二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お~~い 鹿児島の友よ。
2月末の 鹿児島への旅で

また新たに お付き合いの始まった友が

出来た。

まあ 私が一方的に 友だと思っているだけかもしれないが、

本格焼酎つながりである事は 間違いないだろう。(笑)))


で、

せっかくの機会を頂いたので

鹿児島の新たな友にむけて

私なりに 『本格焼酎を取り巻く現状の疑問点』

を書いてみよう。




特に 鹿児島の場合(全国的にも いえるかな?)

『なぜ 飲食店の焼酎ラインナップは 圧倒的に芋焼酎が多いんだ?』

確かに “本家本元“鹿児島だから 芋焼酎が多いのは

理解出来るんだけど、

芋焼酎を より深く極めようとするならば

飲食店で 他の原材料の本格焼酎を

お客様に呑んでいただくことは 必要不可欠ではなかろうか?


一夢庵の場合

本格焼酎の良さ・特徴をより明確に理解するために

芋以外の原料の本格焼酎を飛び越し、

世界各地の蒸留酒を飲んでいます。


ラムをお湯割りしてみたり・・・・・・。


カルヴァドス(フランスノルマンディーで造られるリンゴの蒸留酒)ですら

お湯割り 水割り 炭酸割りと 試してみたり、、、・・・・・。


テキーラでさえも お湯割りしてみたりと、

本格焼酎の呑み方を 世界の蒸留酒で試すことで、

本格焼酎の特徴が より明確に 浮かび上がってきました。



その結果の一つが 一夢庵では

芋焼酎だけでなく 麦焼酎 黒糖焼酎 米焼酎も

お客様から評価を頂き 

何か特定の銘柄の売り上げが 突出する事もなく、

かつ 銘柄に左右される事なく、

本格焼酎そのモノの評価をいただけているのではないかと

自己分析しています。




また

『食中酒としての蒸留酒・本格焼酎』などと

言葉は 溢れているが、

食中酒として多くの人に呑まれている醸造酒(ワイン・清酒・ビール・・・)と

比較する時

『本格焼酎を割る』技術は 勿論なのですが、

水割り・お湯割りのフルスペックのパフォーマンスを

引き出すのに 水道水の水や 製氷機の氷で

本当に良いのか?と 疑問をかんじないのかってことなんです。


本格焼酎ありきの居酒屋を営む私にとって

他のお店で 焼酎を頂くときに 一番 気に障るのが

『水』であり『氷』なんです!!

一夢庵の事を知っていただいている 読者の方は

周知の事実ですが、

一夢庵は オープン以来 播州の山奥に

水を汲みに行き 一度煮沸してから 

使っています。

この『水』が 

最高の水だとは 申しませんが、

確実に 一夢庵の水割り・お湯割りの味わいを決定し、

本格焼酎のパフォーマンスを活かす『水』の 一つであると

考えていますし、

今も より良い『水』は無いか? 煮沸の仕方はこれでいいのか?

と 考え続けています。

水汲みに行く。の巻
(水くみに行く時 我が愛車 プロボックスは こんな感じ。)


各蔵元さんは 原材料の品質は勿論

製造過程での創意工夫を 施し

本格焼酎を造られている事を 

少しでも知っているのなら、

なぜ その焼酎を食中酒として お客様に提供する際の

『水』に 着目しないのか?

私には 飲食店の怠慢にしか 映りません。

だって

一夢庵も そうですが

飲食店は 市場の最末端で お客様にたいして

本格焼酎を一番高い値段で 提供している身分ですからね、

本当の意味での

“付加価値” 提供させていただく本格焼酎のスペックを

引き出したうえで 食べ物や 店の雰囲気 を含めた

お客様の評価が

売り上げ・利益の源泉だと 私は考えるからです。



また 残念なことに 蔵元さん自身も

水道水の水・氷で 自分の製品を

提供している飲食店に 

疑問を感じているのか いないのか・・・・・・・・。


だって バーで

スコッチや カクテルに使う氷が

製氷機の氷って 見た事ないでしょ。

当然 コストと手間が かかってしまう側面は 在りますが、

製氷機の氷を使っていては

本格焼酎は いつまでも 世界の蒸留酒と肩を並べる場所には

たどり着けないでしょ。


どんな呑み方をしても 

メチャクチャ不味くなる事もなくそこそこ美味しく

懐の深いおおらかな蒸留酒・本格焼酎ではありますが、

その事に 甘えて

フルスペックを引き出す努力を怠るのは

本格焼酎に対して 失礼ではないでしょうか。





まだまだ 言いたいことはありますが、

ただでさえ 私は 暑苦しいのに コレ以上 濃い味にしても

鬱陶しがられちゃうから このあたりで今日は止めとこ。(笑))))))


皆様 こんな私ですが、

噛みついたり 吠えたりしないので どうか今後も

色々とご教授 よろしくお願いします。(笑))))





スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1359-ead147d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)