経験したことですが

ロット違いで 味わいが 全く違う酒であったり

買うたびに 違うクオリティーだったり・・・・

自分が経験して嫌だと思った事を

お客様に 出来るわけがない!!!



技術論と言っても

具体的に 道具がどうこう

調理法が どうこう

と言う事も大事ですが


一夢庵は 

私自身が定めたある一定のクオリティーを 

表現し続けることを

優先しています。




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1330-f60eae64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)