FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



修行が足りんな 俺も!!
私も まだまだ 人生の修行が足りません。
 
 
ひとつ前で書いた記事の事が
 
未だに 忘れられなく フトした時に
 
思いだしてしまいます!!
 
 
 
わたし自身も いろいろな飲食店や 
お店で買い物をします。
 
でも
 
おカネを払うからと言って 横柄な態度をとったり
 
訳の分からん常識の範疇の外にあることは
 
絶対しません。
 
(ただ 私は 見た目が 普通じゃないらしく
見た目だけで 怖がられてしまう場合もありますし、
見た目が怖そうな人が 笑っている方が
余計に怖いとも言われてしまいます。トホホ!!)
 
店側の理不尽なことに対しては 
 
あまりにひどい場合は 一言 
言わせていただきます。
 
 
 
ただ
 
最近は モンスターなんとか と言われるような
 
常識の範囲を 大きく逸脱した
 
自分勝手な 行動をする方が
 
多いようです。
 
 
私も 一夢庵の店主として
 
お客様の要求には 出来るだけこたえようと
努力はしますが
 
正直 100パーセントではありませんし
 
100パーセントは 不可能です。
 
でも 御代金を頂く限り
 
マックスで 努力します。
 
 
それでも お客様が 受け入れていただけないようでしたら
 
それまでです。
 
 
 
とあるお客様は 
 
『客には 客で “客道”と言うものがある。』と
 
言われます。
 
 
 
 
お店側と お客様は 
 
持ちつ持たれつの関係で 最低限の常識の範疇で
 
一緒に 楽しい時間を 過ごしていただけると
思っています。
 
特に
 
お酒を呑む店では そういう 楽しい関係は
 
お酒の味まで 美味しくしてくれます。
 
 
 
そういう調和を 乱す方は
 
私は 店主の立場で 怒ります。
 
 
そう言えば オープン当初
 
べろべろに酔っぱらって 常識の範囲を超える振る舞いをして
 
他のお客様に 
 
迷惑をかけたお客様を 
 
しかりつけた事があります。
 
その方は その後 上手に お酒を
呑まれるようになり
 
いまでは 常連さん同士で 楽しく カウンターで
 
楽しい時間を過ごしていただいてます。
 
 
 
 
私が一夢庵をしているのは
 
金もうけだけの為ではありません。
 
金儲けだけが したければ 
違う形の飲食店をします。
 
少なくとも 今の一夢庵の形では
 
大儲けなんて できません。
 
 
商売は 利益追及も大事ですが
 
それだけでは ないことも わかっていただきたく
思います。
 
 
 
 
お客様と お店は 商品とお金だけの
関係ではない事を
 
わかっていただければ
 
嬉しく思います。
 
 
 
わかっていただけない場合は 
 
一夢庵に 来ていただいても 
 
楽しいお酒と 
 
楽しい時間は
 
味わえませんし
 
味わっていただく 自信が 私にはありません。
 
 
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/14-21f7695a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)