二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵の始まり 5


なんやかんやと

仕事をしているうちに

結婚することになりました。


家内は もともと 高校の同級生ですが、

卒業以来 まったく 連絡を取ることもなく

たまたま 私が勤めていた その店に 食事にきて

15年ぶりの再会でした。



まあ 何かの縁としか言えません。



気がつけば 結婚式を挙げており、

一緒に暮らすようになりました。



当時 家内も 別の仕事をしており

私は 夜中に帰宅

家内は 朝早く出勤。

何のための 結婚だったのか 

すれ違いの生活で 少し疑問でした。


すると

よっしゃ!がんばってみるか!と

独立に向けて

むくむくとやる気が起こりましたが、

精神的に 上がったり下がったりの状態でしたが、

〝やるなら 今しかねえ!”

家内にも 背中を押され

自分の力で

店をやることにしました。




会社員を辞めてから 

いつかは独立と 思っていましたが、

こんなに早く そうなるとは・・・・。

今思えば 何の根拠も自信もない 勢いだけでした。




結婚して

その半月後に 職場を辞め

店舗探しから 初め

半年後

一夢庵を 開店しました。



簡単に 記事にしましたが

店を開店させるまでの 半年間、

書ききれないほどの 葛藤や

慣れない契約事、

お金の事やら



こんな私でも 何日も 食べ物が 喉を通らず

不安にさいなまれ 夜も眠れない日が ありました。


でも 

本当に 凄かったのは

店をオープンしてからでした。






つづく

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/134-41a27910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)