二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ざっくばらん
先日、馴染みの店で

ラインナップされている何種類かの芋焼酎を

お湯割りで 色々呑んでみた。


芋焼酎最大手の銘柄を筆頭に

鹿児島県内の 数蔵・・・・・。


個人的な見解に なりますが、

最大手の蔵の銘柄(ややこしいので銘柄を書きますが、黒霧島)が

一番 しっくりきました。


5:5で、少し熱いお湯割り・・・・

言葉は悪いですが、“ざっくばらん”に造られた

飲食店にありがちな 平均的なお湯割り・・・・・・。

その状態で パフォーマンスを発揮する黒霧島。


やっぱり黒霧島は すごい!

改めて 認識しました。


私は そんなに頻繁に黒霧島を飲んでいません、

しかし

飲む度に 味わいが 深みを増しているように感じるんですよね。



だからと言って

ほかの銘柄が 劣っているかと言うと

そうではありません。


私は

焼酎の美味さは

『パフォーマンスを発揮する幅』だと解釈しています。


例えば

ロックや 水割りで呑まれる事を想定し、

造られた焼酎は

お湯割りで呑んじゃ~駄目なんじゃなくて

お湯割りで パフォーマンスを発揮させるには

割り方に 技術が必要になってきて、

“ざっくばらん”な割り方では 

パフォーマンスが発揮できない(発揮しにくい)んだと・・・・・。





どんな割合 どんな温度

どんな濃さ・・・でも

平均点をかなり上回る 美味さを発揮するのが、

黒霧島。

黒霧 is King of 家呑み焼酎!と 私は断言しています。

しかし それは言いかえれば

美味さの頂点“煌めきのポイント”が

判りにくいとも言えるのではないでしょうか。


一夢庵にラインナップしている焼酎は

銘柄によって 微妙に割り方を変えています。


『すべての焼酎が 5:5で 最高な訳はないはずだ!』

という 解釈の基に そうしています。

お湯割りで提供する場合も

微妙に 温度に変化を加えています。

当然 それも同じ理論です。



一夢庵が 頻繁に 蔵元を訪ねる理由の一つが

ここにあるんです。

実際に現場に行って この眼で見て 肌で感じないと

それぞれの蔵元が造る焼酎の『煌めきのポイント』は

深く理解できないと考えるからです。


焼酎の美味さを決定づけるのは

他にもいろんな要素がありますが、

割り方と 温度は 最重要なポイントである事は

間違いないです。





今日は サワラが最高にええです!!

そう言えば

シャブシャブにあわせて 地元のレタスをつけているのですが、

レタスのおかわりオーダーをいただくほどの美味さです。

ちなみに 商品名は“ハンサムレタス”です。(笑)))))


ハンサムレタス
スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1354-d070d329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)