二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



球磨郡水上村で『水』のことを考えた。
本格焼酎を扱わせていただいて

なんやかんやと

14年、おかげさまで、

ゆっくりした日もありながら 暖簾をあげ続けさせていただいております。




九州へ 蔵元さんを訪ね歩き

製造の現場を見て、感じて、

お話させていただいて・・・・・・・。


そのうち、

本格焼酎って不思議な蒸留酒だと

思うようになりました。

あっ、不思議というよりも 他に例を見ない蒸留酒と言ったほうが

より適切かもしれません。



麹・酵母を使い

多種多様な原材料を 醗酵させ、

蒸留したお酒。



日本の国土を考えるに、

南北に長く 四季があり

狭い国土だけど、土地は肥沃で農作物が 豊富に収穫され、

海・山からも 得られる食べ物は多く、

人口密度の高い国土が形成されています。



アルコール飲料を見渡してみても

清酒 ワイン ビール ウイスキー 焼酎・・・・・・・。

これほど 多様性に富んだアルコール飲料が造られている国も

他に類を見ません。

しかも

ほとんどの製造場が 原材料の加工 製造 貯蔵 瓶詰出荷にいたるまでの

全てを 行っているわけです。



話を本格焼酎に戻しましょう。

世界基準で考えるならば、

せっかくの蒸留酒なんだから

もっと高アルコール度数で 出荷流通するのが

理に適っているはず。

しかし ほとんどが25度!!



いつの頃からか 私は 『なんで25度?』って

疑問が・・・・・

しかも 呑む直前に さらに水やお湯で 割る。


食中酒として 愛飲される蒸留酒も

他に類を見ません。



九州に 本格焼酎蔵元さんへの旅を続けているうちに、

私なりに 答えが じんわりと見えてきました。


それは

『水』です。


日本ほど 水が いい国土は

そうそうありません。


ヨーロッパ諸国では アルコール飲料よりも水が高価だったりします。

水が貴重品なんです。

水道水のレベルですら 雲泥の差といっても過言ではないでしょう。


清酒でも本格焼酎でも

ほとんど蔵元さんの立地条件の一つとして

『酒造りに適した水』があげられます。

調味料であるはずの 醤油も 然り、

酒税法上 混成酒って分類される味醂も 同じです。


とにかく 日本のアルコール製造は

『水』の良さが 特徴の一つと言って

間違いはないはずです。




旅の途中

熊本県と宮崎県の県境、

市房山に 少し登りました。


市房山3


樹々からの 木漏れ日・・・・・。


樹齢1000年にも及ぶ 杉の大木

市房山

1000年もの樹齢とは思えないほど、

樹皮も 生き生きして、

見上げれば この通り。

市房山で 雨降っていても 山を下りれば降ってないってことはよくあり、

冬 市房山の山肌が雪化粧の時は

球磨川沿いは 恐ろしく冷え込むそうです。

市房山2



もはや 何も言葉は必要ないです。



また いつか

市房山の頂を目指して、

この地を再び訪れようと思っています。





今は 熊本地方を中心に
 
猛烈に雨が降っています。

今日 熊本は多良木町の宮元酒造さんからの電話がありましたが、

球磨川も かなり水量が増えているようです。

逆に 関東では 雨が 足りないようです。

何もかもが極端なご時世です。

どうか 穏やかになりますように。




スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1412-9f129f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)